エレキギター練習しよう@ブロマガ by LeadMan

コード・スケール・10

2015/01/29 20:40 投稿

  • タグ:
  • コード
  • 音楽理論
  • スケール
  • テンションノート
  • アヴォイドノート
  • コードスケール
  • ドミナントセブンスコード

ブロマガ活用の一環として、音楽理論的な話題を投入。
今回もまだコード・スケールの話。
ようやくまとめようと想定していた分の最終分。
この話、誰が求めてるの?とか聞かない。大事なお約束である。
使っている用語等については、学問的には誤っている可能性があります。
なお、状況に応じて、ここの文章を加筆・修正することがあり得ます。
(間違いとか直せるところは後でこっそり直す予感)


コード・スケール・10

前回は、後続のコードとの関連からコード・スケールを検討しました。
今回は前回の続きを整理していきます。


後続のコード・スケールからコード・スケールを構成する

ドミナントモーションによる連結・続き

前回、ドミナントモーションを構成するドミナントセブンス・コードについて、
そのコード・スケールを解決先のコードのコード・スケールから構成することを検討し、
後続がメジャー・コードマイナー・コードマイナーセブンス・コード
マイナーセブンスb5th・コードの場合のそれぞれについて、整理しました。
今回は、後続がドミナントセブンス・コードの場合を取り上げて、
それらを整理していきます。


ドミナントセブンス・コード

ドミナントセブンス・コードはこれまでにも触れてきたとおり、
コード・スケールとして設定され得るスケールが多岐に渡ります。

これまでに触れてきたドミナントセブンス・コードと関連するスケールとしては、
ミクソリディアン・スケールリディアンb7th・スケール
ミクソリディアンb6th・スケールハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
スパニッシュ8ノート・スケールオルタード・スケール
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール
ホールトーン・スケール
の8種類のスケールが挙げられます。
それらのコード・スケールを持つドミナントセブンス・コードに解決する場合の、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールについて、
順に触れていきます。

ミクソリディアン・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ミクソリディアン・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(ミクソリディアン・スケール)との対応関係

ミクソリディアン・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールも
ミクソリディアン・スケールが構成されます。

リディアンb7th・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4thP5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ミクソリディアン・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
ドミナントセブンス・コード(リディアンb7th・スケール)との対応関係

リディアンb7th・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールは、
ミクソリディアン・スケールが構成されます。

ミクソリディアンb6th・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール /
スパニッシュ8ノート・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール[修正後]
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
スパニッシュ8ノート・スケール[修正後]
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(ミクソリディアンb6th・スケール)との対応関係

ミクソリディアンb6th・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールは、
長6度が特徴になる一般的ではないスケールになります。
これはメジャースケール長6度
半音下げて短6度にしたハーモニックメジャー・スケール
第5音から並べ直したスケール
と一致しますが、いずれも一般的な名称を持ちません
そのため、実用段階では導き出されたコード・スケールの長6度短6度修正し、
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールをコード・スケールとして扱うことが
多くあります。
また、後続のドミナントセブンス・コード短7度を、
先行するドミナントセブンス・コード増2度オルタードテンションとして取り入れ、
上と同じく長6度短6度に修正すると、
スパニッシュ8ノート・スケールが構成されます。

ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール /
スパニッシュ8ノート・スケール /
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール /
オルタード・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール[修正後]
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
スパニッシュ8ノート・スケール[修正後]
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
オルタード・スケール[修正後]
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール)との対応関係

ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールを根拠とする
ドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールとしては、
前項のミクソリディアンb6th・スケールの場合と同様の
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールまたは
スパニッシュ8ノート・スケールの、短6度の代わりに長6度を持つ
一般的ではないスケールが構成されます。
これらについても実用段階では、前項と同様、長6度短6度に修正し
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
スパニッシュ8ノート・スケールとして、
後続のドミナントセブンス・コードのコード・スケールとすることが多くあります。
また、減5度にあたる後続のコードの短2度を採用すると、
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケールが構成されます。
さらに、ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールを導いたのと同様の修正を加え、
完全5度の音を削除すると、オルタード・スケールが構成されます。

このケースでは、結果として
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールスパニッシュ8ノート・スケール
コンディミオルタード・スケールの4つのスケールが、
先行のドミナントセブンス・コードのコード・スケールとして設定され得る
ということになります。

スパニッシュ8ノート・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール /
スパニッシュ8ノート・スケール /
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール /
オルタード・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
スパニッシュ8ノート・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
オルタード・スケール[修正後]
vbvivibviiviiibiiii#iiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(スパニッシュ8ノート・スケール)との対応関係

スパニッシュ8ノート・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールとしては、
前項のハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールと同じ結果が得られます。

なお、増2度長3度が共存するスパニッシュ8ノート・スケールの特徴的な構成について、
増2度は先行するドミナントセブンス・コードでは短6度に相当し、
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールスパニッシュ8ノート・スケール
オルタード・スケールの根拠になります。
長3度を採用する場合、先行するドミナントセブンス・コードでは長6度に相当し、
無名の2つのスケールと、コンディミの根拠になります。

オルタード・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール /
スパニッシュ8ノート・スケール /
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール /
オルタード・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
スパニッシュ8ノート・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
オルタード・スケール[修正後]
vbvivibviiviiibiiii#iiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(オルタード・スケール)との対応関係

オルタード・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールとしては、
前項のスパニッシュ8ノート・スケールと同じ結果が得られます。

コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ミクソリディアンb6th・スケール /
ミクソリディアン・スケール /
ホールトーン・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ミクソリディアンb6th・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ミクソリディアン・スケール
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ホールトーン・スケール
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(コンディミ)との対応関係

コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケールを根拠とする
ドミナントセブンス・コードに解決する場合、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールとしては、
ミクソリディアンb6th・スケールミクソリディアン・スケール
ホールトーン・スケールが構成されます。

ホールトーン・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th

ドミナントセブンス・コード:ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール /
スパニッシュ8ノート・スケール

P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール[修正後]
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
無名
P1stm2ndM2ndm3rdM3rdP4thaug4th
dim5th
P5thm6thM6thm7thM7th
スパニッシュ8ノート・スケール[修正後]
vbvivibviiviiibiiiibiiiiiiiv#iv
bv
ドミナントセブンス・コード(ホールトーン・スケール)との対応関係

ホールトーン・スケールを根拠とするドミナントセブンス・コードに解決する場合も、
先行するドミナントセブンス・コードのコード・スケールは、
長6度が特徴になる一般的ではないスケールになります。
こちらも長6度に修正を加え、ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
スパニッシュ8ノート・スケールをコード・スケールとして構成するのは、
ミクソリディアンb6th・スケールをコード・スケールにもつコードに
解決するケースと同じです。


ドミナントセブンス・コードの連結における
後続のコードからコード・スケールを構成することについて整理してみました。


以上、コード・スケールのことについて、10回に分けて整理してみました。
とっつきにくい内容ですが、うまく消化できれば作曲・編曲コードアレンジ
インプロヴィゼーションなどに応用が利くと思います。
かなりラフにまとめているので、より詳細な内容を知りたい場合は、
音楽理論について解説している本を当たることをお勧めします。
参考になれば幸いです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事