役満縛り戦術公開中(10/7まで期間限定)

4/3の牌譜検討 「2つのロスト」

2021/04/09 04:26 投稿

  • タグ:
  • 麻雀
  • 役満縛り
  • 牌譜検討
役満縛りでは珍しい、ロストの交換をしてしまったのでそれの反省会


ロスト①



2暗刻で残6確定、長考7s手出しでのアピール
發にはラグ掛け、西は軽いラグ程度。
タンヤオ牌でのアピール強化やメタのため、3段目にヤオチュウ牌だけを切っていくのが「ヤオチュウの上を歩く」というムーブである。




發にラグを掛けていたので、發ポンすれば大体勝ち。下家が13巡目東切りのため照準を東に合わせて北切り。この方がより發が出やすいかと思った。
直前の發ラグだし、發ラグ覚えてない上でのガチャ幅狭めるより、よっぽど単騎2種持っている方が良かった。





下家に狙いの東を切られ、対面にラグ發を鳴かせて貰い聴牌。
で、重要な単騎聴牌長考。たぶん4秒くらい。





自分は字一色でしか役満目が無いので、4面子が確定し、単騎候補白東のローラーで勝ち。
下家からは白、対面からは南で和了れず。
生牌切って負けるのは、このゲームで結構あるあるな負け方。聴牌相手と不聴相手だと全く打つべきものが変わるので、聴牌長考は凄い大事。





最後にBさんが東を切ったところに移ろう。
中、發で上家は確定2ブロック。西は下家が複数枚持ちで外して無いことは考えづらいため、中、發、西までは決め打つこととする。
白は3枚見えなので無し。よって残る面子は南、東の2種。更に、単騎が東or南、白の2種で、且つ下家の白対子切りを想定すれば、東か南単騎が濃厚。
そして、上家は東を鳴きたいのに、南といういかにも投げられそうな牌では無く、北を加速してきた、というのはなかなか考えづらい。

また、確実にラグ發が上家に対子。下家が發を鳴かせての次巡東切って鳴かれるならそこから勝ちが取れる。
下家が發→南と切って最終で東での勝ち筋もある。

完全に読み切れるなら、1パスして、發を鳴かせたところからの、東→南か南→東の択。こういう盤面を解き明かせるのが役満縛りの最高に面白いところ。時間が足りないって? 知ってる。




次局のロスト②



東対子切り、南、中で中にアピールラグ、東、南はラグ無し。
中ラグが掛かってからは強ポジ活かして字牌絞り。
1mラグがあったから19を抑えることは可能だったが、弱ポジだし、1p切ったのは良いと思う。

対面から3s手出しアピが有り、ラグ中から投げていく。





次いで白、北が通り、対面が東手出し。
字一色ならば、南、西、發、中が面子。海底数えならば9s、西、發、中面子の白単騎。





西ポンで聴牌長考。
9s暗刻白単騎聴牌でしか見てなかったため、海底位置をずらさない東を切った。9s槓でも北抜いて海底取れるので、その観点にしても9s切りで全然問題は無かった。
正解は字一色、海底小三両ケアで北、白と切れば良い、のだが…。





下家から白が切られ、9s鳴いて白単だったか? と思い9sを切ってしまった。勿論この9sを切っても負け確である。
南ラグが無かったので勝手に海底小三と思い込んでの負け。自分は部分役満決め打って、字を盲点にすることもあるので、脆弱性が出てしまった。

9s切ったのは論外であるとしても、かなり小三に見えてしまうところ。難しいね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事