登山andレミングスTAS

レミングスFUN11-考察

2016/07/10 14:57 投稿

  • タグ:
  • レミングス
  • TAS

~FUN Level 11 Keep your hair on Mr. Lemming~



FUN11 出現60匹・救出83%=50匹
命令は各種20ずつ。

"Quad-frame"=460 "Time"=0:31;60 追記:6161


-FUN10 攻略-
矢印付きの壁は、その方向からではないと掘れません。
壁をよじ登り、反対側から横掘で掘ることが基本的な攻略。
しかし、時間がかかるため採用しません。

一方通行壁をまっすぐ掘る方針を考える。

 ブロッカーは周囲を柔らかくする、
 柔軟剤のような(?)特性を持っている。
 設置することで一方通行壁を掘ることが可能。

 詳細はブロッカーの位置など関係していて、
 私もいまいち理解できてないんだよなぁ…
 ということで、詳細は省略する。
 とにかく、柔らかく良い香りを放つのである(適当)。


A.スタート地点の段差軽減。

 

この当時は45匹目の階段から横掘キャンセルが50匹目に間に合う最終と考えていた。
結果、階段作成開始は"5.階段23789"が最終としてしまった。
28ドット落下、1ドット足りない状況に陥ることになる。

今では最終階段をより遅くすることが補助階段利用で可能となり、
さらにブロッカーで折り返すことで階段作成も早めることも考えられる。
結果、1ドットだけでなくさらに…はコマンドと後述の忙しさで厳しそうだ。

この段差軽減は更新される可能性が高いため注目したい。


B.並行作業



先行、一方通行掘りに5匹の人員を駆りだし作業をさせる。
一方では後方、段差軽減階段の作業をさせている。

後方の階段タイミングは余裕が無いために固定。
その合間、暇な時に先行作業と後続開放も行わなければならない。

十字キーのカーソル移動では1fに4ドットが限界。
そのために画面移動RB/LBにも助けを借りることになる。

RB/LBは1qに24ドットずらすことが可能。
4fで40ドットの移動となり俊敏に反復することができるようになった。

:16.スト23976→15.横掘23980-斜掘23984→3.下掘23988→12.階段24004→11.RB横掘24016→
:19.下掘24020-横掘24024→LB20.スト24040→14.RB階段24056→
:18.LB横掘24064→12.RB横掘24068→17.斜掘24072→9.階段24088→15.LB下掘24104→
:12.階段24112→14.RB横掘24120→
:15.スト24128→18.斜掘24140→17.下掘24144-BL横掘24148→14.RB階段24164→
:7.スト24176→17.横掘24180→18.LB斜掘24184→47.傘24192→
:45.階段24200→14.横掘24204→44.RB横掘24212→6.下掘24220-スト24228→

上記はRB/LB移動が開始されてからのコマンド入力を作成メモ帳から書きだした。

「18.LB斜掘24184→47.傘24192」や「44.RB横掘24212→6.下掘24220」は8fの差。
2qで移動可能なものの、前後の命令が重ならないように作業を進めるのは非常に厄介である。
また"B"押しの命令は作業していないレミングに優先権がありカーソル周りにも注意。

A.段差軽減であった更新案の場合は、さらに作業数が増えるために難しくなる。


考えた印象では、1qの更新は確実でないかと思います。
新たなパターンがあることを期待しています。


→総合案内所に戻る

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事