ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

lycolycoのブロマガ

未解決事件 File.03 「尼崎殺人死体遺棄事件」 を観て

2013/06/10 22:00 投稿

  • タグ:
  • 社会
  • 犯罪
  • 事件
  • ニュース
  • ドキュメンタリー
  • TV
  • NHK
  • 感想

未解決事件 File.03 「尼崎殺人死体遺棄事件」 を観た感想

NHK総合テレビ


番組url
  http://www.nhk.or.jp/mikaiketsu/




いかにしてこのような事件が成立したのだろか。



観た後感じた感想や違和感などを一日反芻し、書き出してみた。



まず第一に警察の対応の不備について。
後手後手に回るやり方。もっと言えば事件が起きてからじゃないと動かない体質被害届は当事者からでなければ受け付けないという一点張りの対応。
30何件も寄せられた人々からの鬼気迫る訴えも、あえて握りつぶされた感じすらぬぐえない。

香川県警(あともう一つ何県だったか・・)はこの事件の反省し、些細に思える住民同士のトラブルであっても注視していく体制を整えることにしたというが、なぜ、全国でやらないのか。当事者(都道府県)でないからだろうか

・・結局警察は本質的な体質を変える気がないのだろう。



次に被害者の行動の不可解な点。
なぜ大の大人が数人もいて、隙のある時間もあったのに、お互い連携して閉鎖空間を突破しようとしなかったのか。
逃げた被害者はまず警察に駆け込むべきだと思うが、2年以上もひっそりと暮らし続けていたのは何故なのか。
拉致されそうになったとき、諦めないで大声で叫んで事を大きくできなかったのか
協力者を自発的に探そうという行為があまり見受けられないこと。
警察に訴えたが取り合ってもらえない場合、各種メディアにも訴えることが出来たはず。

・・角田元容疑者らはどうやって被害者から積極的な思考を奪ったのだろうか?



最後にNHKの不可解な点。
角田元容疑者の親戚である在日朝鮮人の被告(たち)についてはたった一度触れただけ。彼らの行為や素性、角田元容疑者への影響力などについて何も言及せず

・・NHKには警察を叩く資格すらない。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事