KuroYagiのチラシ裏メモ

麻雀雑記 メリハリを付けるということ。

2021/02/18 04:14 投稿

  • タグ:
  • 麻雀
  • KuroYagi
  • 初心者講座
今回はある程度打てるようになった初級者・中級者向けのお話。

メリハリをハッキリ付けろってどういうことなの?

と聞かれたので、まぁ、わからない方もいるのかな。
というわけで今回のお話はコレです。

的に言えば考え方の一つです。
麻雀はその局その局でだいたいの場合、一人しかあがれません。
またほとんどのルールでは、結局最後に点数を一番持ってた人が勝ち、というゲームです。
逆を言えば振り込まなきゃ早々どべにはなりにくいって事なんですけども。
裏返しではないので注意してくださいね。
そんな事言いたいんじゃないんですけど。

といっても長々と語ることなんてそんなねぇので、
次の例で考えてみて
ください。


例)リーチがきました。
今の自分の状況1向聴(後1枚有効牌がきたらテンパイ)です
自分のツモ番で、有効牌をツモりました
1枚現物でもスジ牌でも字牌でもなんでもない牌
通せればテンパイです。どうしましょう??

こういうシーン、少なからず今までの経験であったと思います。
そんな時、あなたはどうしますか?

——————勝負しますか? 

————————降りますか?

まぁ、思い返していただいた場面状況、時と場合によると思います。
じゃあその場で一度降りると決めました。
その後からなんだかよくわからないけど、なんやかんやで
巡目も進んで別の形で
また1枚現物でもなければ字牌でもない牌
通せればテンパイが取れそうです。
あと2−3枚捨てたら流局になりそうですが・・・

ここであなたはどうしますか?

どうしましたか?

結果は、どうなりましたか?



はい、何が言いたいのかっていうと、
その1枚、ちゃんと考えてリスクとリターンあってるかって事なんですよ。
その1枚、リーチ相手に勝負して、例えば通せたとしましょう。

で、その手はあがれたら何点ですか?

1000点+リーチ棒のあがりのために、その1枚を押したとして、ロンって言われたら、
その1枚に価値はありましたか?
1回は降りると決めたのに、何故か危険な処を押す理由、
ちゃんと説明できますか?
例えば、その手が8000点(満貫)あったとしたら、危険を冒して押す理由も納得できるんじゃねぇかな、と思いますが・・・。


ほとんどの人が言ってる事、
要は自分で降りると決めたタイミングがきたら
キッチリ降りきれ
って事なんですけど。

それ、ちゃんと出来てますか?

結果流局しました自分はノーテンです。
ノーテン罰符を持っていかれました
結果として、振り込むよりは安くすむ事が多いので、
そのノーテン罰符はいわばその局では勝利の支払いです。

逆にいくと決めたとしましょう。
だけどこの場合は、リーチをかけない限りにおいては、振り込みたくないのでいつ降りる事をきめてもいいです。
ただし、これも上記と同じで、
1度降りると決めたら最後までキッチリ降りきりましょう


麻雀がうまい人、ほとんどの方はこのへんの押し引き凄く上手です。
これを意識して打てるようになればまた、違った世界が見えてくるんじゃないかな、と思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事