過酷な企画に屈しないのブロマガ

小話その9。(ネタバレ含みますので注意)

2017/10/19 19:00 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • バラエティ
  • 企画
  • 過酷な企画に屈しない
遂に初雪が観測された北海道でございます。
皆さん、急激な天候の変化に体調を崩されていませんか?
「女心と秋の空」といいますが、こちらは相も変わらず小話をしていきましょう。
というわけで、以下余白。








































































①決算日
Guppyさんの家が消失しました。
頭金4万ドル+ローン4万ドル=8万ドルを支払った家だけに、喪失感は言葉にできないものなんでしょう。
さらに決算日にて株券以外すべて売却。「浮浪野球選手(株・妻子持ち)」と相成りました。中々パフォーマンスな人生を歩んでいます。
決算日ごろには大体もう50~60歳と考えると、「元野球選手の浮浪者(株・妻子持ち)」と表現するのが正しいんでしょうか。

しかしすーぴんさんだって負けていません。決算日のマスでディレクターに「おいしいにおいがする」と言われたように、家族設計に失敗して子どもがいないために三万ドルをもらえず、夫婦で大げんかしたであろうロボット君を売り払うも、やっぱり借金返せず。黒ずくめの人たちに「開拓地」とかいう「地上にある地下帝国」に売り飛ばされそうになります。

そこですーぴんさんが思い出したのが、
「家があるんですよ」
何とか4万ドルををキープしたすーぴんさんも借金完済。
「店舗は持っているけど自宅がないお菓子屋さん(株・妻持ち)」が誕生した瞬間でした。


②ゴールについて
今回の終わりには載せられませんでしたが、実はゴールの方法について決めるシーンがありました。

1.「億万長者の土地」に入ればそのままゴールしたとみなす「突き抜け式」
2.「億万長寿の土地」にはぴったりと止まらなければならない「ピッタリ式」

番組構成上、判断は私にゆだねられました。
そりゃもちろん2「ピッタリ式」ですよ。大逆転劇が見れるでしょうし。

というわけで、次回からはなかなかゴールできない出演者たちの悲喜こもごもをお楽しみに!




さ、次回からいよいよラストスパート。
スタッフも仕掛けていきますよ!

それでは皆様、各自の持ち場にてご健闘願います。ご武運を!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事