クラム本

【アニメミライ】アニメの未来を変えろ

2014/04/08 12:00 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • アニメミライ
  • 趣味
  • 自主制作アニメ
  • アニメ映画
  • TSUTAYA
  • ツタヤ
  • アニメーション

アニメの未来を変えろ―

アニメミライ・公式サイト
http://animemirai.jp/

アニメミライ・ニコニコ動画内公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/animemirai

アニメミライ・公式Twitterアカウント
https://twitter.com/AM_Pub







■アニメミライとは?
アニメミライとは、アニメ制作環境の問題解決に正面から取り組み、
アニメの振興を図ることを目的として、2010年度から始まった
文化庁の若手アニメーター育成プロジェクトです。

ゆるく言えば、色んな人にアニメを作ってもらって、
それを披露してもらう場所を用意しましたみたいなそんな感じ。
毎年4作品出ていて、1本につき25分前後の短編アニメーションです。

結構前からやっていて個人的に結構好きなんですが、マイナー感がまだまだ漂うので、
少しでも知ってもらう人を増やすために記事を書いてみました。



■どこで見れるの?
2011年~2013年までの三年間に作られた作品(全12作品)は、
全国のTSUTAYAでレンタルすることができます。
もし興味がでた方はお近くのTSUTAYAへどうぞ。

また、「アニメミライ2014」は只今大絶賛上映中です。
公式サイト様より、上映館を調べて最寄りの映画館へGO!





□アニメミライ2011

万能野菜ニンニンマン(監督:吉原正行 / 制作:P.A.works)

小学2年生のまりちゃんは、ニンジンやピーマン、牛乳が大嫌い。ある日、苦手な食べ物を食べたまりちゃんの前に、ニンニンマン、ぴーマン、ミルクたちなど、不思議な食べ物のお化けが出現。ニンニンマンたちは魔法を使ってまりちゃんのトラブルを解決しようとする。


おぢいさんのランプ(監督:滝口禎一 / 制作:テレコム・アニメーションフィルム)

明治の終わり頃。小さな村で暮らす巳之助は、初めて訪れた町で見つけたランプに感動する。手に入れたランプを村へ持ち帰った巳之助はランプ商として成功を収めるが、いつしか町では電灯がランプに代わって普及しはじめる。


キズナ 一撃(監督:本郷みつる / 制作:アセンション)

武道一家に生まれ育った中学生の少女キズナは、10年連覇の世界格闘技チャンピオンを倒して賞金を手に入れる。ところが、手違いでキズナの優勝が取り消され、賞金1億円はキズナを倒した者に贈られることに。やがて、賞金を狙う世界中の猛者たちがキズナの前に現われる。


たんすわらし。(監督:黄瀬和哉 / 制作:Production I.G)

アパートでひとり暮らしをするOLのえるのもとに、実家の母親から大きな和だんすが送られてきた。ある日、のえるが仕事から帰ってくると、たんすの中から謎の子どもが出現する。




□アニメミライ2012

しらんぷり (監督:宮下新平 /制作:白組)

いじめ問題を取り上げ、1998年度課題図書にもなった同名絵本をアニメーション化した作品。
小学6年生のボクは、いじめっ子のヤラガセら4人組がドンチャンをいじめていることを知りながらも、巻き込まれるのが怖くて知らんぷりをしてしまう。ヤラガセたちの行動はエスカレートしていくが、ある日、ドンチャンが思わぬ行動に出る。


BUTA (監督:友永和秀 / 制作:テレコム・アニメーションフィルム)

生活費を稼ぐために海賊トラフグ一味の用心棒を引き受けたBUTAは、海賊船に捕らわれていたキツネの逃亡劇に巻き込まれる。欲望に忠実でバイタリティ溢れるBUTAと、心は純粋だが世間を知らないキツネの逃避行は大騒動に発展する。個性的な動物たちが繰り広げる冒険活劇


ぷかぷかジュジュ (監督:川又浩 / 制作:アンサー・スタジオ)

美しい海中で繰り広げられる少女の冒険を描いたファンタジー。
仕事ばかりでなかなか海に連れて行ってくれない父親に不満を抱く5歳の少女ミカは、家のビニールプールでひとり寂しく遊んでいた。そんな時、フロートボードのジュゴンのジュジュが言葉を話しはじめ、ミカを不思議な海の世界へと連れ出す。


わすれなぐも (監督:海谷敏久 / 制作:Production I.G

古代と現代が結びついて巻き起こる騒動を、ユーモアを交えて描く伝奇アクション。
古書店を営む硯は、かつて陰陽師が大蜘蛛を封印したという一冊の本を手に入れるが、そこから身長20センチほどの小さな娘蜘蛛が出現する。母親を捜し求める娘蜘蛛に同情した硯は、娘蜘蛛をあるべき場所へ返そうとする。





□アニメミライ2013

龍-RYO- (監督:千明孝一 / 制作:ゴンゾ)

幕末を舞台に描く時代劇。尊皇攘夷や倒幕などさまざまな思想・主義に日本が揺れていた慶応2年(1866年)恩人である坂本龍馬と中岡慎太郎を暗殺され、2人を守れなかったことを強く悔やむ少年RYOは、蝦夷・江差沖にて座礁した五稜郭政府旗艦の上で土方歳三と対峙する。


アルヴ・レズル{-機械仕掛けの妖精たち-} (監督:吉原達矢 / 制作:ZEXCS)

近未来SF作品。西暦2022年、神経細胞を模した極微細無線通信装置「ナーヴセラー・リンカー・ナノマシン(NLN)」の完成により、人々は意識とネットワークをシームレスに接続することが可能になった。しかし、NLNの技術が思わぬ災厄を引き起こしす。


デス・ビリヤード (監督:立川護 / 制作:マッドハウス)

命をかけて行われるビリヤードに強制的に参加させられた2人の男の姿を通し、
極限状態でむき出しにされていく人間の本性を描いた作品。


リトル ウィッチ アカデミア (監督:吉成曜 / 制作:トリガー)

幼い頃から魔法にあこがれ、ヨーロッパの魔女育成名門校「ナノヴァ魔法学校」に入学したアッコだったが、退屈な授業と魔法界の保守的な体質に期待を裏切られる。
それでも、なんとか魔法に夢を取り戻そうとアッコが奮闘を続けていたある日、学校でとんでもない事件が起こる。





□アニメミライ2014

アルモニ(監督:吉浦康裕 / 制作:ULTRA SUPER PICTURES)

気の合う友人と居心地のいい場所に留まっていた2年1組の本城彰男は、いつも遠くから眺めているだけの存在だった真境名樹里の世界に触れることになった。


大きな1年生と小さな2年生(監督:渡辺歩 / 制作:A-1 Pictures )

体は大きいのに泣き虫な1年生のまさやは、通学路の暗い坂が怖くて仕方がない。背は小さいけれどしっかり者の2年生あきよは、そんなまさやと手をつないで歩いてくれる。あきよのようにしっかりしたいと思うまさやは、ある日、涙を流すあきよを元気づけるため、彼女が大好きな花を探しに1人で遠くまで出かける。


パロルのみらい島(監督:今井一暁 / 制作:シンエイ動画)

人間に知られていない不思議な動物たちが暮らす島の子ども、パロルとズーズ、リコットは、ある日、人間世界の写真を拾い、その美しさに魅了される。掟を破って人間の世界にやってきたパロルたちは、初めて見る世界に興奮を隠せないが、やがて思わぬ事態に直面する。


黒の栖 –クロノス-(監督:恩田尚之 / 制作:STUDIO 4℃)

高校生の中園真は、魂を連れ去る「黒い存在」が見えてしまうという不思議な力を持っていた。見えるだけで何もすることはできず、ただ見ているだけの真だったが、幼なじみの葉月に不穏な影が近づきつつあった。





■劇場予告動画











■どうでもいい感想とか
アニメーション業界は、PC等の機材やハイテク化に伴い、
手書きからCG等へとみるみるうちに様変わりしました。
年を重ねる事に作品自体にもその色は強く出てきているのではないでしょうか。
また、人件費削減や作業現場の苦労や苦難は山ほどあるかと思います。
ですが、私個人的に「アニメーション」と言うサブカルチャー分野に対して、
贔屓目ですが可能性を感じている面が多々あります。
「アニメーション」と言う文化に幼い頃から触れてきて、
感動を得られた事も少なくはありません。
所詮は素人目ですから、あまり多くは語る事はできませんが、
今後、ご活躍される才能や熱意のある方々の力添えを少しでもできればと思い、
この場を使わせていただき、このような形で発信させていただきました。




※本記事作成にあたり、画像等の著作物を利用させて頂いている関係上、
 不都合等ございましたら記事の削除or修正を無断でさせていただく場合がございます。
 その点、大変ご了承お願い致します。



そんな感じで。
おしまい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事