ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

しろあくのブロマガ

1周年まとめ動画【見所編】のシーン選抜のあれこれ

2019/06/22 12:48 投稿

  • タグ:
  • 因幡はねる
  • Vtuber
投稿した1周年記念まとめ動画(sm35283173)に関して、Twitter上でフォロワーさんに行ったアンケートの結果を一部見せながら、動画内で使ったシーンの補足などをしようかと思います。


見所編にはアンケートのうちの
「Q1 因幡はねるさんに関して、特に面白いと思う魅力を3つまで教えてください」と
「Q2 因幡はねるさんの放送または、放送シーンの中で特に面白いなと思った放送や具体的なシーンを3つまで教えてください」の結果を使用しました。

細かい回答の表現の違いなどをまとめて、ざっくり種類別に集計するとQ1の方では
「暴言・危険な発言・鋭い発言」が39件、
「闇(陰)なところ」「リスナーとの関係性(コメント拾い・いじり・監視)」がそれぞれ29件、
「賢いところ」が25件、
「組長(どすの利いた声・ムーブ・発言)」が23件、
「下ネタ」「企画」がそれぞれが14件、
「嫉妬・妬みムーブ」が9件
「おじさんぽいところ」が8件
「他Vtuber(あにまーれなど)との絡み方」が6件
(以下省略)
のような結果になっていました。

また、Q2の方では、
「VakaTuber」が29件、
「GTA」が17件、
「Goat Simulator」が15件、
「Party_Hard」「さなねる」「デート企画」「あにまーれコラボ」がそれぞれ13件、
「アンチハニスト回」が11件、
「ドリームクラブ実況」が10件、
「診断系アプリ」が8件、
「3Dお披露目放送」「山」が6件
(以下略)
のような結果になっていました。

これらの結果から、10分でできるだけQ1の魅力を伝えられるように、Q2のシーンから選抜してまとめ動画に使用しました。

まとめ動画内ではまず「GTAのストリップショーシーン」を使いました。これはQ2の『GTA』とQ1の「おじさんぽいところ」を表すシーンにしました。

次は「ハニストアンチ回シーン」では、Q2の『ハニストアンチ回』の中でも、Q1「リスナーとの関係性が現れるシーン」と「組長」と「嫉妬・恨みムーブ」を表すシーンにしました。「因幡組」の説明ができたり、「よく放送中ある胸いじり」なども入れられたので特にありがたいシーンでしたね。

次に「Goat Simulatorで陽キャを焼くシーン」ですが、Q2「Goat Simulator」を含みつつ、Q1「闇(陰)なところ」を表すシーンに使用しました。特に動画内で使ったシーンは、因幡はねるさんの嫌いなものをあげてくれているシーンでもあったので、このシーンを使用しました。

次に「夏祭り記念放送」のシーンはQ2「デート企画」を含んでいるシーンです。ここではQ1の「企画」のシーンにもなっています。
動画内では、今までまとめに使用しておらず、かつ、放送でたびたび出る「美術的な才能」に触れられるシーンだったのでこのシーンを使用しました。ななしさんと宗谷さんいじりも、あにまーれ内でよくみられるネタなのでついでに収録しました。
本当は、花火の映像時にリスナーさんと「来年は花火大会をもっといい浴衣で一緒に見たいね」話すシーンなども入れたかったのですが、時間の関係上、そして面白いところに焦点を当てる今回のコンセプトに合わないためカットしました。

次に、「名取さなさんとの馴れ初めシーン・さなねる診療所」ですが、Q2「さなねる」を含みつつ、Q1「他Vtuberとの絡み方」「鋭い発言」を含んでいるシーンです。
名取さなさんは因幡はねるさんの交友関係でも特に仲のいい箱外のVtuberさんであり、放送でもたびたび触れられたりするので、長めに尺を取っています。初がらみシーンかつ「売名ネタ」を含んでいるシーンを前半に、後半のさなねる診療所のこのシーンは「行き過ぎてない下ネタかつ、動画内でも反応のよかったシーン」なので使用しました。

次の「心理テスト回シーン」では、Q2「診断系アプリ」を含みつつ、Q1「暴言・危険な発言・鋭い発言」「嫉妬・恨みムーブ」「下ネタ」を含むシーンにしました。この2つのシーンは心理テスト回でも特に反応が良かったシーンなのでここを使いました。

次の「3Dぐーちょきぱーシーン」では、Q2「3Dお披露目回」を含みつつ、Q1「下ネタ」を表すシーンにしました。この放送回自体はすでに紹介した魅力を補足しているだけですが、3Dモデルが存在することやそのクオリティの高さ、可愛さを紹介できるシーンとして入れました。

最後の「お誕生日お祝いシーン」は、Q2「あにまーれコラボ」を含むシーンです。Q1では「他Vtuber(あにまーれなど)との絡み方」のシーンになります。あにまーれ内の因幡はねるさんの雰囲気や、あにまーれ流の交流方法(殴り合い)がよくわかるシーンとしてまとめ動画内でも使用したシーンを使用しています。数あるコラボ回でこのシーンを使用したのは、この回が一番記事を書いている現在のあにまーれメンバーと因幡はねるさんの仲の良さや立ち位置に近いかなと思ったのでシーン抜粋はこの回にしました(※3D24時間放送を使わなかったのは編集段階でまだ存在していなかったのと、短時間で雰囲気を伝えるシーンに最適だという判断です)。

動画内で使用しなかった人気の面白いシーンについて

そして、Q2の中でも特に人気だった「Vakatuber」企画(及びQ1の「賢いところ」)を入れてないのは、1周年まとめ動画後編に制作予定の【魅力編】のまとめ動画内で使用と決めたためです。また、Q1で多かった「賢いところ」は面白いところというよりはどちらかというと、一般的には「面白い以外の魅力」に該当するかと思ったためでもあります。

Q2「Party_Hard」に関しても、本ゲームの性質上ゲームの説明をしないとわからないところが多く、短時間で「闇(陰)なところ」「嫉妬・妬みムーブ」などを説明しずらいかなという考えがあったのと、「Goat Simulator」シーンとの被りのためカットしました。

Q2「ドリクラ実況」に関しても同様に、短時間で魅力を紹介しずらいかなというのと、ほかのシーンで紹介した魅力と被るかなと思いカットしています。

Q2「山」は個人的な感情からカットしました! 短時間で魅力を紹介しずらいかなというのと、ほかのシーンで紹介した魅力と被るかなと思いカットしています。

最後に

以上がシーン選抜の理由とアンケート結果で多かった回答の集計になります!
近いうちに「【10分でわかる】因幡はねるデビュー1年まとめ【魅力編】」も投稿予定なので投稿したらまた記事を書くかもしれません。

それでは、ここまでつたない文章を読んでくださった読者様に感謝を。

  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事