く~やのブロマガ

pixivの「自称初投稿兄貴」タグ職人の朝は早い

2016/11/26 22:21 投稿

  • タグ:
  • 自称初投稿兄貴
  • pixiv
  • タグ職人
初投稿です。
今回は、特殊界隈の人にしか理解できない内輪ネタについて書きます。

pixivでは「自称初投稿兄貴」というタグがよく利用されています。ニコニコ動画やpixivで例のアレ系の作品を(積極的に)閲覧したことのある人ならご存知でしょう。
これは、その分野の愛好者がイラストを投稿する際に、キャプションに「初投稿です」と書き添えている事から生まれる現象です。
初投稿であろうが常連だろうが、その方面の人達の間では、とにかく「初投稿です」と書き添える事が一種のお約束になっており、それに呼応しての行いであると言えます。

僕もこれを2~3度行ってイラストを投稿したことがあるのですが、翌日にはこのタグが付いていました。他の投稿者の様子も観察していると、どうやら彼(彼ら?)の「初投稿ですセンサー」の精度は非常に高いようで、毎日のように該当する新作に対して、このタグが付けられているようなのです。


稿です。
みたいな縦読み方式だったり、
初登校です。
といった誤字にすら機敏に反応できている事、投稿者が女性だったら「自称初投稿姉貴」となっていること、そして本当の初投稿のイラストに「初投稿です」と書かれているケースではこのタグが付いていないという事を考えると、かなり真面目に仕事をしているなと感じます。
もちろん、プログラムによる自動化という可能性もあるのですが、投稿後4~10分でそのタグが付いていることもあれば、翌日に付いているという事もあることから、その可能性は低いと僕は見ています。
ですので、同じような変わり者が複数人でこういうタグを付けているのだと、最初は思っていました。
ところが、僕の3枚のイラストに限って言えば、タグを付けたのはすべて同一人物であることを後になって知りました。
僕みたいな泡沫投稿者におっかけやストーカーなどは居るはずもなく、この人はもしや、pixivの新着画像をすべて閲覧しているのではないかと考えざるを得ません。

該当するイラストは実に2000件を超えますが、なんせ、どのようなジャンルの絵を描こうが、キャプションに「初投稿です」という文字列が含まれているだけで、そのタグが付与されるわけですから実用性は皆無に等しいのです。
ほとんどのイラストがこの人の仕事によるものだと仮定すると、この人は一体なぜそこまで必死にこのタグを付け回っているのかと不思議でなりません。
しかし、僕はこの人にたまらなく魅了されている事も事実なのです。
ニコニコ動画のタグ職人の例は言うに及ばず、こういう人たちの存在もコンテンツを盛り上げるために一役買っていると言えるのではないでしょうか。
(無論、迷惑がっている投稿者が多少なりとも存在するのも事実ですが・・・)

IDを書くわけには行きませんが、6000000番台の会員の方です。下一桁は0です。
もし「俺のは違うゾ」という方がいらっしゃったら、コメントください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事