ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

登山andレミングスTAS

あきやま!(乳頭山編)

2014/10/07 07:34 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた

2014年9月28日、東北二百名山シリーズ…じゃないね。
秋田県と岩手県にまたがる乳頭山に登ってきました。
そりゃぁね、「乳頭」だもんね。憧れの山ですわーーーーーーー!!




駐車場所は「乳頭スキー場」跡のそばにある駐車場です。
今日はコースタイム7時間30分のガッツリ周回コース。
乳頭温泉から乳頭山、笊森山、湯森山、笹森山を大きく歩きます。




車道を歩き乳頭温泉へ。
妙乃湯、大釜へと進み孫六へと目指します。
泊まってみたいんだけど、お高いんだよね。乳頭温泉。




駐車場所から20分ほどで、孫六温泉そばの登山口に到着です。
ここから乳頭山まで4kmの表示、長いです。

これからが急登でした。
しかもぬかるみと岩場で滑りやすく、下りに使う場合は注意が必要です。






孫六の登山口より1時間15分、田代分岐に到着です。
草紅葉に木々の紅葉。
素晴らしい場所に登ってきた!




田代平小屋のそばにある池から乳頭山を望む。
たおやかな、おっぱいです。




田代平分岐より45分、駐車場所より2時間20分で乳頭山登頂です。
ここを登った理由はやはり「おもしろい名前」だから。
「乳」シリーズは登らないといけないのです!使命なんです!
奥には明日登る秋田駒ヶ岳が見えています。




展望の良い山、乳頭山。
岩手山も近いが雲がかかっている。
他に八幡平が「ドベーン」と横たわってたり展望できました。




今日はピストンじゃないよ。
笹原に赤色が映える縦走路を行きます。
まずは右側に大きい山、笊森山を目指します。




少し下って乳頭山を振り返る。
…明らかに「おっぱい」とはかけ離れた山の格好です。
岩手県側からは「烏帽子岳」という名前、見る方向によって山の印象が変わります。




紅葉した登山道を進むよ。
ちなみに左に「千沼ヶ原」、花の季節にオススメな場所らしいです。




乳頭山から1時間で笊森山に登頂です。
標高は1541m、乳頭山は1478mなんでそれなりに高いです。
…こいつを三百名山にしなかったのは、名前の差だろうか…。
時間は午前11時30分、ここで昼飯としました。




歩いてきた道、乳頭山を振り返る。
東北の山は広大で素晴らしいね。広いと紅葉が際立ちます。




30分、軽食を摂って出発です。
正面に秋田駒ヶ岳をとらえつつ、ゆるやかな登山道を行きます。

…やはり人物が写真に入ったほうが撮りがいいと思う。
ちゅうもさんが先行する場面、最近は少ないんですよな。




乳頭山からの笊森山、湯森山の縦走。
ややマニアックコースだが、今回の旅で歩いてみたかった場所の1つでした。
緩やかな展望の良い稜線。悪いはずがない縦走路です。




笊森山より1時間10分、湯森山(1472m)に登頂です。
山頂の展望はやや悪いです。
手持ちの地図にも書かれていましたが、手前の岩場の方が展望が良いです。




少し進んで「ウホッ」いいベンチ。正面に秋田駒ヶ岳です。
秋田駒ヶ岳の八合目登山口より周回可能なんで、
「人が居るかな?」って、思ってたのですが無人です。日曜日なんだけどね…。




湯森山から20分で笹森山分岐に到着です。
笹森山は左へ10分ほど登った場所なんですがやめました。
いや、予想以上に長い行程。疲れた…っていうよりお腹いっぱいになってます。
これより乳頭温泉休暇村へ下るコースを行きます。




はじめは歩きにくい登山道です。
つかまるものが無く、手を出せばアザミのトゲが痛い。
下方の紅葉が綺麗なんだが見とれる余裕が無い下山道です。




森に入れば安心。
緩急がある下り坂、とても歩きやすいです。




左右が沢に挟まれた場所を進み、乳頭スキー場跡にでてきます。
森吉山のスキー場跡ほど膝に負担のかからない下り坂(急だけど)。
笹森山分岐より1時間20分、車を置いた駐車場に出てきました。

下山が15時ぴったし。
個人的には15時までで登山終了を原則としてるんで、何とか間に合いました。

乳頭山周回。
歩数は白神岳を越える厳しさだったんですが、満足の行程でした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事