あの日見たサイクル戦を僕はまだ忘れられない

【ダンガンロンパ3アニメ】最近の未来編&絶望編を見て感じた事【前篇】※ネタバレ満載

2016/09/17 12:42 投稿

  • タグ:
  • ダンガンロンパ
  • ダンガンロンパ3
  • 未来編
  • 絶望編

はいどうも(;・∀・) 
自分は普段はポケモンの記事しか投稿していないのですが、熱狂的なダンガンロンパシリーズのファンでもあります。

現在2016年夏クールにて放送中のダンガンロンパ3未来編&絶望編を毎週楽しみに見ています。
ただ最近の未来編&絶望編を見て思った所が有ったので初めてオタク感想記事を書く事にしました。感想記事は慣れていないので変な日本語が有るかもしれませんがご了承ください。






※これより下は今までのロンパシリーズ並びに現在放送中のロンパ3アニメのネタバレしか有りません
------------------------------------------------------------------------------------------------
































まずダンガンロンパ未来編にて霧切さんの死亡疑惑の一連のシーンにて感じた事
疑惑と言われているのは10話放送現在においてまだ霧切さんの死亡が確定した訳ではないので(OPの生存人数が6人・霧切さんの近くに解毒剤入っていた可能性のある薬ビンが転がっていた事・今までの毒が回った人と比べて肌が黒くなっていないなどなど)
まあその点は今後の放送で明らかになるので凄い気になっています。


正直未来編9話放送終わった直後は絶望で寝付けなかったですし、翌日も絶望していました。
ダンガンロンパ無印でも霧切さんはかなり好きなキャラに入っており大好きなキャラの一人でもあります。


でここで感じたのがダンガンロンパ無印の5章との比較というか変化です。

ダンガンロンパ無印の5章では正体不明の死体が発見され、容疑者が苗木君か霧切さんの二人に絞り込まれどちらかがおしおきを受ける状態に追い込まれていました。
その時の霧切さんのとった行動は、一時的に苗木君に罪を擦り付けるつまり苗木君を見殺しするに近い行為でした。
(ここで一時的と言っているのは憶測では有りますが、モノクマの強制タイムアップが無ければ霧切さんは苗木君の無実も証明しようとしていたという点 現に霧切さんはモノクマの強制タイムアップに動揺していた。)
ダンガンロンパ無印では苗木君を見捨てるに近い行為をした霧切さん。


しかし今回のダンガンロンパ3未来編で霧切さんのとった行動は、苗木君を見捨てない生かす行為でした。

仮に霧切さんがNG行動を苗木君に伝えてたとしましょう。多分今までのシリーズをやってきて苗木君を知ってるファンの方々ならこう思うはず、「絶対になんとかしようと無茶をする」そしてそれがダメだった時は「絶対に廊下を走る」と。
それを考えた霧切さんはNG行動発動まで苗木君に自分のNG行動を黙っていたと考えると、ダンガンロンパ無印からのこの変化が凄く良いと感じました。

ダンガンロンパ無印では要所要所で苗木君と霧切さんの信頼関係(特にアニメではかなりそれをおしていましたが)が深まるシーンが好きなのですが、未来編になって信頼しきっている二人を見ただけで未来編やってくれて良かったと思える程でした。

それなので今回の霧切さん死亡疑惑の一連のシーンはダンガンロンパ無印の5章との比較・変化に気が付くとより良いシーンに感じました。



正直、未来編やる上で78期生の誰かが死ぬ可能性は高いだろうなぁという放送始まる前の感想で3話にて朝日奈さんの死亡偽装が起こった事で、「あっナエギリどっちもやべぇ」と感じ、その後は何とか耐え9話での霧切さん、ただまだ死んだとは確定していないしそれにまだ苗木君の死亡フラグが消えた訳でも無いので残り2話で果たしてどうなるのか楽しみです。













(画像はおしおき中の画像をキャプしたくなかった)

次にダンガンロンパ絶望編の七海死亡までの一連のシーンにて感じた事
正直今までのダンガンロンパシリーズの中でトップクラスに絶望的なシーンでした。

まずおしおきですが、今までおしおきと比べじわじわと痛めつける点が今回ダンガンロンパ絶望編のメインテーマとなっている77期生を絶望へ落とすという点に大きく繋がるんだろうなと感じました。
あそこまで痛めつけそして槍で串刺しで殺されるという分かりやすくシンプルな殺し方が驚異的な絶望を産んだのは七海の77期生の元に帰りたいという気持ちの表れが大きいはず。

多分殆どの人が絶望に落ちたシーンだったはず、霧切さんの時と同じようにまたしても放送中そして終わった後、翌日もずっと絶望したままでしたマジで無理。


そしてここで感じたのは同じくダンガンロンパ2の5章&6章との比較
別の考察サイト様の文章にも有りましたが、

ダンガンロンパ絶望編にて七海がカムクラに放った言葉
「なんだって…出来るよ。日向くんなら。ほら、『やればなんとかなる』ってやつだよ」
この台詞はダンガンロンパ2の6章の七海が日向を勇気づけるシーンの台詞と同じ。

そして最後に出たタイトルが「君は希望という名の絶望に微笑む」
ダンガンロンパ2の5章のタイトルは「君は絶望という名の希望に微笑む」
この部分でも綺麗な対比になっている。

そして七海が最後の最後まで77期生の皆を守ろうと頑張っていた姿が、ダンガンロンパ2のAI七海と同じ様に僕は感じました。

ここからダンガンロンパ絶望編の七海とダンガンロンパ2の七海は確かに違う存在ではあるが根本的な部分は同じ部分が多いという点です。
しかしここで、ここまで同じ部分が多いのは何故なのかという疑問点が産まれます。

だからこそどのようにAI七海が産まれたのかを残りのアニメで絶対にやって欲しいと願っています。



正直、絶望編始まって本来原作ではAIの七海が過去に希望ヶ峰学園で実在していたという点から今回の様な見せしめのおしおきはいつか来ると確信はありましたが、ここまで原作に負けない絶望的かつエグイ殺し方をするのは流石小高さんだと思いました。

というか1と2のメインヒロインをここまで連続で殺すって辺りが本当に悪趣味過ぎる。

ダンガンロンパ絶望編は緒方さんのツイート見る限り残り1話、そして最後の週にて未来編と絶望編の総まとめが行われるのが予想されています。
(個人的な話なのですがダンガンロンパゼロの松田君がCV付きで出るのを楽しみにしていたのは僕だけでしょうか?)




さてここまでこのような駄文を読んでいただきありがとうございました。
同じダンガンロンパファンの皆様に読んで貰ったなら幸いです。
残りダンガンロンパ3アニメも佳境ですが楽しみに見て行きましょう。


そして後半は多分放送終わってあのホモと無能に対しての愚痴になります。



それでは閲覧ありがとうございました(;・∀・)ノ

何かご意見がありましたらコメントなり以下のTwitterアカウントまで


Twitterアカウント @Lie_LCR2



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事