ふかわのラーメンブロマガ!~略してふかまが~

113.「鶏白湯味玉ラーメン」 麺屋 藤しろ

2015/02/04 20:00 投稿

  • タグ:
  • ラーメン


1.店の場所,内装,外装
目黒駅、駅のアトレを権之助坂方面に降り、信号をわたりパチンコ屋の一軒向こう
飲み屋などが固まっているビルの中にお店はございます

店内は横一線のカウンター、後ろにはコートかけやら鞄置きがあるので活用しましょう
券売機は外にあるので買ってから中に入りませう


2.メニュー,値段
~らぁ麺~
鶏白湯味玉ラーメン 850円
鶏白湯ラーメン 750円
鶏白湯特製ラーメン 980円

~つけ麺~
鶏白湯味玉つけ麺 870円
鶏白湯つけ麺 770円
鶏白湯特製つけ麺 980円

大盛 100円
特盛(つけ麺のみ) 200円

~とっぴんぐ他~
低温二段仕込チャーシュー 200円
ネギ 九条ネギミックス 100円
のり7枚 100円
煮タケノコ 100円
半ライス 50円
ライス 100円
スープ掛けさくさくおこげ 200円
ミニサラダ 特製ドレッシング 100円
豊潤味付け玉子 100円

3.今回のメニュー内容
今回は「鶏白湯味玉ラーメン」を注文しました
ラーメン激戦区目黒において「TRY大賞」を受賞するなどひときわ輝いているこのお店
店主は「ほん田」出身だとか、修行先よろしくつけ麺用の麺も心の味食品使ってますもんね

着丼したらなんだか香ばしいようないいかほりがします
麺はストレートな細麺でパツパツとしておりのどごしがいいタイプか
スープなのですがこれが個性的、濃度のある鶏白湯に牛骨、牛スジを合わせて炊き、上に焦がしネギの香味油をかけております

これが絶妙に組み立てられており、スープ自体の濃度は高くトロトロとしておりますが牛コツなどを合わせることにより後味はシャープに
よくある話でございますが「濃厚なのに、後味サッパリ」の極限といってもいいと思います
鶏白湯ですが醤油ダレを使用、タレには魚介を聞かせておりこちらでも深みを増し、いわゆる「またおま系」とも違う旨みを重層的に伝える造りに
鶏白湯特有のどっしり、クリーミーなスープに香味油や牛骨、牛スジ、魚介のコラボで鶏白湯系によくある「飽き」を完全に克服し、本当に蓮華が止まらないです

トッピングはなると、チャーシュー、九条ネギ、のり、下にはたけのこ、そしてつけた味玉
なるとがまず旨いですね、なんていうかしっかりとねりもの感が出ております
チャーシューは低温調理したもので柔らかくジューシー
九条ネギもいいですね、繊細なスープにしっとりと合わさっております
のりの下にはメンマではなくたけのこがありこりこりっとした食感がいいアクセントに
味玉はトロトロ濃厚な味で鶏スープにベストコンビの一品となっております

また、卓上には「生姜レモン」なる調味料が、入れるとスープが劇的にサッパリします
生姜の味が濃厚スープによく合い、しっかり最後まで食べられるような工夫が
スープの完成度が高くそこに目が行きがちですがスープはもちろんトッピングや他メニューなど細かいところまでしっかりと作りこまれ、最後の一滴までいただけるものとなっております


4.感想
 
目黒1件目、旨すぎてスープ残そうとしても残せなかったというお店ですw
いやね、「鶏白湯に牛骨、こういうのもあるのか」といううなり声を上げるほどでしたね
このスープは是非「さくさくおこげ」したかった…でも連食初回だし…ぐぬぬという気持ちでこのお店を去りました(。-`ω´-。)今度は絶対食う


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事