る~さ~!の私的クールジャパン万歳ブロマガ(仮)

日経記事から疑問を感じた「オタク市場規模」を調べてみた結果/スコットランド英ポンド/アイドルを日本や世界で例えるなら

2014/09/09 15:48 投稿

  • タグ:
  • FX
  • 資産運用
  • ニコ生
  • オタク
  • アイドル
  • スコットランド
  • 英国
  • ポンド
  • ハロプロ
前回の放送↓



次回放送予定↓9/10(水)12:00~ 90分間









<東証>カドカワ、ドワンゴがそろって安値 10月に経営統合/日経新聞[有料会員限定]

言いたいこと分かりますか?


[FT]投資家が地政学リスクを無視するワケ/日経新聞

前半と後半で大きく違う


ドルは約6年ぶり高値、FOMCに備え海外短気筋が買い増し/ロイター

ドル円106円台


コラム:英国分割に現実味、ポンド急落は「前兆」か/ロイター

コラム:スコットランド独立で英ポンド急落あるか=佐々木融氏/ロイター

独立しても不思議は無いかと










日経記事から疑問を感じた「オタク市場規模」を調べてみた結果



月に1万円以上使うなら「お金がかかる趣味」/日経新聞


10年くらい前の書籍から「オタク市場規模は約4100億円」と書かれています。

「10年前で語られても…。それになんか少なくない?」

と思って、検索したらありました↓

マニア消費者市場を新たに推計、04年は主要12分野で延べ172万人、
4,110億円規模/野村総合研究所


この資料、後半の方が面白いです(笑)


そして「図表3:旧定義による2004年のオタク市場規模推計」
では、1兆4,080億円とあります。

真ん中辺りに

※本調査研究におけるオタク層の定義は、「強くこだわりを持っている分野に趣味や余暇として使える金銭または時間のほとんどすべてを費やし(消費特性)、かつ、特有の心理特性を有する生活者」です。2004年8月に中間発表したオタク市場調査においては、消費特性のみをオタク層の定義としていました。しかし、今回の調査では、オタク層を企業のマーケティング活動等に生かす方法を分析・提案するため、オタク層の消費行動を支える特有の心理特性にもより一層注目するべく、定義を変更しました。その結果、さらにコアなオタク層が抽出されており、市場規模推計値は旧定義によるもの(図表3)と一致しません。


これはそもそもアンケートを基にした調査であり、かなり「コアなオタク層」の市場規模を推計されたものとのこと。
調査の目的も「オタク層を企業のマーケティング活動等に生かす方法を分析・提案するため」のもので、本来の市場規模を測るものとしては適していません。



で、普通に「オタク 市場規模」で検索すれば、すぐに出てきました(笑)

「オタク」市場に関する調査結果 2012/矢野経済研究所

この資料によれば、市場規模は9522億円。
2012年と最近ですし、こちらの方が実態に近いかもしれません。


ただし、この2つは対象が違います。

前者(野村総研)は、
コミック、アニメーション、芸能人、ゲーム、組立PC、AV機器、携帯型IT機器、自動車、旅行、ファッション、カメラ、鉄道
でコアな層。

後者(矢野総研)は、
電子コミック、同人誌、ライトノベル、プラモデル、フィギュア、ドール、鉄道模型(ジオラマ等周辺商材含む)、アイドル、プロレス、コスプレ衣装、メイド、コスプレ関連サービス、オンラインゲーム、アダルトゲーム、AV(アダルトビデオ・DVD、ダウンロードコンテンツ含む)、恋愛シミュレーションゲーム、ボーイズラブ、ボーカロイド(関連商品含む)、声優
と、ジャンルがディープ(笑)


そして調査方法は、
前者が、消費者へのアンケート調査。
後者が、業者へのヒアリング調査。


データ/数字というのは説得力があるだけに、何気なく見ていると間違った認識を持ってしまいかねません。
それだけに、その内容や条件等をしっかり見ないと怖い。

幸いなことに、今やググればものの数分で分かることがいっぱい。
同じことを昔にすれば時間もお金もかかるでしょう。


でも、なにも気にせず、鵜呑み/受け売りでスルーしてしまっては、
調べたくても調べられなかった時代と大差無しです。


注意する習慣、調べるクセ、は投資のヒントや失敗を防ぐことに繋がります。

私も気になって調べたおかげで、このネタを書くことに繋がりました(笑)





<オマケ>

そもそもこの記事の主題は「趣味とお金」。好きにすれば良いかと(笑)


アイドルはたしかにお金がかかりますが、観覧無料の「無銭イベ」も結構あります。
コンサートに行くためにバイトやオークションで稼いでいる学生もいる。
メリハリ効かせて取捨選択創意工夫するのも楽しみの一つ。
あーだこーだとやりくりするのも楽しいものです。


それにしても、こんなことまでFPにライフプランニングのアドバイスを受けなきゃならんのだろうか?(笑)

そんな計画的にやるより、荒波にもまれて時には失敗した方がむしろ強くなれるんじゃないかな。永久に計画的にやるのも結構難しいと思うし。















前回放送のBGM

主にハロプロ以外を中心にノリの良い曲を集めました。

ハロー以外は意外って言われたけど(笑)
日本で例えるならハローは本州で、北海道も四国も九州も沖縄も淡路島もある!
当然、いろいろ観聴きしてます。

そもそも、観聴きしてきた音楽やエンタメの内アイドルはまだ一部。
世界の国土で言えば、オーストラリアかブラジルレベル(笑)
上には、米国中国カナダロシアが控えています。

早晩、米国レベルには到達するであろうおへその国の住人からの投稿(笑)








1日早いけど大浦央菜ちゃん誕生日おめでとう!





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事