クラム本

"生きる"レベルを下げる

2015/03/07 12:00 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 雑記
私は、生きるために「生きることに対するレベルを下げる事にしました」

どういった意味かと言うと、なんらかの物事に取り組んだ結果が出てくる際に「もうこんだけやったし、もういいや」と割り切ったり「これは仕方ないわー」と諦める事をしていこうと言うことです。

一時期、クソ真面目に仕事をしていて、休みの日や深夜だろうがお構いなしに仕事の電話が掛かってきて、友達と遊んでいても出社することがありました。
そうして努力した結果、職場のリーダーと言う立ち位置につくことは出来ました。
ですが給料は据え置きで、休日出社(ただし休めるとは言っていないし、給料が出るとは言っていない)を繰り返しました。
その結果、精神をぶち壊したわけです。

今となっても、私は精神安定剤と睡眠導入剤が無いと、まともに生活が出来ません。
もう平気!平気!と言いつつも法で定められているギリギリの量を大量にガバガバ飲み続けて、もうダメだと本気で思った時は、いつでもすぐ自殺が出来るように常に近辺整理を心がけています。

骨が折れたり擦り傷を受けた時は、時間が経てば治るけど、
心が折れたら、その折れた心を治そうと言う気にならなくて、
時間が経てども、なかなか治らないんですよね。

そのことから私が学んだのは、糞真面目に取り組んでもそこで無理をして人間が駄目になったらどうしょうもないって事です。
自然体でまったりやればいいと思うんですよね。
悪い言い方をすれば手の抜き方を覚えたって事です。
本当に駄目ならもう死ねばいい。本当に駄目ならもうやらなきゃいい。
そうやって”後ろ向きに生きていこう”と私は思うのです。

気を張り詰めて、あれしなきゃ、これしなきゃって言う生き方って、
充実してるのかもしれないんですけど、やっぱりそれ以上にしんどいと思うんですよね。
この辺りは「生きる事に対して何に重きを置くのか?」と言う点で、色々と生き方の考え方が変わってくると思うんですけど、私にはそういった生き方は合わなかったんですよねー。
そういった生き方もありだと思いますし、否定はできません。
その辺りは個人の持ち合わせているカードによって変わってくるので、各々がベストだと思う生き方を探していければいいんじゃないかなぁと思います。


よければ以下記事もどうぞ
●【雑記】本気で自殺する人は、なかなか救えない
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar638769
●【雑記】”生きる”ことの意味など無い。
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar634548
●【雑記】ボトムアップ型の生き方
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar616653
●【雑記】「生きていればいいことあるよ!」と言う言葉について
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar525494

コメント

くらむ (著者)
No.6 (2015/03/07 18:58)
>toaru さん
いつも閲覧いただき、ありがとうございます。

「心が折れるというのはその動きが完全に止まってしまう状態」
この、minato[ t ] さんの言葉は、まさしく私の言いたいことを一言で表してくれた!と感じています。
そうして止まってしまうと、底なし沼のようにハマってしまって、なかなか抜け出すことが出来ないようになってしまうんですよね。
そのことに気づいて、自分から変えていこうと変化をつけるようになるには、非常に体力も時間も必要になってきます。

日本の働き方には、色々な問題を抱えているところが多いと思います。
もっと生産効率のいい働き方を心がけられるような、社会システムが出来上がってくれれば、
心をやんでしまう人やドロップアウトしてしまう人がもっと少なくできるんじゃないかなぁと感じます。
くらむ (著者)
No.7 (2015/03/07 19:02)
>nicouser さん
いつも閲覧いただき、ありがとうございます!

おっしゃられるとおり、キリがないことや数字として明確に出来ないことってあると思います。
そう言ったことに対して、闇雲に頑張っても、次から次へと問題は出てくるし、頑張りすぎるともうだめぽよーってなっちゃうんですよね。
どこかでガス抜きをしないと折れてしまうし、そういったことに対しては割り切ることって凄い大切だなぁと言うことを覚えました。
igan3w
No.8 (2015/03/13 19:40)
私も人間やめたくなった事があるので身にしみました。
 今の日本の会社は作業させ過ぎだと思います。そして休日も会社の対応させるなんて、その会社は仕事の本質をはき違えてると思います。その結果、会社はくらむさんという人財を失い、新たな人を教育し直さなければならなくなりました。まぁ、そのような会社は人財育成をしないと思いますが...
 私たちは機械ではないので、できない事はできないとはっきり言っていいはずです。そして、機械ですら作業を止めてしっかりとメンテナンスをしているのに、人間にそれが"必要ない"なんていう事はないと思います。人も機械も、メンテするときにしっかりメンテしないとろくな商品できませんからね。

コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事