左隣のラスプーチンのブロマガ

【劇評】恋に仕事に演劇に!! 働く女子たちの演劇ライフに幸あれ! ラボジェンヌ『ルチカ』

2013/09/21 02:26 投稿

  • タグ:
  • 劇評
  • ルチカ
  • ラボジェンヌ

ルチカを見に行こ

元々同じ劇団のメンバーだったあに子、三輪友実の二人が立ち上げた新しい劇団「ラボジェンヌ」。その旗揚げ公演が、カフェスペース「池袋MODEL-T」で行われた『ルチカ』である。




 働きながら演劇をするというスタイルで活動する・・・・・・むしろ「はたらく女子」たちであることを前面に押し出したのが特色でしょうか。
 かつての小劇場ブーム……というよりもバブル時代のある通年として、「バイトしながら演劇をするのが正しい」というアレがありますが、とりあえずそれは忘れましょう、ということだ。

ラボジェンヌの面白いところは、「はたらく女子」だけがメンバーに入れるというところ。仕事も恋も演劇も! というキャッチフレーズが頭をよぎったけど、どうでしょうか。

彼女たちの演劇は観ていてなかなか、悪くない。まず「働いている」ということを演劇のクオリティに対する言い訳にしていない。舞台にたつのは総勢で十人! 全員が全員がっちり演劇をしてきたわけではないのだけれど、それでも最低限のクオリティはあったし、十分見るに耐えた。十分な稽古、打ち合わせ、衣装に小道具、照明、妥協がない。もちろん、さまざまな点で詰めの甘さを感じないわけでもないのだけれど、これは、いいかもしれない!! その理由はまた後述しよう。

ルチカ、その作品
作品は三人の劇作家による短編三作とオープニングダンスという四本立てで100分ちょうど。あに子、三輪の二人がそれぞれ必ず出、他のメンバーは演劇一作とダンスという作り。カフェスペースの椅子のすわり心地から考えても悪くなかったし、照明はあるシーンで一度まぶし過ぎたけれど、とてもよし。音響もわるくなかったけれど、次の選曲はぜひカゲヤマ気象台にお願いしたいなと(笑)
脚本は早大系の劇作家たちで、三輪とあに子さんと「こうやって」芝居をしたかったんだなあということをしみじみ感じた三作品でした。それがちゃんと「社会人の」演劇だったことはコンセプトから照らしあわせても、作品としてもよかったと思う。不倫に結婚、恋愛、出産、キャリア。はたらく女子たちの重たい現実を映し出して演劇をみたなぁって感じがありました。

作劇では、ウェルメイドな死後の世界不倫劇をかいたウェルチンソン、ちょっとドロりとしたどす黒いものをだした兼桝の作品と続いて、バランスはまぁ、悪くなかった。でも特に柴田淳(ブラックエレベータ)の書く、久しぶりにあった同級生会についての話で、三輪が頭から水をかぶるシーンはぐぐっときた。嵐の前日、風邪をひかなかったかなぁ大丈夫でした?

一方で、劇作家が三輪さんやあに子さんに対する期待値の高さが少し重たく感じられたりもしたのだけれど、これは僕の個人的な感慨にすぎない。



女子会から、さあ次は?
作品が全体的に「女子会」に流れてしまったことで、作風の好き嫌いは生まれたと思う。女の子同士のセキララな本音のぶつかりあいと、シチュエーションを活かした会話劇は取り合わせとしては面白けれど、もっとヴァリエーション豊かでも良かっただろう。オープニングダンスも働いてる女性たちの生活を表してて悪くなかったけれど、クラップ(手をたたく)をいれたり、ストンプ(足を踏みならす)を入れたりしてもっと観客を驚かせてもよかったかなとは思った。そういう点を差し引いても、ラボジェンヌはよかったと思う。もちろん派手なギミックや演劇的な冒険があるわけではないけれど、働きながら演劇をするということを、きちんと作品に反映していたのと、これならばきっと取引先の人にも、社長にだって見せて恥ずかしくない。
 とくに、なんといってもその衣装! あに子さんの手作りによるこれは、独特のセンスだけど少しノーブルでフォーマルな感じもするのにとにかくオシャレでかわいかっこいい。この衣装を生着替えで見せるという演出も見事だったけれど、ラボジェンヌの衣装がもつ魅力はとにかくすばらしいものでした。

AKB(処女推しのアイドル)にも美空ひばり(名人芸の芸能の神様)にもなれないかもしれない。でも演劇を、表現をすることはきっと人生を少しだけ輝かせる。それをやりたい、じゃあやろう! 
 そんな働く女性たちならでは感覚や感性がここにはあって、しかもたぶんその感覚はストレートにあるタイプの<社会>と結びついている。そんな社会に目にもの見せてやってくれラボジェンヌ!
 
 一年に一回ぐらいのペースでいいから。

PS あに子さんかわいかったです。三輪さんもかわいかったです。外のみんなもすっごくよかったです。うん。また元気な姿を舞台でみたいっ




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事