ふかわのラーメンブロマガ!~略してふかまが~

番外編「10までの紹介漏れのラーメン達」(画像多数につき重め注意)

2013/11/03 23:00 投稿

コメント:57

  • タグ:
  • ラーメン
  • つけ麺
  • 腹が減る
  • うまい(確信)
  • スープオフ
  • まぜそば
  • 油そば
次は6から10までで紹介できなかったものでぃす!

まずは6.「つけ麺 道」(リンク先元記事)さんです
このお店は月曜日お休みで変わりに屋号が変わった「ラーメン 縁道」さんとして営業しておりました(いつのまにかこちらはやってなかったみたいです)
時間や日にちによって屋号が変わるのは「せたが屋(昼:ひるがお)」さん等で多くのラーメン屋が採用しているシステムです


スープは「つけ麺 道」で使用されていた濃厚なスープを少々薄めたもので濃厚さ、粘度はやはり普通のラーメンと一線を画すものがあります
麺は細いちぢれ麺、スープにガッツリ絡んできますね
トッピングは鶏チャーシュー、味玉、ワカメ、白ネギ、レモン(!)となっておりレモンを途中で絞ると濃厚意外の違った顔が見えます

次は7.「麺屋 武一」(リンク先元記事)さんです
つけそば、塩の白湯、サイドメニューを紹介していこうと思います


まずは「特製濃厚鶏骨醤油つけそば」です
スープはラーメンと同じく濃厚な鶏白湯ですがもう少し粘度が高いように思えます、鶏油も強く効いている気がします
麺は平打ちちぢれ太麺でよく〆られておりモチモチとした食感が楽しめます
トッピングは白ネギ、水菜、穂先メンマ、味玉、鶏チャーシュー、鶏つくねです


続いて「濃厚鶏白湯ラーメン」です
こちらは塩味となっておりオーソドックスな鶏白湯となっております
麺は中細のちぢれ麺、スープはこちらもやはり濃厚な鶏白湯となっております
トッピングは白ネギ、水菜、穂先メンマ、鶏チャーシュー、鶏つくね、追加で味玉です
塩のほうは卓上にあるすりゴマ、粉山椒がよく合います

そしてめくるめくサイドメニュー群ですね


まず「奥慈卵の卵かけごはん」です
濃厚な卵は醤油をたらさなくても濃厚で美味しく、少し醤油をたらし鶏と青ネギを入れればまた格別の味です


最後に「鶏ささみユッケ」
鶏ささみのユッケ、ノリとしては鰹のタタキ鶏版という感じですがこちらがご飯の上にのっております
鶏ユッケはごま油であえてありそのままでもほんのりと味がついております
卵をかけて食べ、半分くらいになったらワサビを加えてみると違った一面が見え隠れします

8.「天神下 大喜」(リンク先元記事)さんです、ここはあっさりした鶏スープのお店ですが季節限定で違う顔も覗かせます


冬季限定「純 とりそば」です
夏は冷やしラーメンが解禁されるそうですが冬はこちらのラーメンとなっております
麺は中太ちぢれ麺、スープをたくさん持ち上げます
スープは鶏白湯で粘度はそこまでではありませんが旨みが濃くでております
トッピングは青ネギ、鶏チャーシュー、味玉、メンマ、鶏そぼろと上にしいたけの佃煮が乗っかっておりいいアクセントとなっております

最後に9.「BASSOドリルマン」(リンク先元記事)さんです
自家製麺で美味しい麺を出すこのお店、もちろん他のメニューも美味しいものとなっております


「ABURASSO」です、いわゆる油そばとなっております
麺は太いストレート麺で国産小麦を使用したとあって香り、コシ、喉越しの三拍子そろったものとなっております
タレは甘辛いモノとなっており上のトッピングと和えて食べるとまた格別です
トッピングはメンマ、白ネギ、青ネギ、玉ねぎ、のりチャーシュー二種類に上にコチュジャンがチョコっと乗っかっております
半分食べたらスープ割りをしてラーメン風に食べることもできます、これがまた美味しい…!


というわけで残りの紹介でした
他にも美味しいメニューはたくさんあります、皆さんも是非行ってみてください!





コメント

新潟県民「名無し」
No.58 (2013/11/10 00:58)
飯テロ
バース
No.59 (2013/11/10 01:35)
うわぁ・・・急に腹へってきたわ 食いてえwww
ケイ
No.60 (2013/11/10 03:00)
飯テロやめろ!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事