ラティ tea timeのブロマガ

メガマンダジバコ+フェアリー@3構築

2016/07/29 06:46 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ORAS
  • レート
  • 構築記事
  • ボーマンダ
  • ジバコイル
  • サイクル




マンダジバコフェアリー
1.マンダジバコで組む利点
厨ポケと呼ばれるレートでみられるポケモン上位に刺さる。
お互いの相性の悪いポケモンをタイプ受けし見られること。
両ポケモンに対する抜群をとれるタイプが少なくまた、いまひとつのタイプが多いこと。
サイクルPTにおいてもヤーティに近いぐらいの圧倒的火力を常に出せること。
レートで見受けられる鬼火、毒毒、電磁波に他のサイクルパ以上に強く出れること
(マンダが空元気を採用していれば毒毒、鬼火は起点。電磁波も場合により起点。また、ジバコイルは毒毒、電磁波無効)





メガボーマンダの役割
威嚇を巻きつつ高火力で3縦を狙う。
羽休め竜の舞を採用することで耐久ポケモンに負担をかけ時には起点にする。


役割対象ポケモン
ガルーラ、ゲンガー、ファイアロー、バシャーモ、クレセリア、ギルガルド、スイクン、フシギバナなど


ジバコイルの役割
毒毒、電磁波を流しつつボルトチェンジで負担をかける。
優秀なタイプゆえ対面で詰むポケモンも多いので裏のポケモンを早々に把握できる。

役割対象ポケモン
ガブリアス、ゲンガー、ファイアロー、ボルトロス、ボーマンダ、クレセリア、スイクンなど


フェアリー採用理由
この2体では非常に悪ポケモンと格闘ポケモンが重いため。
またこの2体にできない起点作りをできるポケモンが多いため。
またドラゴンタイプのポケモンがほぼ炎技を覚えるので重くなりがちだが優秀な受け数値を持つポケモンが多い点にもある。


フェアリー採用候補ポケモン


ピクシー
レート環境は小さくなる型が多いが、サポ―トとしても優秀なステルスロック、電磁波、毒毒、両壁や少し珍しいが神秘の守りや願い事がある。
また特性天然とアンコールのコンボで積んでくるポケモンを許さない。



トゲキッス
攻撃面でも補助面でも優秀。
種族値S80からの悪だくみエアスラッシュもさることながら、毒毒電磁波、両壁、癒しの鈴と技が豊富。
また起点回避のこだわりトリックも採用できるポケモン。




 マリルリ
圧倒的火力とマンダジバコに一番相性が良いポケモン。
フェアリー水をタイプにもつこのポケモンは上記2体と組むことでほぼすべてのポケモンがみれる。
貴重な先制技持ちのポケモン。
1つ欠点があり補助で採用しない場合は表選出がアタッカーのみとなる。
補助にすると火力は見込めなくなるが、滅びの歌、毒毒、アンコール、地ならしを組み込むことができる(※滅びアンコの両立はできないので注意)


グランブル
威嚇とゆう素晴らしい特性により威嚇2枚構築を可能にする。
また高いH・A数値を持つのも特徴として挙げられるがD耐久が少し心配なところ・・・
素晴らしい技範囲と補助技を持ち、癒しの鈴、吠える、毒毒、岩石封じとサポートとしてもアタッカーとしても活躍の見込めるポケモン。



  サーナイト
メガ枠での採用も見込めるポケモン(ハイボが入るのでPTと要相談)
エスパーとゆう素晴らしいタイプをもっているので鋼ポケモン以外に等倍をとることのできるポケモン。
サイコキネシス、フェアリー技、気合玉と高火力の技も覚えるがサポートとしてもフェアリーダントツの機能を持つ。
癒しの波動、願い事、凍える風、癒しの鈴、トリック、スキルスワップ、金縛り、アンコール、毒毒電磁波鬼火、トリックルーム、ちょうはつと圧倒的


エルフーン
圧倒的ハメ殺し性能。
タイプ相性としてはフェアリーの中ではいまいちの部類に入るが構築的には抜群相性。
宿り木でのサポートもハメハメもピカイチ。
宿り木の種、置き土産、悩みの種、挑発、毒毒痺れ粉、
アンコール、神秘の守り、トリックルーム、光の壁
またコトンガードでのゴツメ枠採用をすれば重いガブリアスがある程度安定する。


ペロッパフ
数値こそ少し足りないがエースとしてもサポートとしても優秀なポケモン。
エースにするなら腹太鼓軽業だがマリルリと仕事がかぶるのが傷。
しかしS2倍からの6段階上昇技はピカイチ。
願い事、神秘の守り、癒しの鈴、あくび、光の壁、毒毒


 
ニンフィア
基本身代り貫通の音技を採用できる唯一のポケモン。(ハイパーボイス、いびき)
他のポケモンにまねできない瞑想あくびバトンを始め、癒しの鈴、毒毒、両壁、神秘の守りとサポートしつつこのポケモンで重いポケモンに大ダメージを稼ぐことができる。
また先制で中火力の電光石火を打つことができる。(マリルリのアクジェあり)



デデンネ
マンダジバコと相性抜群なのだが圧倒的数値不足・・・
リサイクルハメハメや投げつけるで起点を作るだけだはなく襷つぶしのほっぺすりすりや上から重いポケモンへ怒りの前歯、怪電波でのマンダサポート、毒毒などを覚える。



クレッフィ
言わずと知れた害悪ポケモン。
テンプレのでんじはいばみがイカサマはもちろんのこと電磁浮遊、鉄壁ゴツメもこの構築には相性がいい。
回復ソースはねむるやドレインキッス。
両壁も有名ではあるが他に、まきびし、毒毒、神秘の守りがある。




完全メガ進化前提なので難しいポケモン


裏でくませれば強いだろうが構築的にやはり意味を持ちたい次第である。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事