らららブログ

【メガバガ】BRING me the STARを実況してみた

2013/12/06 18:47 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • メガバガ
  • 実況プレイ動画
  • 紹介
こんにちは、私です。
本日、ゲーム実況プレイ動画をアップしました。
アップした動画はこちら。



この記事では今回遊んだゲームの紹介をします。
ぜひ遊んでみてくださいね。

ゲーム名:BRING me the STAR
ゲームURL:http://www.gamezhero.com/games/bringmethestar
開発元:One Good Game studio
開発元URL:http://onegoodgame.com/
ハード:ブラウザ
ジャンル:横スクロールアクション
プレイ人数:1人
プレイ時間:10分

今回は相方のたっつーが持ち寄ったゲームを私がプレイしました。
タイトルの通り、星のかけらを持ってくるゲームです。
このゲームの最大の魅力は反転能力でしょう。

反転とは言い換えれば、プレイ中に反重力状態にできるということです。
以前、プレイしたReverieではプレイ中に夢の世界に移動できる能力がありました。
BRING me the STARもそうしたプレイ中の能力発動を魅力にしています。

ポーズ中に自分だけ動ける能力などゲームの謎を解くために必要になってくるギミックがある横スクロールアクションはたくさんあります。
有名どころはクローバースタジオ開発の『ビューティフルジョー』でしょうか。

個人的に「ポーズ中に自分だけ動ける」「夢の世界に移動できる」というアイディアよりも「反重力状態にできる」というアイディアの方がおもしろいと思います。
ですが、このアイディア、任天堂の『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』で見ました。

ゼルダの伝説で先を越されていようと横スクロールには横スクロールの強みがあります。
好きなタイミングで反重力を使えることも使い方次第でスリルを味わえるはず。
そうしたアイディアの源泉掛け流しを楽しめるのがBRING me the STARだと思います。

さて、今回の実況プレイ動画は単発ものです。
単発ものの難しさは編集で省略する間もないということですね。
だからちょっと長めの17分46秒になってしまいました。

動画の長さは15分以内に収めるというのを私は心がけています。
それ以上は移動時間に楽しむには長いんですよ。
私は電車の中で動画を見るのですが、30分にもなると中断せざるを得ないことがあります。

そうなると途中から読み込みができなくて困ってしまうことが多々あるのです。
やはり15分くらいが妥当、というのが私の感覚にあって、そういうわけで私の投稿するもののほとんどが15分程度の動画ばかりになっています。

PCユーザの方はPart移動が面倒かもしれません。
申し訳ないのですが、これからも15分程度の動画にお付き合いいただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

動画の他にラジオも15分程度にしております。
もしよろしければ通勤通学のお供にどうでしょうか。



ではでは、バイバイ(*´ω`)ノシ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事