く~やのブロマガ

pixivで自画自賛タグを付けるのは悪い事か?

2016/11/05 01:39 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • pixiv
  • イラスト
  • お絵描き
pixivの公開作品に付与されているタグで、灰色の*(アスタリスク)がタグの前についているものが、投稿者自身の設定によるものだということは、ユーザーなら大体みなさんご存知だと思います。
これは第三者による偽装は不可能なのだけれども、この仕様を知ってか知らずか、『*期待の新人』『*もっと評価されるべき』『*圧倒的画力』『*なにこれかわいい』『*10点じゃ足りない』『*無名の達人』といった賛辞のタグを自ら設定している投稿者が結構居ます。
その内容によっては、申し訳ないが僕もニヤニヤさせて頂く事がしばしばあります。
こうした行為に対するTwitterなどにおける反応は概ね冷ややかで、だいたいこんな感じ。
この方は極めてまともな反応をされていると思いますが、時にはコメント欄に乗り込んで悪意に満ちた嘲弄に及んでいる者も散見するわけです。
このエントリでは、そうしたタグを付ける投稿者の方々を少し擁護してみたいと思います。

自画自賛はいいんでね?

そりゃ確かに、滑稽かもしれませんよ。自分で自分の作品を褒め称えることは、とりわけ日本人の場合は、滑稽に映る事が多いかもしれません。
でも、僕自身が最近になってイラストを描くようになって、少し見方が変わってきたんです。作品を表現するにあたって、もっと絵描きは図々しくなって良いんじゃないかと。慎ましさも、度が過ぎると悪癖だと最近は思うんです。
そういう立場からすると、自分の投稿作品に自画自賛タグを付けるという行為は、ある意味理想的なメンタリティなんじゃないかと思うんです。
そこまでして自分の作品を見てほしい、注目してほしいと思えるほどの情熱を持って取り組んだ作品って、正直今の僕には一度も無いです。
自分の作品に自信を持つという事は悪い事ではないし、真剣に取り組んで投稿した作品であることだけは疑いようが無いのです。
なので、少なくとも『*10点じゃ足りない』『*力作』『*秀作』『*エロい』といったタグは、別に良いんじゃね?とも思えてくるんです。
今ではそうしたタグで苦笑することはまずないですね。むしろ、そうしたタグを発見した場合、むしろそういう人たちの作品への取り組み方に興味を持ち、Twitterでプチストーキングすることすらあります。(実は、中にはプロと思わしき方も居たりします)

自画自賛は、まあ良いんじゃないでしょうか。僕は多分やりませんけども。

自分自身を持ち上げるタグは、ちょっと・・・。

一方、『*野生のプロ』『*逸材』『*利き腕をくれ』みたいなタグについては、申し訳ないですが、ニヤニヤさせて頂くことが多いです。いや、ほんと、ごめんなさい。
なぜ違和感があるかというと、おそらく前述の自画自賛のタグは、純粋に作品に対する評価を求めての事である一方、自分自身を褒めるタグはそれとは別の願望が込められている分、不純さを感じるからだと思っています。
絵を描くことが自己表現の一つと考えれば、俺を見てくれ、俺を褒めてくれという願望はそりゃ、誰にでもあるでしょう。
ただpixivは主に、絵や小説をアップロードして、コメントや得点を付け合う、作品発表の場だと思います。素敵な作品を通して結果的にその人に関心を持つことはあっても、単に「俺は凄い奴だから見てくれ」が作品よりも先に来ている人には、あまり関心が持てません。

『*なにこれかわいいは、もはやアリ

自画自賛タグとして活用事例が多いものの一つに『*なにこれかわいい』があります。
これは2009年頃にはそこそこ存在していたと記憶しています。もっと古くからあるかもしれません。これは前述の自画自賛タグに属するもので、それに当てはめれば「アリ」と言いたいところですが、すこし思うところがあります。
単に『かわいい』ではなく『なにこれかわいい』なんですよ。通常、この言葉を用いるのは作者以外の誰かでしかあり得ないと思うんです。自分の作品に「なにこれ」は無いでしょうから。そう考えると、自画自賛のあり方としてはちょっと邪だと言わざるを得ません。他人を騙っている事が明白なわけですから。
ですから、これはちょっと寒い行為なんじゃないだろうか・・・・・と思っていたのが数年前です。
現在(2016年)は、アリだと思います。と言いますのも、もはや『なにこれかわいい』は、主に小動物やSDキャラ、愛嬌のあるキャラクターのイラストを指す一つのカテゴリとして、その機能を果たしているからです。そうしたタグでイラストを検索している人も多いでしょう。
ですので、これは自信云々とは別の意味で、ばんばん自分で設定すれば良いと思いますね。
これは、将来そういう絵を描いたときは、僕も遠慮なく使うでしょう。

『*もっと評価されるべき』は微妙

自画自賛の部類になるとは思うのですが、これについては僕はあまり考えを持っていません。
どっちかというと擁護したいタイプです。
だけども、これは投稿時に付けられたものではなく、投稿後しばらく経ってから付けたであろうタグだという点で他と違うんです。
評価(おそらく良い評価の事)されていない事に対する不満をタグに込めている事になるわけです。結果を受け入れていないという点で考えても、この行為には潔さが無い、と思われても仕方がないかもしれません。
ただ、心情的には・・・まぁいいんじゃね?と思わないでもないです。

そんなところですかね。
なので、自画自賛タグは、僕としては、まったく悪い事では無いと思います!!
おわり。

追記:
あと、もう一度言います。投稿者が設定したことを意味する * (アスタリスク)の表示は、灰色です。タグは、*という記号も使うことが出来るので、*なにこれかわいい と入力して、あたかも投稿者がつけたかのように見せかける悪いヤツが居るようです。*にマウスカーソルを合わせるとカーソルが変化(リンクのマウスオーバーってやつ)する場合は、ニセモノだよ。

コメント

YU
No.1 (2017/09/16 12:06)
自画自賛云々よりもタグの本来の用途である検索において非常に邪魔なのです
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事