灯diary

年末の函館

2018/01/08 20:50 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • 北海道
  • 函館市
  • 函館山
2017年

12月30日(土)
12月31日(日)

4か月ぶりの北海道上陸、そして10か月ぶりの函館。

元々函館山に登ってすぐ帰る予定で行きの新幹線の切符を取ったが

どうせ連休だからと1泊だけすることに


函館駅前

今回の予定は

1日目に汐首岬、函館山へロープウェイで登り、夜景を撮って降りる。

2日目は函館山を足で登り、前回展望台で満足して降りてしまった山を今度こそは登頂する。

汐首岬までは函館駅からバスで1時間


バスからの車窓

15:30

もう日が沈みかけてる。


到着

岬っていうか

ただの国道だったし


立ち入り禁止って書いてあって麓まで行けなかったし。

まあ普通に跨いで入れたけど

灯台ファンとしてルールを破るわけにもいかない

私は鉄みたいな真似はしないのだ。


ただ夕日は綺麗だったし


作りかけのアーチ橋

これがわりとおもしろいのではないか





点灯時

年末年始ダイヤだと思い込んでバスを逃し、少し先の屋根のあるバス停で1時間半ほどバスを待った。

函館に戻ったのは19時半過ぎ

すぐにロープウェイの乗り場へ行き山頂展望台を散策


函館の夜景

本当にきれいだった。

今でも心に残ってるかと聞かれれば

残ってないけど。

ロープウェイの最終便ギリギリで下山。

コンビニで食料を調達してホテルへ。

飯食ってある程度満足したら寝ようと思ったが

案の定夜更かし

そして寝坊。

しかし帰りの飛行機をかなり遅めに取っていたため

良い具合な時間にはなった。


ホテルの窓から山頂を撮影



高校のころを思い出しながら1歩1歩雪を踏みしめる。

まるで昨日登ったかのように色々な記憶がよみがえってきた。
電車とバスで周る北海道の「持つところ」2日目

↑前回訪れた際の記事




感動

高校の時に見た風景が

目の前にあるのだ





2017年のプレースオブザイヤー

函館山である(勝手に決めた)

完全にこの町に魅了された。

高校のころ館山に魅了され

今回は函館である。

JRが配布してる「冬に恋。函館」というパンフレット

あの通りになった。

できることなら

今からでも行きたい。

僕を魅了した

あの街へ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事