ラティ tea timeのブロマガ

ポケモンバトルに新規参入、レートをあげたい方へ

2016/05/10 17:14 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ORAS
  • レート
  • シングルレート
  • ポケモンORAS
みなさんこんにちは!
今日はあたらしいサンムーンの情報が楽しみですね!
ということで今からでも遅くないポケモンバトルの基礎知識を私なりにまとめ皆さんの知識に役立てればと思います。
また、投稿主もそこまで強くはありませんのであしからず・・・
またかなり初心者の方向けとなっております。


では早速・・・
まず皆さまは、ポケモンにおける3値というものをご存知でしょうか?
3値とは、種族値、個体値、努力値のことです。

種族値とは?
もともとのそのポケモンの能力のことです。
例えば私の大好きなバシャーモの場合


HP80 攻撃120 防御70 特攻110 特防70 素早さ80

つまりバシャーモのもともとの基準数値はこれで固定となり残りの2値でそのポケモンの最終数値が決まります。

続いて個体値
ポケモン1匹1匹の強さのことです。
一つ一つ(例えばA)に0から31までの強さがあります。
31に近ければ近いほどその能力がたかいことになります。
ポケモンによってはすべてが31だからと言って強いとは限りません。
気になる方は、トリックルームや威張る、イカサマという技を調べてみましょう。
ここでは省かせていただきます。
またこの個体値というのはとても重要なものの理由がもう一つ挙げられます。
それは、目覚めるパワーという技です。
この技は威力60命中率100の技ですが目覚めるパワーを覚えるポケモンは(例外を省きほとんど覚えます)フェアリー、ノーマルを以外のすべての中から1つのタイプの技を繰り出すことができます。
そのタイプの決定が個体値にあるのです。

目覚めるパワー判定
http://blog.livedoor.jp/yamabukicity/archives/17425655.html

目覚めるパワー数字
http://www54.atwiki.jp/poyon/pages/30.html

どう大事かといいますと例えばニンフィアとヒードランの対面
ニンフィアには基本ヒードランに対してこうかがいまひとつの技しかありませんが目覚めるパワー地面があると4倍の弱点がつけるということです。

っと、あまりうだうだ話していても頭がパンクするだけだと思いますのでこのへんで・・・

目覚めるパワーもちのポケモンの個体値の判定の仕方
http://blog.livedoor.jp/yashioyuuike/archives/18496793.html

個体値カリキュレーター
http://yakkun.com/dp/ic.htm

最後に努力値
これは、そのポケモンのどこを強くしたいか自分で決めれる能力です。
最大510(508)ポイントを1匹のポケモンに対して強化することができます。
1つの能力に対して最大252ポイントまで増やすことができます。
またレベルによって増昇数値は違いますがレートの場合50レベル以上は50レベルになりますので・・・
個体値が奇数値の場合最初の努力値4ポイントで実数値1上がりあとは8の倍数ごとに実数値1上がります(4+8n)→1+n=上がる数値(nは、8を何個という意味)

偶数の場合は8nで実数値1上がっていきます。
1上がるごとに相手に与えるダメージや受けるダメージが変わっていきます(数値が極端に低くない限り1振ってもそこまで変わらないのでどのくらいどこに振るかがとても大切)


努力値の振り方
http://blog.game-de.com/pm-oras/oras-doryoku-matome/

n調整の仕方←慣れてきて必要にならない限り強い方の調整や、奇数調整で勉強するのがいいと思います
http://www57.atwiki.jp/pokemon6th/pages/622.html




育成の基本を理解できたと思いますので次は対戦!


ポケモンバトルにおける重要要素5つ(タイプ、特性、補助技、持ち物、性格)

はじめにタイプ
これがわからないとポケモンバトルは始まりません。
そこまではみなさんも周知だと思いますが・・・
みなさんはポケモンバトルにおいて効果抜群ばかり考えていませんか(・・?
もちろん効果抜群をとることを考えるのはとても大事です。
しかしながら私はもっと大事なことがあると思っているのです。
それはいかに効果いま一つのポケモンを入れるかです。

例えばレートで猛威を振るっているファイアローをサンダーで止めたい場合・・・

鉢巻を巻いたA特化のファイアローのブレイブバードがHB特化(俗にゆうぶっぱ)のサンダーにどれだけ入るでしょう(・・?

答えは25.3から29、9パーセントです。

これなら安定してファイアローや後続に負担をかけれますね!
もちろんフレアドライブのことを考えたりしないといけませんが・・・ここもポケモンの面白さ♪

性格については後程解説いたします。

このようにいかに抜群を取られる体面にありながらも後ろのポケモンを出しいかに受けるか、どう読むかが大事なゲームなのです。
(俗にゆうヤンキープレイで不利対面ながら相手がこちらの行動を読んでくることを想定し裏をかいていくかもだいじですが・・・)←理由なくやっては絶対にだめ。負けに近づくでけですので・・・

ちなみに私はこのツールをもとに考えるのがとてもお勧めです。
http://pokemon.gamer-log.com/toolaisho/

+してレートに多いポケモンをいかに見ていくか考えるのがよいでしょう。
↑こちらについては後程記載

なぜならタイプ相性すらも無視する高耐久、高火力のポケモンなどもいるからです。



↑ポケモンには複合タイプが多数いるので気を付けましょう。

特性
これがポケモンバトルにおける革命的システムだといっても過言ではありません。
低種族値でありながら活躍できるポケモンはタイプまたはこの特性およびその両方を有しているのです。

例えばいたずら心
ボルトロス以外のいたずら心を特性としたポケモンの種族値はこぞって低いですが先制して補助技をうてるとこにその強さあります。
これにより安定して後続サポートなどができるのです。

例えば加速
バシャーモやペンドラー
1ターンごとに素早さが1段階上がる特性はトリックルームや電磁波でない限り、うえからたたけるようになる優れた特性です。
またバトンタッチやビルドアップと後続へつなげれる優秀な技も覚えます。

再生力のヤドランやモロバレルなど
ダメージを受けても手持ちに戻すことでHPの1/3回復はまさに相手絶望感を与えます。


ほかにも素晴らしい特性がたくさんあります。
みなさんもいろいろな特性に可能性をつくてみてはいかがですか(・・?

補助技
これは永遠の勝ち筋を生み出しこれは相手を積ませる起点を作り出しそして私たちに絶望感を与える技。

これに関しては説明不要かとも思いますが・・・

例えば電磁波
これは相手のSを1/4にしつつ25パーセントの確率で動けなくする技です。
この技で何度歓喜し何度泣いたことか・・・

例えばステルスロック
この技はリザードンやファイアローに約半分のダメージを交換の際与えられるだけでなく(交換前に巻く必要あり)襷をつぶせるとても強力な技です。

ほかにもたくさんの補助技ありますが・・・
↓こちらの一覧を参照に
http://yakkun.com/xy/move_list.htm?cat=0

持ち物
先ほどちらっと出てきた気合の襷
これはHPマックスの時一撃で瀕死になるものが1耐える道具です。
有名な例としてはファイアロー対キノガッサの対面
Sは抜かれ、飛行技で4倍弱点を突かれていますが襷で耐えることにより岩石封じでたおすことができます。

このように持ち物によってポケモンバトルは勝敗がゴロッと変わるのです。

最後に性格
これによりポケモンの最後の能力上昇下降がきまります。
例えばAに頼った技しかないのであれば使わないCをさげるのがよいとか・・・
ポケモンの能力や覚える技によったり、どんな役割を持たせるかで決めるのがよいでしょう






シングルレートでよく見るポケモン

S級(レート使用率上位12体)(対策必須級)





A級(できうる限り穴がないよう対策級)
ノーマル・


炎・

水・

↑メガ含む
草・

電気・

氷・

格闘・

毒・×



地面・


飛行・×


エスパー・×


虫・

岩・


ゴースト・
×

ドラゴン・


悪・×

鋼・

フェアリー・




B級ポケ(A級に準ずる対策級)
ノーマル・メタモン、ハピナス、Ⓜ︎ミミロップ、ホルード、
炎・エンテイ、シャンデラ、
水・(Ⓜ︎)ギャラドス、ニョロトノ、⭐️ヌオー、キングドラ、Ⓜ︎ラグラージ、⭐️トリトドン、
草・Ⓜ︎フシギバナ、エルフーン、モロバレル
電気・ライコウ、Ⓜ︎ライボルト、ジバコイル
氷・パルシェン、ラプラス、マニューラ
格闘・
毒・
地面・ドリュウズ、ドサイドン
飛行・
エスパー・ソーナンス
虫・
岩・
ゴースト・(Ⓜ︎)ヤミラミ、サマヨール、ブルンゲル
ドラゴン・カイリュー、ラティ兄弟、
悪・バルジーナ、ブラッキー、レパルダス
鋼・エアームド、(Ⓜ︎)メタグロス、(Ⓜ︎)ハッサム
フェアリー・トゲキッス、ピクシー


中堅ポケ(できうる限り対策したい級) 
↑上記ポケ対策の際ほぼ対策ができていることが多い

ノーマル・Ⓜ︎ピジョット、カビゴン、ドーブル、バクオング、カクレオン、ムクホーク、
炎・ウインディ、ゴウカザル、エンブオー、ヒヒダルマ、
水・Ⓜ︎カメックス、毒クラゲ、オムスター、シャワーズ、オーダイル、(Ⓜ︎)サメハダー、シザリガー、ミロカロス、ブルンゲル、
草・モジャンボ、オーロット、パンプジン
電気・サンダース、ランターン、Ⓜ︎デンリュウ、エレザード
氷・(Ⓜ︎)ユキノオー、アマルルガ
格闘・Ⓜ︎エルレイド、テラキオン、
毒・ニドクイン、ニドキング、ベトベトン、マタドガス、クロバット、マルノーム、
地面・ワルビアル、ゴルーグ
飛行・
エスパー・(Ⓜ︎)フーディン、ニャオニクス、アグノム
虫・Ⓜ︎カイロス、ペンドラー、Ⓜ︎スピアー、ビビヨン
岩・ガチゴラス
ゴースト・デスカーン
ドラゴン・オンバーン、オノノクス、ヌメルゴン
悪・キリキザン、カラマネロ
鋼・(Ⓜ︎)ボスゴドラ、
フェアリー・Ⓜ︎チルタリス、ペロリーム

追記
⭐️←流行りのため5月10日現在格上げしたポケモン
(Ⓜ︎)←メガするものしないものが存在するため


追記 PTの組み方
ポケモンは手持ち6体の中から3体を出すゲームです。
つまり攻撃ポケ、特殊ポケ、攻撃を受けるBの高いポケ同じように特殊受け、補助技搭載ポケや両刀で役割を破壊するポケなどバランスよく組むことも大事です。
特殊攻撃ポケばかり入れすぎてラッキーに積むとかそうゆうことにもなりかねません。
強い方の中にはそうゆう方もいますがちゃんとした考えによる構築ですので最初はマネしないほうが得策です。

基本は、物理特殊攻撃を2~3体ずつ
うち1体ずつA受け、C受けのポケモンをいれます。
また、1~2体は補助技を持ったポケモンをいれます。
もちろんこのとき先ほどお話ししましたタイプによる受けや、使用率の高いポケモンをどう受けるかを考えましょう。
そのうちダメージやどんな技構成があり得るのかわかってきます。←爆弾もいますが・・・



またつらい場面が多くなるかもですが努力値やタイプ相性、ポケモンの回し方を勉強するのにヤーティと呼ばれる構築もお勧めです。
なぜつらいかというと構築のポケモンの努力値(HAまたはHCのぶっぱsに振らない)や補助技を切っていることがPT単位でみることでばれるからです。
それでもこの構築でレート2000を超える方がいるのもまた事実です。
ある程度完成されたPTの一つといってもよいでしょう。
http://www29.atwiki.jp/yakuwarironri66/pages/751.html




それ以外のポケモンだ積んだ場合はお相手が強かっただけと割り切りましょう。
6匹の手持ちで全部のポケモンを見ることは不可能ですので!


また強い方のブログをチェックしよう
流行りや調整などとても勉強になります。

滝沢ブログ(レート上位2000以上の方を毎シーズン掲載)
http://aaaapokemon.blog.fc2.com/

ライトさんの害悪撲滅日記
流行りの調整&テンプレ構築など掲載
http://light-pokemon-single.blog.jp/

      



PT単位の構築も覚えていこう♪
偽装のPTなどももちろんいますが、ある程度完成されたPTには名前がついていますので大切な情報といえます。
(ヤーティ、受ける、スタンパ、ボルトランドコントロール、レパルガッサメタモン、砂ぱ、雨ぱなど・・・他のPTとギミックが合えばそれと組ませてることもあります。)




ここまでお読みくださりありがとうございます。
長ったらしく読みずらかったと思います。
ここからは机上論から実際にみなさんがくじけずどこまで強くなれるかが鍵です。
頑張ってください。
私自身も長らく結果が出せずレートから逃げていましたが私でも上位5パーセントのレートに上がれました。
みなさんも絶対にできます。
では、よいポケモンライフを!



追記
今回、一部無断転載となっております。
管理者の方が、万が一不都合な場合指摘していただきますようよろしくお願いいたします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事