るなおーびっと!

Windows 8.1 のメインストリームサポートが残りわずか ~游書体の大ポカは直るのか~

2017/10/24 12:32 投稿

  • タグ:
  • Windows8.1
  • Windows

Windows 8.1 のメインストリームサポートが2018年1月9日(米国時間)に終了します。
メインストリームサポートが終了すると延長サポートに入ります。
延長サポートは2023年1月10日(米国時間)に終了します。

メインストリームサポート期間中は「新機能の追加」「脆弱性の修正」「脆弱性以外の修正」など幅広くサポートされますが、延長サポートは「脆弱性の修正」のみとなります。
新たにバグが見つかってもそれがセキュリティを脅かす脆弱性で無ければ基本的に修正されません。もちろん脆弱性では無いが、起動不良などの致命的なバグであればこの限りではありません。

残りわずかとはいえまだメインストリームサポート中…にもかかわらず、ここ数年の間ですでにソフト屋からは腫れ物扱いされている Windows 8.1。OS のシェア率を比較しても Windows 10 への無償アップグレードもあってか、サポート期間中にもかかわらず Windows 8.1 は極端に低いので、わずかしかいないユーザーのためにソフト屋が真剣にサポートしてくれることは期待できず、この先それはさらに加速するでしょう。

Vista 以上に不遇な未来しか見えないので Windows 8.1 ユーザーは Windows 10 への移行を真剣に考えた方がいいのではないだろうか。


2ヶ月ほど前に Windows 8.1 の游書体(游ゴシック/游明朝)の実装がおかしいことを発見しました。
(http://ch.nicovideo.jp/lunaorbit/blomaga/ar1308865)

当時すでにメインストリームサポート終了まで約5ヶ月を切っていたにもかかわらず現在も放置されている問題です。誰も気がつかなかったのかなぁ…

この問題についてさらに今更なのですが、マイクロソフトサポートに報告してみました。(ついでに Windows 8.1 に Medium がないことと、Medium を正規の方法でインストールする手段が無いことも報告しました)
https://twitter.com/Nico_LunaOrbit/status/922641006394204160

一応フィードバックしていただけたみたいですが、フィードバックがあるからと言ってそれが開発チームまでちゃんと届いてるのかはこちらからでは確かめようのないことだし、たとえ届いていたとしてもそれを実際に直してくれるとは限りません。
なぜならシェアが低すぎるし、メインストリームサポート終了間近だし、 Windows 10 の開発を重視している現状を考えるとほぼ期待できないのです。
この問題は「脆弱性以外の修正」に当たると思われるので、直すとしたらメインストリームサポート中となります。
果たして2018年1月9日(米国時間)までにこの問題は解決するのだろうか…。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事