ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

レジェメントのブロマガ

YouTubeとニコニコに最高画質で動画をアップロードするには?

2018/11/15 00:07 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • AviUtl
  • 動画編集
  • エンコード
  • YouTube
  • H.264
  • Lagarith
  • 画質
  • 音質
この記事は旧版です! 最新の記事はこちら


 動画がテストまでに投稿できるか不安なレジェメントです。
 編集意欲が復活し、今は着々と電車内で編集しています。ただこの男、ゆっくり実況を面白くする為の研究をせずに、エンコードの研究(と言っても調べ物レベル)ばかりする始末。はてさてこの先、どうなることやら・・・
 ということで、今日も家に帰ってきてからエンコの調べものをしていたわけですが、YouTubeに動画をアップロードする上で重要な点に気付きましたので、それを簡単に報告させていただきます。既出でしたらごめんなさい。

※追記
 単語が分からない人のために、脚注に"高校生のノート並みの説明"を書いておきます。

ロスレスで投稿するしかないけど…

 最高画質で投稿するには、やっぱり可逆圧縮コーデック(ロスレス)を使うしかありません。非圧縮はサイズが大きいし…。
で、私が試したのは [Lagarith/LPCM (.avi)][H.264/ALAC (.mp4)] です。どちらも可逆圧縮で、YouTubeに直接投稿できます。
これでAviUtlでエンコードし、YouTubeに投稿。その後、再ダウンロードして比較します。
元ファイルは、完全なRGBだけでできたプロジェクト(900p-30fps/16bit-2ch-48kHz ...30s)です。YouTubeでは720pに再エンコードされます。

 まずは元ファイルの情報を

↓Lagarith

↓H.264


 サイズやビットレートは格段に違いますが、見た目では遜色ないですね。
ではYouTubeに投稿してみます…

 再エンコされたのをダウンロード

↓AviUtlでリサイズ(raw)

↓Lagarith

↓H.264


 なんだこれはぁ…。Lagarith全然ダメじゃないか・・・。



 ビットレート、そして見た目からも分かる通り、H.264(YUV444-Lossless)が一番綺麗でした。私はどっちも同じくらいだと思っていたのですが、まさかこんなに違うとは…。

 Lagarithが劣化した原因は二つ考えられます。
① RGB→YUV420の色変換で大部分が劣化した
② YouTubeが推奨してる形式じゃないからてきとーにあしらわれた
おそらく両方とも影響してます。
 まず①ですが、最初の元ファイルの画像の通りRGBの時点で色の劣化はありません。しかしYUV420へ変換すると、特に赤系が劣化してしまいます。有名なやつですね。H.264でも赤色が劣化していますが(Javaの湯気)、それ以外目立ちません。
 次に②ですが、YouTubeが推奨する形式は mp4(H.264/AAC-LC) です。YouTubeは有名な形式なら大体受け入れてくれますが、処理がH.264より上手くされてない可能性が高いです。ビットレートがH.264は2倍大きいのもそれだと思います。

 ちなみに音声はどちらも同じでした。

※追記

 ※追記
  こちらの情報は少々誤差があるので、いずれ記事ごと修正版を出します。

 最近のYouTubeは「VP9/Opus」に再エンコードするはずです。忘れていました。
良いサンプルもないので、以前投稿した動画地味な宣伝)を下記の設定でエンコードし直して、YouTube側で用意されている動画をChromeで確認しました。

↓H.264(Lossy-16Mbps/AAC-313kbps)

vp09.00.51.08.01.01.01.01 (247) / opus (251)
 247 webm 1280x720 720p 1523k , vp9, 30fps, video only, 94.96MiB
 251 webm audio only DASH audio 142k , opus @160k, 9.03MiB
↓H.264(Lossless-69Mbps/ALAC-3700kbps)

avc1.4d401f (136) / mp4a.40.2 (140)
 136 mp4 1280x720 720p 2342k , avc1.4d401f, 30fps, video only, 131.97MiB
 140 m4a audio only DASH audio 128k , m4a_dash container, mp4a.40.2@128k, 9.30MiB

 投稿したばっかりなので、Losslessの方はH.264/AACのままです。
映像の"VP9"ははっきり言って"H.264"よりちょっと綺麗ぐらいなので、このビットレート差ならロスレスの方が
勝ちか同じくらいです。
音声の"Opus"は"AAC"より高音質で、ビットレートもそっちの方が高いので現時点だと負けてます
 これらはチャンネル登録者数や再生回数にもよりますが、いずれVP9/Opusへ変換されるので音声については問題なしです。
どちらかと言うと大切なのは画質なのでH.264の方が良いような気もしますが、
1440p以上(1440pと2160p)はVP9にされた方が高ビットレート(高画質)になるので、その点は注意が必要です(脚注)。また、今後"AV1"など新たなコーデックへの変換が始まったら、おそらくサーバーに残ってる投稿した元動画がまた変換されるので、やっぱり元動画は高画質・高音質(ロスレス)の方が良いでしょう。

結論は?

 H.264(Lossless)/ALACで動画をエンコードしよう!

これに勝るコーデックはありません。ニコニコにも投稿できましたし。

 と、いうわけで x264GuiEx でロスレス出力する簡単な設定方法を載せます。
「ここ、こうした方がいいよ~」など指摘があれば、コメントでぜひお願いします。

上部「プロファイル」から、"ニコ動 30分以下" を選択し、次のように変えてください。

:x264 options... → シングルパス - 固定量子化量
 
機械的な見方で画質を判断します。
:量子化量 → 0
 
元のプロジェクトと完璧に同じ動画にします(Lossless)。
:出力色フォーマット → i444
 
RGB(フルカラー)からの劣化がないYUV444にします。
:エンコーダ → qaac
 
ALACがエンコードできるqaacにします。
:モード → Apple Lossless (ALAC)
 
ALACでエンコードします(Lossless)。

プリセット(速度)ですが、どれでもたいして変わりませんでした。
新規保存してすぐ呼び出せるようにしてもいいかもしれませんね。

おまけ ~解像度はどれがいい?~

 YouTubeもニコニコもなるべく大きい方がいいです。ただ、私が多用してる900pなど中途半端な解像度は小さい方にリサイズされてますます汚くなるので、先にリサイズしてでも
2160p、1440p、1080pのどれかが良いでしょう。

1920*1080=2073600px2
6Mbps...289.4[bps/100px2]

1280*720=921600px2
2Mbps...217.0[bps/100px2]

960*540=518400px2
1.6Mbps...308.6[bps/100px2]

 ニコニコにおいては、10*10pxあたりのビットレートとそもそもの画素数で考えると、1080pで見れた時が最も高画質です。あたりまえな気もしますが…。
720pは、下手すると540pより汚いかもしれませんね…。



 今回は、勉強不足な部分が多いので足りないとこもあるかもしれませんが、頑張ってる他の投稿者さん方の参考になればなと願います。

 ・・・サンプル画像はネタバレだったかなぁ…




※脚注

○単語
コーデック
  …圧縮の仕方、その動画の種類。
エンコード
  …動画を違う形(コーデック)にすること。
可逆圧縮コーデック(ロスレス・Lossless)
  …再生すると、元の動画(編集中)と完全に同じ動画を見れるコーデック。
非圧縮コーデック(RAW)
  …↑と同じだけど、記録の仕方がバカでサイズ(情報量、~バイト)がデカい。
非可逆圧縮コーデック(ロッシー・Lossy・不可逆圧縮)
  …完全に同じものにはならないけど、その分サイズが小さいコーデック。
コンテナフォーマット(avi、mp4、m4a、webm)
  …コーデックの入れ物。入るものはだいたい決まってる。
Lagarith →.avi
  …映像の可逆コーデックの中でも有能で、YouTubeへ投稿できる。
リニアPCM(LPCM) →.wav
  …何も手を加えていないそのままの音声。非圧縮でサイズがデカい。
H.264(MPEG-4・AVC) →.mp4
  …映像の非可逆コーデック。有能で、どこでも使われてる超有名人。
ALAC(Apple Lossless) →.m4a .alac
  …音声の可逆コーデック。よく聞くFLACよりサイズが小さくなる。
RGB
  …光の三原色(Red.Green.Blue)で映像の色を記録する。
YUV
  …輝度と二つの色差で映像の色を記録する。難しいから知らなくていい。
ビットレート(kbps、Mbps)
  …一秒あたりに使われる情報量。多いほど高画質・高音質。
再エンコード
  …投稿された動画をサービス先(YouTube・ニコニコ)がまたエンコードすること。
AAC →.m4a .mp4
  …mp3より賢くて有能な音声の非可逆コーデック。
VP9 →.webm
  …Googleが開発した謙虚で有能な映像の非可逆コーデック。
Opus →.opus
  …AACよりさらに賢い音声の非可逆コーデック。


○(非可逆は同じビットレートでの)画質の良さ
 H.264-Lossless=Lagarith >>> AV1 > H.265 >≒ VP9 > H.264 >> AVI
○(非可逆は同じビットレートでの)音質の良さ
 ALAC=FLAC=LPCM >>> Opus > AAC >>MP3
色んな情報があるからそれぞれで調べよう!


コメント

サイトーサン
No.1 (2018/11/17 10:31)
これはスゴイ役立つ
こつぶちゃん
No.2 (2018/11/17 12:24)
ニコニコに90本動画を投稿しているけれど、
こうゆうの、さっぱりわかんないです。。。
EMANON
No.3 (2018/11/17 22:34)
最後の単語解説がうれしい
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事