クラム本

【雑記】アニメーション業界は"メディアミックス"の生贄となったのか?

2016/12/15 12:00 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • アニメ
  • メディアミックス
  • 業界
  • この世界の片隅に
  • クラウドファンディング



これが、真相なのかどうなのかは別として、近頃のアニメや業界全体を見ていて、ふと思ったことや感じたことをただの無能なアニメファンとして、ここにまとめておきます。


◆深夜アニメ、放送遅延の本当の原因を考える
アニメをリアルタイムで追っかけている人達はもうご存知だと思いますが、ここ最近、アニメの制作が地上波放送までに間に合わず、延期となった作品が目につくようになりました。
※「レガリア」や「オカルティック・ナイン」等

この騒動に対して、アニメーターの労働環境が悪い(某会社のアニメーターがSNS上に暴露をして解雇されたなどもありました)と言うことや、アニメーターの牌の数は限りがあるのに、1クールの放送本数が多いなどの様々な理由があるかと思います。

そのような理由をより深く考えてみると、その背後にある「メディアミックス商法」が一番の原因じゃないのか?と私は近頃思うようになりました。この問題って、単純にアニメーション業界だけの問題ではないよなぁと思ったのです。


◆メディアミックスによって構造が複雑怪奇になっている
メディアミックスってまぁ、その名の通りですよね。アニメだけじゃなく本とか、音楽とか、グッズとかそういった物達です。

改めまして、私が何が言いたいのかと言うと、この問題って、原作のコミックや小説を売っている書店や、出版社。キャラクターに声を当てる声優、アニメの主題歌などの音楽を提供する音楽業界と言うような数多くの業界が絡んでくる問題だと思うんですよね。
単純にアニメだけを抽出できるような問題では無いのでは?と私はふと思ったのです。

そういった様々な要因が絡み合ったからこそ、1クールのアニメの本数を減らすことが出来なくて、放送までに制作が間に合わなかった。と言うように表面化するようになってきたのではないでしょうか。


◆夢を与える仕事

アニメってやっぱり、子供から大人まで希望や夢を与えるられる素晴らしいコンテンツだと私は思うのですよ。中には子供が見るものと馬鹿にする人だっているでしょう。
でも私はアニメでしかできない表現が数多くあると思っていますし、その表現の可能性に私はただのファンとして誇りを持っている。

単純に、そんな夢のような場所に大人の事情を持ち込んでほしくないんですよ。
そんな躊躇をしている間に、海外から「ズートピア」や「RWBY」と言った素晴らしいアニメーションが生まれてきた。このままHentaiJapanとしての誇りを捨てて、内輪で揉めていたら、絶対に寝首をかかれる。
もうそんな夢のない内輪もめをやっているような暇はないんですよ。


◆業界人だからこそできること
そう言った悲鳴を上げ始めているアニメーション業界で根本的な解決と言うことを考えると、やっぱり人の育成が一番の課題ではないのかな。と感じています。いい加減、文化の最前線で戦ってくれているアニメーターさんへの生活のセーフティーネットを用意してあげてほしい。
そのお金が今用意できないなら、その用意ができるためのシステムを作っていこうよ。
だってみなさん"大人"じゃないですか。社会を作るのは我々だから、できるはずなんですよ。

実数値は分かりませんが、アニメを動画定額配信サービスに提供することによって円盤は売れなくてもある程度の収益が得られるようになった!とか言うのも、耳にするようになったじゃないですか。そういったのもっと増やして、そして制作に携わる人達に還元できるようにしていきましょうよ。

今すぐには無理、これから5年、10年先を考えられるような、土壌を作っていきましょうよ。”大人”になれば、そう言った業界構造の問題ってちゃんと解決できるはずなんですよ。


◆ファンだからこそできること
無力なファンである私には、SNSを通じて「●●って作品めっちゃ面白かったー!」と感想を言ったり、円盤を買ったり、ただ作品を愛し続ける。そういったことしかできないんですよ。

口コミやファンの力の結果「君の名は。」は、素晴らしい快挙を上げました。
このヒットは、間違いなく業界を変えるターニングポイントだと私は信じたい。

近頃では、クラウドファンディングとして「この世界の片隅に」がアニメーション映画として産声を上げました。その結果、まさしく歴史に名を刻むであろう傑作となりました。
そういった可能性を信じ、自分のお金を少しでも制作の力にしてほしい!とそう言ったことしか、ファンには出来ないんです。

信じ続けること、愛し続けること、ファンだからこそ、そういったことでしか力になれないのです。


◆最後に
私が何が言いたいのかと言うと、アニメは夢を与える仕事だと思うのです。だから、そんな夢を奪わないでほしい。その為に必死で戦って、そして折れた人、数多くいると思うんです。
そのような人達を支えて上げれる環境を、なんとかして作って欲しい。
ただのアニメファンとして願うことは、それだけなんです。

皆さん、どうか日本のアニメを救ってください。


夢を与える”大人”なのだから。



よければ以下記事もどうぞ
●【アニメ/映画】『君の名は。』見てきた感想とネタバレ
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1097243
●【アニメ/映画】『君の名は。』のヒットから考えたこと
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1099527
●【アニメ/映画】"聲の形"みてきた感想とかネタバレ
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1105744
●【アニメ】劇場版ラブライブ!を見ておっさんが感動した話
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar822227



そんなかんじで。
おしまい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事