KuroYagiのチラシ裏メモ

麻雀雑記 降りるということ

2020/11/02 23:30 投稿

  • タグ:
  • KuroYagi
  • 麻雀
  • 初心者講座
  • 風景写真


今回も初心者向けの記事となっております。



さて、麻雀をしていて
もうちょっとあとちょっとここがくればなー
って思いながら切って、

他所から『ロン!』とか言われたりする事、ありませんか?

自分の手牌しかみてなかった
、とかないですか?
麻雀は複数人で行います。
そして順位はもってる点数で決まります。
簡単に言えば、あがりたいのはあなた一人だけではない。という前提があります。
振り込んだらそれだけ点数が減ります

何を言ってるんだ、

当然じゃないか。

と思われるかもしれません。
じゃあ、ロンって言われないように打ててますか?

打ててるという方はそのままスクロールして風景写真眺めて保存するなりしてやってください。俺が喜びます。じゃなくて、俺から言える事はないです



ロンって言われないためにはどうしたらいいでしょう
これも単純な話です。
要は相手のあがり牌を切らないようにすれば、もしあがられたとしても、自分がふりこんでしまうよりも遥かに傷は浅くてすみます
理屈だけ語るのは簡単ですが、実際には相手のあがり牌なんてわかりません
推察するしかないのです。
ここで重要になってくる考え方は、「ゲンブツ」といった考え方や、「スジ」といった考え方になります。

ーチが入ったとしましょう。リーチした相手の河には、4pが切られています。自分の手牌には4pがあります。
じゃあ4pを切りましょう。この牌は、リーチした相手はロンすることができません(※)
この考え方を「ゲンブツ」といいます。


(※)フリテンといって、自分が1度切った牌を含む待ちではロンあがりをすることができない、といったルールが存在するためです。同じように、例えばAがリーチを宣言してからB当たり牌を切ってしまったとして、そこでABからロンせずにBの次のC当たり牌を出した場合も同様に、ABからあがらなかったためフリテンとなり、それ以降ロンであがることができなくなりますフリテン時には、ツモあがりはOK。
また、リーチをかけていない場合は、自分であがり牌を切っていた場合は待ちに原因となった牌が含まれる限りはフリテンとなります。
また、リーチをかけていない場合でフリテンとなっていない場合に、ほかの人に切られたときにロンしなかった時は、自分が牌を切るまでの間だけ、フリテン扱いとなります。



、自分の手牌に1pがいます。
例えば、相手の待ってる(そろっていない)ところが23pの両脇の1ー4pだった場合は、
1p4p当たり牌となります。
相手の河に4p切られていたとします。
その場合4pゲンブツなので通ります
じゃあ1pロンあがりできないのでは?といった考え方が『スジ』になります。
ただし、スジは現物と違い、スジひっかけ(※)なるテクニックも存在するため、
必ずしも安全とは限りません。。




(※)
スジひっかけは、降りてきた相手をハメる待ち方です。
(4p切りリーチ⇒で、7pで待っているなど。
例えば、468pをもっていて、最後に残ったから4p切ってリーチ⇒
がスジだと思って7pを切ったら振り込んじゃった。
というものがスジひっかけとなります。)
だいたいがリーチ宣言牌か、その1ー2巡前に切られた牌で行われたりします。



リーチが入った時、この考え方を意識してみると何かがかわるかもしれません。
『そろそろこの人張ったんじゃ?』とか『お前には絶対振り込まない。』
って決めた相手にも意識して切ってみると、また何かが変わってくると思います。



今日の小出しの一枚といいつつ二枚







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事