クラム本

【雑記】「下流老人」「老後破産」と言う言葉に思う事

2016/02/04 12:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 雑記
  • 下流老人
  • 老後破産
  • ベーシックインカム
  • 安楽死
ここ数年で「下流老人」と「老後破産」と言う言葉が出てきて色々と問題提起されているかと思います。それに対して私が思ったのは、こういった危機感を持って各々が備えると言うよりかは、国単位での何らかの政策を作ったほうがいいんじゃないかなぁと考えています。

特に私が昔から導入したほうがいいんじゃない?って思っているのは、「安楽死」と「ベーシックインカム」制度の二つです。

例えば、前者は何歳以上であれば自己の意思で死ぬ事が出来ますよみたいな取り組みを行う事で、国の医療費の負担、親族への介護・金銭的負担を減らすことが出来るのではないか。
後者の財源としては、前者で浮いた部分を使用すれば補填出来るのではないか。
また、後者の制度によりお金を余り持たない若人に対するセーフティーネットにもなりますし、年金とかも全部廃止に出来たりしないのかなぁとか考えています。

ちゃんと計算なんかしてませんし、私のお花畑な頭での考えだから、説得力もクソもないんですけど、延命治療だとか何だで無理やり生かされても「その優しさが苦痛になる事」って沢山あると思うんですよね。
「生きること」「死ぬこと」それぞれを尊重して、折り合いを付ける。と言った意味では一つの考え方としていいんじゃないかなーと考えています。

それをスタンダードにしよう!と思うと、宗教や価値観、お金、法律とか色々な要素が絡み合ってくるので、そう簡単にはいかないし「言うのは簡単だよね」と言うトコに落ち着きますね。
ただ、ヒトの生産性と言うものに焦点を当てていくと、そういったところに帰結してしまうのは、悲しいけれど仕方がないと諦める。明らかにすることって大切なんじゃないかな。

何にしてもこの二つの言葉はセンセーショナルに様々なメディアが取り上げ「下流老人」に至っては、昨年の流行語になるまで知名度を上げました。
この言葉が生み出した問題提起が今後、どのような形で結末を迎えるのか。
楽しみでもあり、不安でもありますね。


3行で今までの話をまとめると、
働きたくない!!!!
でも、お金はほしい!!!
もやし(裏声)
ってことです。


よければ以下記事もどうぞ。
●【雑記】本気で自殺する人は、なかなか救えない
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar638769
●「生きていればいいことあるよ!」と言う言葉について
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar525494
●【雑記】”生きる”ことの意味など無い
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar634548
●”理解出来る事”と”理解出来ない事”
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar703069
●【雑記】たった一つの冴えた生き方
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar908795


そんな感じで。
おしまい。

コメント

とまと船
No.1 (2016/02/05 05:45)
ゲームしてたらボケへんって、きいたで!
せやからゲーム、しよっ! 電脳老人になろうぜ!
くらむ (著者)
No.2 (2016/02/05 19:37)
>とまと船 さん
そマ?
ゲームしまくろ^^
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事