役満縛り戦術公開中(10/7まで期間限定)

今後新規投稿ありません (6/17の牌譜検討付き)

2021/06/18 21:30 投稿

  • タグ:
  • 麻雀
  • 役満縛り
  • 牌譜検討
  • おわりに
ブロマガは一般会員だと新規投稿することが出来ないため、
今後新規投稿することはありません。出来ると思っていたため、想定外でした。
申し訳ないです。
この記事は最新記事を上書きして作っています。

今までの記事は10/7のサ終まで残ります。
移転するかは現状半々くらいで、別のブログを作った際はこのトップ記事に
記事タイトルを変えてお知らせしようと思っています。
期待はしないでください。(コメントは受け付けます)
移転しない場合は自然消滅の予定です。





6/17 00:59の牌譜より。



役役ドラ槓の海底条件。Wスタンプを打って9m切り。
西にはラグ掛けしてあるので、西を切ってもいいし、槓してドラが乗ったことを考えれば、9mでもいいかもしれません。





Wスタンプを打ってるとはいえ、西を切ることで字っぽさが消えるので西を切った方が良さそうですね。メンツ的には別に大丈夫そうですが。





中が鳴けてシャボテンを取ってしまいました。9p槓して高目の南で13あると錯覚しました。これは鉄板で西切って南ポン白単に受けた方が良いです。海底条件は単騎に受けれるなら受けるのがセオリーです。
ちなみにツモ三暗があるので南ツモで13ですね。
ここで聴牌スタンプ+マイナススタンプ(…スタンプ)のWスタンプで海底手聴牌を知らせます。





9p槓して高目12翻にしてからの南にロンラグ且つプラススタンプを付けて、当たりであることは知らせられました。なお返答スタンプで両者の手牌に無いことが判明。





白単にしてれば楽勝なところを負けにしてしまいました。槓が絡むとは言え、凡ミスしました。





上家視点を見てみます。槓をした後に海底スタンプ(シングル…スタンプだったかな?)を出していたと思うので、北は関連してないと分かります。北が絡めば13以上ありますからね。そのため、南か西か1pが当たりです。

自分は当たり牌候補を持っていないため、ここから發槓北3抜きで対面に海底を渡すのが良いでしょう。嶺上牌から西を引いた場合は1p南暗刻の西単確、1pか南を引いた場合も海底を取って差し込みですかね。

ここで9s切りは緩手でした。4枚持ちでも情報を見せた方がいいというのはままあります。本来役満縛りは情報戦は大事ですからね。





さて、本題です。他の二人には大きな問題がありましたが、落ち度が全く無い夢子視点で考察していきます。

聴牌のWスタンプがあることから確実に海底条件聴牌とします。
次に西ラグを覚えているかというのがあります。

まず、覚えているパターン。
対面は9sを切ってきたことから、ロン牌候補の2~3枚持ちは無いでしょう。4枚持ちに関しては今回の考察では除外します。
上家の手ですが、11p西西、南南西西、發發西西の3択です。北は絡むと13翻を超えるため無関係牌となります。
対面は1p、南、西がそれぞれ1または0と想定されます。全て1の場合は1個は切ってそうなので、あって2牌でしょうか。

対面が1個はロン牌を持っているとすればここで南を切る方が良さそうです。シャボにするなら11p西西の南or發暗刻のような高目が無い形も有りそうです。

次に西ラグを覚えていない場合ですが、先ほどのパターンに加え、南南南1p、發發發1p、南南南發、發發發南、南南南西、發發發西が加わります。これだと絞り切れないので、字牌単騎拒否の1p単騎、元は1切れで地獄単騎となった西は切り気味に見ることも出来ます。

南か發単騎の2択であれば、実は対面が南0發0、南1發0、南0發1、南1發1の全てのパターンで海底で南を切ることが出来ます。まず対面が南を持っている場合は南が暗刻足り得ないため、發が暗刻となります。よって南か發単ならば南が当たり。南0發0ならば南止め海底南が有利。南0發1は、南發が二人により1枚ずつなので、同位置として自分が海底を取って南切りで良しとなります。

南か發単騎まで絞り込むなら南止め、それ以外なら南切りになるでしょうか。この一巡で情報が新たに出ることもあるため、難しいところです。

実際は単騎形じゃないので、単騎狙いで南止めという議論も何やら不毛な気もします。この話の焦点は、対面が海底であることから自分が1枚のロン牌候補を切るムーブの良さ、単騎当てで南を海底で切るというのが理に適ってる、というそれぞれ別々のロジックでの良さを有していることです。





手牌を開けるとこんな感じです。
南切りが悪手な訳が無いので、こういう考察になりました。本人がこれで納得出来ればそれに勝るものはありません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事