妄想×好奇心! ~ある成人のオレ流雑記帳~

【レトロ】ネット上に出回っている古いポスター・チラシをまとめてみた(戦前~それ以前)

2017/01/29 10:00 投稿

  • タグ:
  • レトロ
  • ポスター
  • チラシ
この記事を読んでる皆様お久しぶりです。今更ながら新年初の更新となりました。
最近、私生活の都合上、チラシやポスターをよく観察するようになりました。
その際にネット上に上がっているレトロなポスターなども眺めたりしています。
しかし、自分好みのレトロのポスターをネット上で探すには大変だと思います。

そこで今回、ネット上に流れているレトロなポスター(昭和初期が多め)を
所々コメントを入り混じらせながらこの記事でもまとめていきたいと思います。
主に右から文字を読むタイプのポスターをまとめています。






1.ノーシン(昭和14年)

頭痛にノーシンで有名ですよね。この頃からあったんですね。
背景が青で文字が黄色、服の色が赤と
基本3原色がふんだんに使われていますね。
「ずつう」が「づつう」と表記されているところが
レトロチックでいいですねえ

参照元: 河村運平ポスター・戦前






2.霊島・金華山へ

これ、きんかさんって読むんですね。
金華山って色々あるみたいですが
こちらは宮城県の金華山のようですね。
私としては、ポスターの下に描かれている
路線図みたいな物が何だか魅力的です。
ちなみに当時の事はよく分かりませんが
現在の人口はたったの6人だそうです。

参考元: 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection






3.東亜大陸旅行事情展

福岡市松屋で開催された展示会のポスターのようです。
大陸旅行事情って何でしょう・・・凄く行きたくなります。
この列車?汽車?のデザインが何だか格好いいですね。
ちなみに門司とは現在で言う福岡県北九州市門司区の事で
当時は貿易の町として栄え、現在は門司港レトロで有名です。
鉄道記念館もあります。


参考元: 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection







4.神尾

これは何でしょう?
何を指しているのか全く分からないポスターですね。
骸骨が描かれているようなポスターって珍しいなと思い選んでみました。
にしても、足に指が長いなw






5.赤玉ポートワイン(大正11年)

一言。露出が激しいですね。
ブログ元によると当時、女性のセミヌードは
かなり刺激的で初版のものはすぐに持ち去られたとの事。
にしても、胸が見えるような露出の仕方をしている媒体なんて
現在でも無いような気がします。それ以前に作ったら捕まりそう。

それは置いといて、このポスターの凄いところは
当時にしては珍しい左から文字を読むタイプで当時の最先端をいってる事と
白黒に見せかけておいてワンポイントとしてワインの赤色を着色しているところです。
この透明感、どうやって描いたのだろうか。
当時はカラー写真なんて日本には無かっただろうから合成も出来ないですし
この綺麗な透明感を絵の具や何かしらの道具で作り上げたという事が凄すぎます。
白黒画像からワンポイントで差し色を使うという技術は
現在のポスターでもよく使われていますし
現在のポスターと比較しても劣らない傑作だと思います。
上記の視点から、今まで選んだ中でこのポスターが一番お気に入りです。

参考元: 小人閑居してなにを成すやら



いかがでしょうか。
暇があったらまたまとめてみたいと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ元の写真を勝手に載せるな!などの意見等ございましたら
以下から連絡どうぞ。記事を消すなどの対応をさせて頂きます。

やしまびと Twitter


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事