ふかわのラーメンブロマガ!~略してふかまが~

63.「味玉塩そば」饗 くろ喜(もてなし くろき)

2014/05/02 20:00 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ラーメン


1.店の場所,内装,外装
まず店名なのですが正式な名前は「喜」という字ではなく漢数字の「七」という字が三つ積み上がったような漢字です
変換も出来なかったので公式ブログに書いてあったような漢字にしました、注意シテクダサイ

さて場所ですがJR秋葉原駅の昭和通り口を浅草橋の方面へ線路沿いに歩きセブンのある通りを北上するとあります
JR浅草橋駅より秋葉原方面に向かってもあります、お好みでどうぞ

店内は小料理屋のようなカウンター、清潔感があり落ち着いて食べることができます
卓上には箸置きの上に塩用の乾燥梅、味噌用の特製七味と辛味オイルが
店入って左手の券売機で食券を購入し店員さんに渡しましょう


2.メニュー,値段
~塩そば(細麺か平打ち麺から選べます)~
塩そば 850円

味玉塩そば 950円
特製塩そば 1100円
肉塩そば・わんたん塩そば 各1050円

~味噌そば(太麺のみの提供のようです)~
味噌そば 800円

味玉味噌そば 900円
特製味噌そば 1050円

~煮干そば~
特製塩煮干しそば 1050円

塩煮干しそば 800円
味玉塩煮干しそば 900円
肉塩煮干しそば 1050円

麺大盛り +100円

~トッピング~
味付け玉子 100円
生メンマ 150円
焼豚・煮豚 各300円
煮干飯(煮干そば限定)200円


3.今回のメニュー内容
今回は「味玉塩そば」を注文しました
割と新しい店舗ですが非常に完成度の高いスープ、麺と高評価のお店です
食券提出時に麺の種類を聞かれます、オススメは細麺だそうですので細麺にしてみました

さて着丼、スゴくいい香りがします
スープを一口、スープは鶏をベースにしつつも魚介を押し出した非常に香り高いスープ
このスープがヤバいです、少しオイリーな香味油と一緒に飲むと花かつおがふんわりと口の中に広がります
その後に昆布や鶏の旨みが追随し最後は塩の旨みと再度花かつおの香りが余韻に残る、化学調味料不使用でここまでの旨みを引き出すのは恐ろしいの一言
逆に化学調味料使ってないからこそのこの味なのかな…?自分のボキャブラリーでは文章に表現しきれないくらいです(。-`ω´-。)ゴメンチャイ

そのスープに対する麺もスゴい、細麺はストレートなタイプでもちろん自家製麺です
よく見ると全粒粉で茶色い粒が練りこまれておりこれがスープに負けず香り高い仕上がりに
コシもちょうど良くあり最後のほうまで伸びずにコシが失われない…これどうやって作ってるんスかね((((;゜Д゜)))手間の掛かった逸品です

トッピングはデフォルトでチャーシュー二種類、ネギ、のり、ちぢみ小松菜、メンマに追加分の味玉
チャーシューもスゴいっすね…鶏と豚の二種類入ってます
鶏はやわらかく柚子がほんのり香るものでスープの引き立て役を買って出てます
豚のタイプは半生でローストポーク風味、やわらかくこちらは肉自体が主張をしてくるタイプ
何気に付け合せの小松菜もおいしいですね、おひたしにしてるそうですが歯ざわりがいいです
のりもよくある適当な海苔ではなく食べると磯の香りがふんわり香るもの
味玉は薄めの味付けでスープをジャマせず、まろやかめな仕上がりで全部のトッピングにしっかりと手間が掛かっているのがわかります


4.感想
 
路線としては「Japanese Soba Noodle 蔦」や「煮干そば 暁」に近いものがあると思います、ラヲタ向けではないでしょうかw
最初は値段にビビるのですが(味玉付きで950円)麺の完成度、スープの香り、トッピングの彩りに納得の一杯ではないでしょうか
個人的には醤油の蔦さん、ダシの暁さん、麺のくろ喜さんでしょうか…
今、ラーメン一杯はここまで進化をしているというのをかみ締めながら頂きましたw

コメント

いしやん
No.2 (2014/11/23 21:17)
ちくそ~!名古屋から昨日東京から帰ったばかりなのに… 行く前に見ておけば…
Fastech360
No.3 (2014/11/23 23:28)
お腹すいてきた・・・
ふかわりょう(影武者) (著者)
No.4 (2015/03/03 23:18)
漢字の変換が行えないのが難点ですが本当に旨いラーメン屋だと思います!
自分へのご褒美()に行くのがマイブームですね
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事