るなおーびっと!

KB4023057 とは? それとプログラムと機能の一覧に KB4023057 が無い場合のアンインストールの仕方

2018/02/11 13:03 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • Windows
  • Windows10
  • PCトラブル
  • WindowsUpdate

【追記】KB4023057 について新しい記事を書きました。
http://ch.nicovideo.jp/lunaorbit/blomaga/ar1424848
プログラムと機能の一覧に KB4023057 が無い場合のアンインストールの仕方についてはこの記事を、Windows 10 更新アシスタントとの関係については上記の記事をご覧ください。


KB4023057 ってどういう更新プログラム?
Microsoftの説明では

この更新プログラムには、Windows 10 の更新プロセスに影響する問題に対処するファイルとリソースが含まれています。 これらの改善によって、品質更新プログラムがシームレスにインストールされ、Windows 10 の信頼性とセキュリティが改善されます。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4023057

だそうです。

KB4023057 のインストール後に追加されるタスクスケジュールの内容から察するに、CompactOSな環境の再圧縮(更新後の追加差分の圧縮?)、コンポーネントストアの修復、更新プログラムのスキャンなどを実行しているみたいです。

あと何かしらのログ(%ProgramFiles%\rempl\Logs)を取っているみたいだが、イベントビューアで開いてみても私には意味不明でした。知っている人なら分かる、何かしらの解析ツールを通して見る、そんな感じの内容でした。

KB4023057 ですが、最近はユーザーが自分の手で停止させている Windows Update を動かすという噂も… これは Win 10 Pro のポリシーで無効化している場合では無く、Win 10 Home でサードパーティ製ツールを使用して停止させている場合らしい。
らしいというのも、自分はそのツールを使用していないのでどういう挙動をしているのか詳しくは分かりません。
自分の手で Windows Update サービスを無効化している場合は?などいろいろ気になる点はありますが、家族共用 PC (Win10 Home)なので検証はしていません。時間があれば確かめてみるかも?
ただ、KB4023057 がインストールされているからと言って、非表示にした更新プログラムが復活するということは当方では確認できませんでした。
仮に復活しても KB4023057 が原因とは言い切れません。 KB4023057 が無くとも非表示にした更新プログラムが更新された場合(同じ名前の別物に置き換わった場合)にそういうことが起こります。

KB4023057 をインストールしている環境(バージョン 1703)で数ヶ月前から バージョン 1709 への更新を非表示にしているPCでは非表示になったまま。その代わりもう一つ別の環境ではもっと前から バージョン 1709 を非表示にさせていたところ、一度 バージョン 1709 への更新プログラムが復活しましたが、もう一度非表示にしてみたところ KB4023057 がインストールされている状態で現在まで復活はしていません。
復活したタイミングはすべての互換性のある環境にバージョン 1709が配信されるようになりますというアナウンスがあったころだと思います。

さて、この KB4023057 ですが、自分の手でメンテナンスをしている場合は不要だと思いアンインストールをしようと思ったところ、「プログラムと機能」の一覧の中に KB4023057 がありませんでした。
他の PC で確認したところ、その PC には KB4023057 がありました。

あるどころかなぜか二つある…

KB4023057 が一覧に無い場合は以下の通りにします。
KB4023057 は Microsoft Installer (MSI)によってインストールされる更新プログラムなので、MSI ファイルを入手してアインインストールを実行すれば良いのですが、KB4023057 は Microsoft Update カタログには存在しません。
ローカルに保存されている KB4023057 のインストーラーを見つけ出すか、Windows Update Minitool を使用する方法があります。
Windows Update Minitool の入手の仕方、使い方について以前記事にしましたが、少々古い記事なので「ニッチなPCゲーマーの環境構築」さんの記事を紹介いたします。

【Win10】 Windows10向けサードパーティ製高機能WindowsUpdateクライアント『Windows Update MiniTool』の使い方 - ニッチなPCゲーマーの環境構築
http://blog.livedoor.jp/nichepcgamer/archives/1069222938.html

Windows Update Minitool で更新プログラムをスキャンした後にインストール済みの一覧の中から KB4023057 を見つけ出してダウンロードリンクをコピーします。

後は適当なテキストエディタに貼り付け、ダウンロードリンクをコピーして適当なブラウザでダウンロードをします。

以下はテキストエディタに貼り付けたときの例です。

[ Windows 10 Version 1703 用更新プログラム (KB4023057) ]
http://download.windowsupdate.com/c/msdownload/update/software/crup/2018/02/windows10.0-kb4023057-x86_134580f025663f5bff154f2e9636caf68e46e8a9.cab

ダウンロードした CAB ファイルを展開し、MSI ファイルを取り出します。
「プログラムと機能」に表示されていない場合は、特殊なインストールのされ方がされているのか、この MSI ファイルから直接アンインストールしようと MSI ファイルを右クリックしてアンインストールを選択しても失敗するので、一度そのままインストールを実行し、改めてアンインストールを実行する必要があります。
また、アンインストールを実行してもタスクスケジュールまでは削除してくれないみたいなので、手動でタスクを削除する必要があります。(タスク スケジューラ\Microsoft\Windows\rempl)


なぜ「プログラムと機能」に KB4023057 が無かったのか?

面倒くさいので検証はしませんが、心当たりはあります。プログラムと機能に KB4023057 が無かった PC は Windows Update Minitool で更新プログラムをインストールさせていたのに対して、プログラムと機能に KB4023057 があった PC は Update Orchestrator (自動更新)でインストールさせているという違いがあります。もしかしたらこれが原因かも?


コメント

SubManager
No.1 (2018/02/13 20:14)
素晴らしい記事ありがとうございます。ブクマさせていただきました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事