ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

登山andレミングスTAS

あるぷす!(光岳+聖岳編・2日目後半)

2013/10/04 07:34 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた

2013年9月26-29日。
2日目後半の様子、茶臼岳から南下して光岳を目指します。




茶臼岳より南側の展望。
その稜線の最南部に光岳があります。






茶臼岳からの下り。
森林限界に入りるもハイマツと木々が混在しています。




茶臼岳から35分、希望峰に到着。
仁田岳へは往復30分だが寄りませんでした。

これより易老岳へ進みます。
始めは急な下りがあり注意です。




希望峰から1時間15分で易老岳に到着。
標高も2354mと低く、樹林の中で展望はありません。






展望は無いが美しい森が続く。
特にコケが印象的でした。




長い緩やかな登り下りの道から、沢跡の道を登るようになり…




イザルガ岳下にある水場に到着です。
地図では「涸れていることが多い」とあったのですが、豊富に流れていました。
ここで光岳小屋用の水を補給しておきましょう。

その先にはイザルガ岳との分岐。
往復15分ということで、こちらは立ち寄っときました。




日本最南限のハイマツ越しに光岳。
登頂までもう少しだ。




易老岳より2時間30分で光小屋に到着です。
ここで昼飯にして、空荷で光岳を目指します。




97座目、光岳登頂!
どうもこの光岳が百名山の中で最後になる方も多いようです。
ちなみに展望は樹林の中であまり良くありません。




さらに進んで光石にも寄りました。
時間は13時15分、周りは雲が広がり始め展望はよくありませんでした。

光岳小屋に戻り、まったりと過ごします。
この日は4人だけの宿泊。
一度、予約で電話をしたことがあるのだが、
「期間外の方が快適ですよ」と言われたその通りです。

次は3日目の様子、聖平小屋へと目指します。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事