役満縛り戦術公開中(10/7まで期間限定)

5/28の牌譜検討「反省会」

2021/05/29 19:06 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 麻雀
  • 役満縛り
  • 牌譜検討
5/28 22:37の牌譜より。





国士一向聴取りで打中とします。動きが鳴ければ北を抜く気でいます。とは言え、そこまで焦って抜く必要も無く、終盤でいいでしょう。





早くも北抜きを入れていますが、これは早すぎですね。
そして上家から15巡目にWスタンプの海底手が入り、發手出し、下家がポン、打9mからスタートします。
9s西1m中といった全ての切られたヤオ牌はノンラグです。





そして上家から西手出しが入ります。
西、發と切っていることで、もう中ポンの役役ドラ3北しかありません。中東ポンは確定で南も殆どポンの白単が本線となります。南が鳴けない場合は19sポンです。
よって中を切らないといけません。





東か白かどっちかは鳴くのが分かっていたため白切りとしましたが、これがスルーの残念スタンプ止まりで敗着となりました。發西切りで役3北中単の形が否定されています。また、白中ポンだと發単小三元で確定となるため、白は鳴けません。
これが盤面整理です。





白が通ったことで中を鳴くことに気付きましたが、遅すぎました。上家が白単で自分が持っていないため、ほぼ負けが決まってしまいました。最後に南と東の対子当てで東を切りましたが、外してジエンド。
これにしても東を下家が持っていれば切っている筈なので、南の方が良いですね。暗刻って無さそうなのは南の方です。





私が加速するなら1sにしてよと、本人に偉そうに言ってましたが、自分の力不足でもありました。ここからは仕掛け側で何を加速するのが良かったかを考察します。

加速というのはアシスト候補牌を切って、アシスト範囲を減らしてポンし易くすることです。例えば、字一色で生牌の字牌を切って1切れの字牌単騎で勝つことを狙ったりします。西發といった自分で使える牌だけでなく、自分の手牌には要らない1s切りも引っ括めて加速と自分は言っていますね。





色々とありそうですね。候補は1s西發白。数えアシストで一番加速の効果が出るのは白です。
中にラグを掛けられなかったので、出てきそうな牌としては東白發、このあたりが出てくるのではないでしょうか。
次いで西と1sあたりでしょうか。

なので白か發を切りたいところです。
白を切るデメリットとしてはフィニッシュ力に不安があるところです。西は下家が持っているでしょうが、切られてあとは山という展開もあります。
なので、發を切るのが良さそうに見えます。


と、思いましたが、一つ懸念点があります。それは自分に対して19牌を切ってのアシストが来ることです。Wスタンプ、北抜きと見る人が見れば数えでしかありませんが、それでもチンロー目が切れていない以上、字牌切りも危ういのでは無いでしょうか。





その後に西を加速しましたが、ここは1sと西の択です。対面が9mを切っていることから19を投げてきていることが分かります。また、1sを切ることで1pは簡単に鳴くことが出来るでしょう。
西を切る前の状態では東中ポンか東白西ポン中単で中西ガチャになっているので、西を切るのは情報としては良いですね。ただ、自分がキャッチ出来なくて申し訳ないです。
最善手としては西を切ると東中ポンで残りポンが役牌で無いということが透けて良いのですが、1sを切って1pを出させてから西を切る方が易しい気はします。

加速というのは投げられそうなところを切って情報を見せることなので、いかに先回りして切るか、というのがポイントです。それは相手によっても違います。19が切られそうだから1sを切ろうと考えられたら状況を読み切れてますね。

時には意味のない加速というのも存在していて、例えば生牌をポンするだけで勝てる手牌で1切れを切ってもあまり効果は出ません。既に単騎残念スタンプを出しているなら別ですがね。主に加速は生牌を切って候補減らしたり、字牌を早切ってのディレクション、ガチャ候補減らし、この辺りに使われます。逆に和了りづらくしてしまう加速というのも大いに存在しています。何が効果的な加速かを考えるべきです。

数えだからと19の無い河で字牌を切って、本来鳴きたい字牌が出にくくなってしまうのはありがちな失敗なので、気を付けたいところでもあります。

コメント

ด้้ด้้回避
No.1 (2021/05/30 15:05)
自分のチンロー目が頭からすっ飛んでました
北抜いて数えとわかってくれると勝手に安心してる部分が出ちゃいました
ヤオ抱えることによってこういう時切りたい牌多くなって困りますね
log (著者)
No.2 (2021/06/01 21:55)
>>1
自分の手が他家視点どういう風に見えるかというのも大事ですね~
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事