はがるのブロマガ

私たちが人から見た評価がいなるものであろうとも

2014/09/19 23:56 投稿

  • タグ:
  • キリスト教
  • 聖書
また、ほめられたり、そしられたり、悪評を受けたり、好評を博したりすることによって、自分を神のしもべとして推薦しているのです。私たちは人をだます者のように見えても、真実であり、

人に知られないようでも、よく知られ、死にそうでも、見よ、生きており、罰せられているようであっても、殺されず、

悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。(第二コリント6:8~10)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリスチャンになれば、良いこと尽くめなんでしょうか?

答えは、Yesであり、Noであります。

私たちが神に従って歩もうとする時、大きな壁にぶち当たることがあります。
神様があなたを正式に神の軍団として用いようとする時に、サタンから徹底的に試みられることがあります。不幸が次から次へと起こることもあります。

そのような状況が起こった時に私たちの心の中に“疑い”がわき起こることがあります。

神は私を見捨てたのではないのだろうか???

それは成長しているクリスチャンの誰もが経験することです。むしろ試みられていることは成長している証と言っても良いでしょう。

私たちの生活に幸いがもたらされるかどうかは私たちの信仰にとって重要ではない、とも言えるということです。

ヒルティは本当の幸福を願い求める人は悲しみをも求めなければならない、とさえ言っているほどです。何故ならば、悲しみは人を謙虚にさせ、苦しむ者の気持ちを理解し、真実の憐れみの心を持つためにどうしても必要なことだからです。

神はその愛する子を懲らします。懲らされている子よ!! 喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。喜び踊りなさい!! 神はあなたを子として取り扱っておられるからです。主はあなたを、この地を相続する者として練清めようとしておられるからです。主はあなたを異邦人として放っておられるのではなく、ご自分のものとして認めておられるからです。

私たちは銀のように精錬されて、純化の過程にあるからです!!

苦しめられている時には。それは良いことのように思えないですが、それは良いことなのです。あなたが神の取り扱いに疑いを持つことがありませんように!! 私たちはどんな場合でも信じ抜くことが求められています。信仰は試されて成長します。

ヨブの友人がヨブを罪人のひとりだと数え、人が如何にあなたを罵り、批判しようとも。あなたは神をあがめるべきです。

ほむべきかな!! ほむべきかな!!

主は必ずあなたにそのような信仰を与えてくださいます。

【応えられた祈り】  作者不詳

功績をたてようと、神に力を祈り求めたのに、
謙遜に服従するようにと、弱さを与えられた。

より大きな事をしようと、健康を祈り求めたのに、
より良い事をするようにと、病気を与えられた。

幸福になるようにと、富とお金を祈り求めたのに、
賢くなるようにと、貧しさを与えられた。

人々から賞賛を得られるようにと、権力を求めたのに、
神の必要を感じるようにと、弱さを与えられた。

祈り求めたものは何一つ与えられなかったのに、
実は私が望んでいた全てのものが与えられた。
私の祈りにもかかわらず、
私の言葉にならない祈りは応えられ、
全ての人にまさって、
私はもっとも豊かな祝福を与えられたのだ。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事