くらんま通信

守護霊

2014/06/02 01:48 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 感動
  • ホラゲー
  • くらんま
  • 伝説
  • ミステリー
  • オカルト
  • 長い
  • そして長い
  • 果てしなく長い
  • いつもの如く長い
田「この前ごめん バイトだったわ」


く「気にすんな相棒」


田「さすがだなマスター」


く「愛してるよ また近々遊ぼうや」


田「んでいつカラオケいくか」


く「いつあいてるの?」


田「んー不定期中の不定期じゃな」


く「あー、まあ不定期ってことだろ?」


田「まぁそんな感じ」


く「あとで連絡すりわ」


く「るわ」


田「うい」



田○くんとのラインの一部なんだけど


バカすぎる 会話が成り立ってねぇ


不定期って言われているにもかかわらず


不定期なんだろ?って


?がおかしい?が


なんで質問してん 言われてますやん


しかも連絡すりとかいっといてしてないという始末 最低な僕に惚れ惚れするわ


んでまぁ、そんなこんなで皆さんが僕をアホでかっこいいと思っているのは


周知の事実なんですけどね



そんなアホでかっこいい僕だって、ミステリアスかつミステリアスな現象


にぶちあたったことくらいありますよ 未だに謎なんだけどね。


今回の日記はガチだよガチ。いい話だと思うよ。







・・・学校に遊具が無いところはないとおもいますけどね


ジャングルジムってあったでしょう?


形は様々かもしれませんけど


僕の通っていた小学校は恐竜をモチーフにしたジャングルジムがあったんですよ


ジャングルジム登りってそもそも段階がありまして、


1 両手でゆっくり端から端までクモみたいに渡る



2 両手で速く端から端までゴキブリみたいに渡る
(このあたりからタイムを意識し始める)



3 なんと両手を使わずに二足歩行で歩いて渡る



4 またもや両手を使わずに二足歩行で走って渡る



5 落下して大怪我する


とまぁこんな感じじゃないですかねまぁ一般ピーポーはいっても2段階で止まります


でも僕なんて、言ってしまえばほぼ猿みたいな生物なんで


当然4段階なんですよね、これ自然の流れなんですね


ただ、小学生なんて身の危険って言葉すら知りませんから、死ぬ事なんて


想定していないんですよ


ってか死ぬことすら知らないんですよ多分。少なからずおれは知らなかったと思う


あの不安定で隙間だらけのジャングルジムを二足歩行でガンダッシュしてんだから


死ぬ恐怖なんて感じさせてないでしょう


ある日の出来事です


僕はタイムを縮める為に、苦手な場所の克服を試みていました


いやね、しょうくんにだけは負けられなかったんですよ


クラスで、いや 学校で、むしろ人類で最強でなければ気が済まなかったんですよ


僕の苦手分野は


V ← こんな感じの難関をいかに早く渡るか だったんですよ


形としては


■V■

■=掴まれる場所

V=傾斜つきの難関


これを走って走って走りまくった。


そしたらさ


右の■の手前一段を踏み違えたんだね



その後掴まれる場所とは逆の方向に視界が傾いていく始末


要するに、坂道に対して後ろ向きに落下しようとしていたってこと


どう考えても


死ぬしかなかったんですよ。


ジャングルジムなんて鉄でできているし、そもそも坂に対して後ろに


倒れるということは、まず頭蓋骨粉々 複雑粉砕骨折頭部損傷的存在じゃないですか。


そのとき、僕は初めて死というものを実感して、死ぬんだなと思った。


もう終わり、そう思っていたら


視界が止まって、視界が真っ白になったんだよね


その時


「あsdgjlkさllskはg」


「;あslkslh・・・・・」


「くらんまちゃん・・・」



意味不明なワード達が聞こえたんですよ。


でも確実に言っていたのは、僕の名前だった。おじいちゃんの声だったと思う。


まぁ僕は生まれた時点でじいちゃん双方安らかに逝ってしまっていたから、


声を聞いたことはないんだけれども、それでもなんとなく


僕のじいちゃんなんだなと思った


視界がまた戻ると、今度はスローで掴める所まで


なんだろう、後ろから押されるような形で戻された。



え?これ何、ネタだとおもってる?


まぁ・・・信じてくれとは言わないけれども、事実やねん。


あの時、助けられてなかったら


僕は今頃寿司屋の店長なんてやってなかったし、僕という存在が


今関わっている人に知られる事もなかったのかもしれないですね


だから、ひじょーに感謝しているし、ひじょーにむかついている


だって、何言ってるかわかんないんだもん 韓国語とフィリピン語を


ブラジル語で割った感じ、訳わかめ。


まぁでも、あんとき助けられたから、こんなくだらねー日記を閲覧したり


放送見に来てくれる人たちと出会えて、楽しく仕事ができる環境にあって


なんつーか、幸せっていっちゃうとあれだけど


まぁ足臭いし、足煮沸消毒しろっていわれるし


複雑だけど、よかったかなぁと思ったりするわ




何、

感動して泣いちゃった?

まあ、落ち着いて。





コメント

くらんま (著者)
No.6 (2014/06/03 23:24)
>>2
あやじょうおじいちゃんだったの?
くらんま (著者)
No.7 (2014/06/03 23:24)
>>3
みーゆんおはよう
くらんま (著者)
No.8 (2014/06/03 23:24)
>>4
失礼な。w
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事