加速のブロマガ

Tree of Savior クローズドβテストレビュー

2015/10/05 22:52 投稿

  • タグ:
  • Tree_of_Savior
  • ToS



10/1~5までの5日間、Tree of Saviorのクローズドβテストに参加させてもらいました。
5日間連続で配信させてもらって、本当にたくさんの方が視聴しに来てくださいました。
初めての配信ということで配信環境や実況(?)に拙いところもありましたが、皆さんのおかげで無事5日連続で配信することができました。本当にありがとうございました。

配信を通して改めて、このゲームを楽しみにしてた人、注目している人が多かったという印象を受け、このゲームをMMOの最後の砦として考えている人もいました。
私も最初はROから始まり多くのMMOをやってきましたが、このゲームを最後にMMOを引退するつもりです。

さて、肝心のテストの感想ですが、ただ一つ・・・

超面白かったですわ!



この一言で完結します。
それ以外に何もありません。

では何が良かったのか?絵や音楽なんてもう周知のとおりなので書きません。
そして悪いところも当然ありました。
多すぎるので、一部のみ(今後追記していくかもしれませんが)をまとめて、以下に書いていきたいと思います。

良かったところ

・戦闘
予想以上に打撃感があり、戦っている!という感じがしました。
そしてたくさんの敵を一掃できる爽快感はとても素晴らしかったです。
近年のMMOで主流の3Dゲームでは敵複数を一掃するということはとてもやりづらいですし、基本的には1対1が常ですが、このゲームでは1対多を常としており、一度に倒せるという爽快感や、倒した後に敵が必ずはじけるという演出も爽快感を際立たせていて、飽きない戦闘というのを追及できていると思います。

・序盤のクエスト
今までやったMMOで、序盤のクエストはとても素晴らしく感じました。
マップを見て「次あそこ行きたいな~」と思ったところに、クエストが自然と導いてくれているのです。
今までのゲームのクエストというのは、あっち行ったら戻って、また同じ方向にクエストに行かされて戻って・・・ということが多かったですが、そういった工程をほとんど踏ませず、例えば分かれ道にNPCを置いたり、NPCのところに戻すのではなくてNPCをプレイヤーが進みたいと思うであろう場所にクエスト完了時点で移動させたり、クエストを完了するとそのクエストの報告者のところまでワープしてくれる機能を備えていたり、「クエスト=お遣い」の固定概念が「クエスト=マップ探索ついでにクリアするもの」という印象に変えられるくらいに作業感を極力なくそうという努力が垣間見えました。

・ステータスとスキルの差別化
これはROでもそうなのですが、ステータスを自分が思うように振り分けたり、そのクラスのスキルを全てとれないということで同じクラスでも差別化を図っています。
近年のMMOでは普通にクエストを進めたりゲーム内マネーで全てのスキルを取得できることが多いので、全員が同じステータスとスキルで没個性となっていました。

・アバターアイテムは能力がついていない
このゲームで見た目が変わるのは「頭上段」「頭中段」「コスチューム」の3つのみです。
頭上段と中段って?という方はそれぞれ帽子とメガネくらいに思っておいてください。
頭上段と中段はボスや製造レシピから、コスチュームはクラス転職時にそのクラスのコスチュームが貰え、いつでも前のクラスの見た目に戻ることができます。
この装備、見た目はいいのに戦闘時は使えない!といったことを経験されている方は多いと思いますが、ご安心ください。
このゲームはアバター3種類全てに能力値はついていません。(クローズドβ時)
ですので、戦闘時であっても付け替えしなくていつでも好きな装備を楽しむことができます。

悪かったところ

・中盤以降のクエスト
良いところに「序盤のクエスト」と書いたので察せられると思いますが、中盤以降はこの良さがほぼ全て消えています。
お遣い感があり、あっちへ行きたいのにこっちへ行かされる・・・同じところに戻される・・・更にはランダム要素も多くて終わるときはあっさり終わるのに、終わらないときは全く終わらないというくらいにグダグダさせられました。

・ボス
ボスがたくさん出ることは良いですし、使いまわしボスはレベル100以上になるまではほとんどおらず、その度にどんな攻撃が繰り出されるのかとワクワクしながら戦っていました。
ただ、ボスの行動パターンに問題ありです。
ボスは「デバフトラップ」を仕掛けてきます。
デバフトラップとは、仕掛けられたトラップの一定の範囲内にキャラクターが足を踏み入れると、デバフ効果(攻撃低下、防御低下、速度低下、地雷、etc)がかかります。
このデバフトラップですが、どのボスであっても例外なく必ず仕掛けてきます。
韓国の方でボスが簡単すぎると言われていたので、バランス調整の為にやっているのかもしれませんが、どのボスも例外なく仕掛けてくるのは安直すぎる気がします。
また、たまに弾幕シューティングゲームのような攻撃をしてくるボスがいます。
訳わからないです、あれ。
やるなとは言いませんけど、どのボスも総じて同じ色で同じ大きさの小さい球なので、ボスに全く合っていません。
まだグラフィックが出来ていないからと願いたいですが、あれは雰囲気を壊してしまいます。

・NPCの配置
例えばですが、序盤の拠点であるクラペダに転職をさせてくれるマスターが何人かいます。
このマスターたちが、隣り合わせでずらーっと街の外に突っ立っているのが好きではありません。
例えばですが、プリーストマスターともあろう方が街の外れに突っ立っているっておかしいですよね?
プリーストマスターなんだから教会にいてほしいのです。
騎士団団長が中心地で突っ立っているのはおかしいですよね?
警備なら一般兵にやらせて騎士団の拠点にいてください。
街内ワープができたらいいですが、そういったものがなかったとしても雰囲気を大切にしてほしいです。
そこまで歩く手間くらい惜しみません。
そういった楽を求めるのはブラウザゲーやスマホゲーだけで良いです。



いかがでしたでしょうか?
きっと私が思った意見で「むしろこれ良いところじゃ?悪いところじゃ?」と思うことがあるかもしれませんが、一意見として見ていただけると嬉しいです。

このゲームはまだ未完成です。
悪いところもまだまだありますし、バグもたくさんありました。
しかし、まだクローズドβテストです。
テストなのにこの完成度、そしてプレイして伝わるポテンシャルがあります。
そのポテンシャルが少しでも、これを読んでいただいた方に伝われば幸いです。

最後ですが、次のテストも参加して配信したいと思っています!
以下のコミュニティはToS専用ですので、興味がある方、次のテスト以降で一緒に遊んでいただける方は是非ご参加お願いします!
クローズドβ前に作ったばかりのコミュニティで配信主も初心者の為拙いですが、宜しくお願いします!


それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


↑リスナーのらんらんさんとのテスト終了直前の1枚

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事