佐倉。のブロマガ

今更聞けない!?歌ってみたってどうやるの?講座 Part1

2016/12/26 22:33 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 音楽
  • 歌ってみた
どうも。歌ったりMIXしたり動画作ったりしてる佐倉。です。

タイトルがベタなのは、Twitterのフォロワーさんのセンスです。
私のせいじゃないです。

最近、若年層歌い手()が増えてきましたが、ぶっちゃけ、
歌ってみたってどうすればいいの?

そんな人も多いのではないでしょうか。
要望もあったので少しまとめてみることにしました。
続くかどうかは未定。

そんなわけで、期待せずに見てください。
ゆくゆくは動画なんかも紹介したいけど、
基本私、3日坊主もびっくりの、1日坊主なので。

さて、初回は歌ってみたの大まかな流れについての説明。です。
メモ程度に参考にしてみてください

※用意するもの
 ・録音ソフト(詳細説明あり)
 ・マイク
 ・オーディオインターフェース
 基本的にはこれらがあれば誰でもできます。
 オーディオインターフェースは無くても録音できますが、
 パソコン(以下PC)にマイクぶっさしても録音は可能ですが、
 除去しきれないノイズが発生するので、正直聞けたもんじゃないです。
 また、スカイプマイクも同様に、
 除去しきれないノイズ・音のこもりが発生するのでおすすめしません。

※歌ってみたの大まかな流れ
1.音声のみを録音ソフトで録音します。
サウンドエンジン や Audacity を使う人が多いです。
MIXになれてきたところで、リーパー や クリスタル に変えてもいいと思います。
ぐぐれば出てきます。
 ぶっちゃけ、録音だけならAudacityで充分だと思いますね。私は。

2.音声をカラオケ音源とMIXします。
このときに、『ラジオっぽい音』とか『ケロケロ』、『音響』等のエフェクトもかけます。
自分は Cubase を使っていますが、有料です。
無料ソフトならAudacityでもReaper、SoundEngineなどでもできます。
基本的に有料ソフトのほうがエフェクトがかけやすくクオリティも高いので、
他の人に頼む 、できる人に依頼するという方が多いです。
有料ソフトは FLStudio Cubase などなど色々あります。
有料MIX師さんもおられますが、
当然、そっちの方が音程補正もオケのピッチ変更もしてもらえるし、
クオリティも高いですよ。えぇ。
正直金積めばイイモノができるよ。
別にdisってません。


3.MIXできたものを、PVやイラスト等で合成します。
AviUtl や NIVA2 Windowsムービーメーカーでも可能です。
これは、オリジナルで動画を作る過程で必要なので、
ボカロ本家様のPVを使うならこの過程は必要ないです。

4.エンコードします。
画質、音質を推奨の動画の型に変換します。
また、ある程度要領を軽くする目的もあります。
一般会員とプレミアム会員ではアップロード(以下うp)できる動画サイズも違うので
注意が必要ですね。
これも依頼する人が多いです。やっぱり高画質がいいんですね分かります。
ニコ動の場合は、動画の形式はMP4 が良いです。
『ニコエンコ』 か 『つんでれんこ』 等を使う人が多いです。
私はAviUtlでエンコードしますが、AviUtlは細かい設定までできるので便利ですね。

5.アップロード!
動画投稿 で投稿します。
これで歌ってみたできるね!やったね!

・・・という大まかな流れを説明しました。
次回からソフトの使い方や方法等、
細かく説明できればいいな、なんて思っています。

それでは、また。アディオス!

コメント

tanu01
No.1 (2017/01/05 22:56)
わかりやすいですね!
続き期待してます~~
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事