zatsuneのまったり感想ブログ

投稿動画後日談2【ボカロメドレー編】

2020/03/11 20:26 投稿

  • タグ:
  • VOCALOIDメドレー
  • 40mP
  • 演奏してみた
  • 弾いてみた
  • 和楽器
  • 十七絃
Zatsuneです。
第2回はボカロ和楽器】「40mP/VOCALOIDメドレー」を箏と十七絃で混ぜ合わせについて色々感想など書いていきます。

動画はこちら↓


後日談
実はこの動画、投稿する前からずっとメドレー形式の演奏動画を出したくて、密かに構成を練っていたものなんですよね…!
VOCALOIDの曲も弾きたいなぁと思っていたのもありますが、それならば大好きな40mP様の曲をたくさん繋げてメドレーにしてみようかと思い、制作した動画であります。

7曲それぞれを綺麗に繋げていくのはなかなか大変でしたね~、それも一人のボカロP様の楽曲縛りとなると順番などを考えるのも色々難儀しました…w
それでも、それ以上に頭の中で曲が次々と切り替わるような構成が徐々にできるのが楽しくて、夢中になって作っていたのを憶えています。

当時はまだまだ和楽器も始めたばかりでしたので(今でもひよっ子ですが)、サビとイントロで繋げる、という趣旨の裏には「短く済むので気が楽」という目的もありました…w
その分編集作業が大変になりましたけどね…w

3年…というかもう3年経つのか Σ という感じなんですが、少し成長した今、またボカロメドレーシリーズに挑戦していきたいですね。

曲の構成について

ここからは動画内の7曲についての話になります。

1.タイムマシン
2.トリノコシティ
3.恋愛裁判
4.シリョクケンサ
5.ハートブレイク・ヘッドライン
6妄想スケッチ
7.からくりピエロ

以上の順番で構成されております。

1.「タイムマシン」について
まずメドレーを作るにおいて最初の曲は重要だなと思いましたね~
活発な曲が最初だと少し気分的に疲れてしまうし、ゆったり過ぎても少し眠くなってしまう。
その中間的なテンポ曲調を担っていたのが、この「タイムマシン」という訳ですね。
イントロのタラララランの部分の箏の響きが綺麗で、見る人を惹きつけられるかなぁといった点も個人的に良かったかなぁといった感じです。
十七絃のパートも、徐々に盛り上がっていくようなライン作りがある所もポイントですね。

2.「トリノコシティ」について
タイムマシンから繋げる際に、「イヤホンで閉じ込めたよ」の「よ」のG♯の音からイントロのF♯の音に転調させるのがベストかなと考え、繋ぎから曲調もかなり変わる所が面白いなぁと思ったので「トリノコシティ」になりました。
和楽器とはだいぶ無縁そうな立ち位置にいそうなこの曲ですが、なんとか頑張って弾きました…w

3.「恋愛裁判」について
トリノコシティから繋げる際に相性が良くて、「一人でできるから」の最後のF♯からイントロのC♯への移行がスムーズ且つ綺麗にまとまったなぁと思います。
またメドレー中で一番苦戦した曲でもありまして、特にイントロ部分の指の動きがなかなかカオスな事になっていますね~…w
何度もリテイクした憶えがあります…この難しさ、ギルティー

4.「シリョクケンサ」について
ここの移行が個人的に一番好きなポイントで、恋愛裁判サビ終わりの間奏とシリョクケンサのイントロの部分が、明るい部分から雰囲気が少し変わっていくショになって尚且つテンポがほぼ一緒でしたので凄く綺麗にまとまりました。
そして7曲の中でも一番好きな曲でもあります…!
イントロの部分の箏の押手の所が私的にすごい上手くできたなぁと思いますのでそちらも是非聴いてみてください。
ちなみにサビの部分で譜面台に視力検査の表が置かれてあります…w
お気づきになられた方もいるでしょうか?

5.「ハートブレイク・ヘッドライン」について
ここからまた雰囲気がガラッと変わります。
この曲と後述の妄想スケッチとの溶接の相性が非常に良くて、良かっただけにどの順番で入れようかと悩んだ部分もありますね。
恋愛裁判からシリョクケンサと、人の愛情に関する曲が続いた中でのこの曲への繋ぎも、今思うとなかなか面白い組み合わせだったのかなぁと感じます…w

6.「妄想スケッチ」について
引き続きアップテンポな曲となります。
この曲とハードブレイク・ヘッドライン調号が同じで、これまた繋ぎが綺麗に入った部分ですね。
恐らくメドレー一番違和感の無い繋ぎだったのではないでしょうか。
また恋愛裁判の次にイントロが難しかった記憶があります…w
サビの十七絃の押手の部分がいい感じに強調されてカッコよく仕上がったなぁという印象です。

7.「からくりピエロ」について
最後の曲です。
締めくくりはしっとりとした曲で終わらせたいと初めから決めていたので、この曲はラストを飾るのにうってつけの曲でしたね。
最後、ミクが背景で手を振るシーンがありますが、種明かしをすると、後ろに手をまわして指が映らないように気を付けながら手を動かしていた、という感じです…w
ちなみにこのミクの人形、各曲それぞれ位置を微妙に変えています。
譜面台に乗せるのは中々大変でした…w

あとがき
さて、各曲にそれぞれ解説などを書いてみましたが如何でしたでしょうか。
どの曲も思い入れが強くメドレーにできた事が本当にうれしくて、未だに自ら動画を見返したりしています。
また機会がありましたら同じ構成、または別の曲を追加したりして弾いてみたいですね。
今度は1コーラスに拡張したりしても良いかもしれませんね。
すごく長い動画になりそうですが…w

次回は3つめの動画、東方和楽器東方地霊殿5面道中曲「廃獄ララバイ」を箏と十七絃で子守歌について色々感想などを書き記していきます

では。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事