クラム本

【エロゲ/レビュー】漆黒のシャルノス

2015/03/03 12:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • エロゲ
  • レビュー
  • 漆黒のシャルノス
最終更新日:2015/03/03

■はじめに(注意事項等)
エロゲ業界が少しでも、盛り上がってくれればと思い、
今回は「漆黒のシャルノス」と言うエロゲについてレビューを書かせて頂こうと思います。
あくまでも個人的な感想と受け取っていただけると幸いです。
もし興味がある方いましたら、拙い文章ですが最後まで読んでいただけると嬉しいです。
なるべく配慮致しますが、一部ネタバレ等含むかもしれませんので、
嫌な方はブラウザバックorご理解の上、読んでいただけると大変助かります。
では、以下を御覧ください。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■各種情報
タイトル:漆黒のシャルノス
ブランド:Liar Soft
発売日 :2008/11/21
原  画:AKIRA
シナリオ:桜井光




■感想(個人的・総評)
スチームパンクシリーズの第三作目。
シリーズモノと言うこともあって前作とかのネタを知っていればニヤリと出来る場面もあるけれど、どの作品から入っても楽しめるシリーズだと思います。
"インガノック"の方が好きって人が多いけど、私は"シャルノス"が一番好き。
もはや、これは"エロゲ"と言うよりかは、"御伽話"と言ったほうがシックリくる。
エロは凄く薄くて、もはや少女コミックとかに近い感じです。
1905年のロンドンが舞台で、「諦めないこと」がテーマとなっている作品。
要所要所で使われるBGMやOP、EDの音楽だけに限らず、舞台を表現しようとする雰囲気作りが本当に素晴らしいです。
特にOPが好きで、その当時、めちゃくちゃ聞いてました。
本作はノベルパートだけではなく、ゲームパートがあるので、その辺りでテンポが悪いと感じたり、ノベルだけを楽しみたいと考えている人には若干敷居が高いかもしれません。
私は結構楽しめました。例えゲームオーバーになっても、コンティニューを繰り返したら難易度が下がる設計で、そこまでストレスに感じませんでした。



■DEMO MOVIE



■補足
本作は2008年二一度発売していますが、その後、フルボイス版として
リニューアルされたモノが2011年に発売されています。
もし興味が出た方はそちらの購入をご検討された方がいいかもしれませんね。
スチームパンクシリーズはどれもこれも、楽しいゲームばかりなので、
こういった傾向のゲームが好きな方にはぜひおすすめしたいです。
あと、本作の原画を担当されたAKIRAさんは、
ブラウザゲーム「刀剣乱舞」の胴田貫の絵を書いていらっしゃるお方です!



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


以上になります。拙いかつ面白みのない文章ですが、
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
もし興味が出ましたら、公式サイト様から体験版のダウンロードを試して頂いたり、
ご購入の検討をしていただければ幸いです。

※本記事作成にあたり、画像等の著作物を利用させて頂いている関係上、
 不都合等ございましたら記事の削除or修正を無断でさせていただく場合がございます。
 その点、大変ご了承お願い致します。

そんな感じで。
おしまい。



コメント

七星
No.1 (2015/03/05 18:15)
どうしてエロゲで出したんだと思うくらいエロが薄くてびっくりしますよねこのシリーズwww

残 念 だ っ た な!
くらむ (著者)
No.2 (2015/03/05 19:43)
>七星 さん
コメントありがとうございます。

本当にそうなんですよねー。
このシリーズ、PSVitaとかですごく出してほしいです。

喝采せよ!!!!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事