登山andレミングスTAS

なつやま!(焼山・火打山編 2日目)

2014/07/31 07:31 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた


2014年7月29-30日。
新潟焼山、火打山を1泊2日で周回してきました。




焼山へは60分…との表示ですが、70分かかりました。




薄いザレ場の登り。
足取られる上に捕まるものが無いので滑りながらの登りです。




なんか転がってきそうな大岩があります。
おぉ。怖い怖い。




焼山の火口。
まだ雪で埋まっていました。




ロープ場が出てきます。特にここは問題ありません。
しかし地形を見ていると、頂上がどこかわからない。
特にガスると道迷いの可能性が大きいと見ています。
せっかく苦労して登る焼山。ぜひとも好天時に登りましょう。




焼山に登頂です。標高はぴったしの2400m。
ここには雨飾山やら高妻山から眺めていて、
ぜひ登りたいと思っていた山であり、結構感慨深かったです。

展望は他から見ていて目立つ山です。
当然、色々な山が見えてきます。



この山に登りたいと思った高妻山、戸隠連峰が見えている。




北アルプスの展望も素晴らしいです。




槍ヶ岳、穂高岳まで展望できました。
あちらには人がたくさん登っていて焼山も見えてるんだろうが、
こちらは私一人なんだよな…




そして、踏跡に従い進んでみると噴煙上げる地帯へ。
辺りは硫黄の匂いが強いです。




うん、完全に道迷いでした。こんな場所に来てはいけない。
こういう時は来た道を忠実に戻る。
この岩を見逃してはいけない、右への草地へと下っていきます。
ちなみにここは迷うと思う。ガスが濃い時とか特に危険です。




だって、これを下るんだよ?踏跡…?無いよ?
一応右側の岩に赤ペンキマークがあって判断できたけど、
ここは…というより、焼山中心に道迷いの危険が高いです。




焼山の下りが酷かった。
足元が見えていない上に急なドロの斜面を下る状況。
あぁ、5回転んだ先は数も覚えていない。とにかく滑りました。
コースタイムなど無理です。相当な時間をかけて下りました。




あぁ、焼山から400mも下ってきたよ。
次は火打山へ450mも登り返しがあるよorz。




とにかく影火打の登り返しが厳しかった。
で、途中に2人刈払をしている方に出会います。
今日、焼山まで刈払をするとのこと。
残念!1日早かった!私はそれまで藪こぎでべっちゃべちゃです。
いや、どうであれ焼山へはとにかく滑りまくるんで関係ないと思います。




とまあ、「刈払で山まで水平になればいいのに」とか意味不明なことを考えながら火打山に登頂です。
4年前はガスで展望がなかったが、今回は頸城山塊から戸隠連峰ぐらいの展望がありました。
火打山もリベンジ成功、ってな感じです。




最後に天狗の庭から火打山。
ちと風があって池に映らなかったな…。
やはり火打山は花が豊富でした。
今回、ここでは長すぎとなって紹介できませんがいずれ動画で紹介となります。

感想だが、予想通り焼山は良い山でした。
しかし登山道は発展途上状況だと思います。
まぁ、どうやっても長いコースなんで仕方ないんだけどね。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事