ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

登山andレミングスTAS

なつやま!(安達太良山編)

2014/08/04 06:59 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた

2014年8月2日。
安達太良山に登ってきました。




今回は沼尻登山口を選びました。
あの広大な火口を周回するコースです。




途中に白糸の滝を展望。
見た感じ30mほどの落差かな…、割と地味です。




周回路の分岐です。
右へ、反時計回りで船明神山へと目指します。
この先はとにかく急登でした。




登りきってこの風景。
安達太良山の西側、荒涼とした風景が広がります。




右側に船明神山が見えてきました。断崖です。
中央やや左には乳首が見えてます。乳首ですよー!




進んでいくと火口の外輪上に池がありました。




登りだして2時間ちょっと、祠のある船明神山に登頂です。




豪快な風景が広がります。
うん、やはりこの登山道を選んで正解でした。
あだたらエクスプレス側だと、牛の背まで行かないと見られない風景です。




火口の稜線を進み、進路を右へとります。
安達太良山乳首へピストンです。




安達太良山に登頂です。
特に看板はなく、三角点と"八紘一宇"の石碑に祠があります。
ここは動画で紹介してるんで(ネタも含め) コレデヨイ...




沼尻からの登山道、牛の背の先に戻ってきました。
あだたらエクスプレスを使った場合も山頂をピストンせず、
ぜひとも牛の背まで進んでいただきたいと思います。この風景だもん。




さらに火口縁を進んで鉄山を登ります。




鉄山に登頂です。
乳首よりも10m高く、安達太良の中では一番標高が高いです。




さらに進んで鉄山避難小屋に到着です。
中を覗いてみたがとても綺麗でした。
さすが東北の避難小屋は美しい。




さらに進んで沼尻への下山路へ。
途中に"しゃくなげの塔"というケルンがあります。




「胎内くぐり」。
下をくぐります。非常に狭いです。
ここから急坂に、一気に標高を下げます。




下りきって硫黄川を渡りたい…が「立入禁止」の看板。
これを渡って上の登山道に出るはずが行けません。




仕方なく地図上で点線である作業道(危険箇所多数)へ進みます。
で、実際は温泉を引いたパイプ沿いに進むルート、
怪しい橋が2箇所ほどで特に危険箇所は見られませんでした。
逆に登り返し無しで済んだので楽に下れました。
…登山口の逆方向を見ると「立入禁止」看板あったけど、
登る方向に「立入禁止」看板なんでこのコースは仕方ないよね。

うん、1回目に牛の背から見た火口を見て歩きたいなと思った沼尻コース。
予想通りの素晴らしいコースでした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事