【KRTN】ユッキーのブロマガ

CW管理部になろう系ブログpart1:かんりぶのおしごと!

2019/08/02 19:16 投稿

  • タグ:
  • WoT
  • CW管理部

これは不幸にもTOGⅡに轢かれCW管理部の世界
異世界転生してしまった時に役立つかもしれない
お話



まあ前置きはとにかく、CW向け管理ツールの紹介をしようと思いたったはいいものの、ツールの話だけだけだと味気ないのと、管理部をしたいけどよくわかんないからやってこなかった人向けに、CW管理とはなんぞやといった話も含めて3回くらいに分けて、書いていこうかなと思います。第1回は管理って何するの?の話から行きたいと思います。ある意味本筋のツール周りは第2回第3回を待たれよ。



・まずはじめに

みなさんは、CWEで車両がほしいですか?
一部の戦闘狂や買う車両がなくなった人以外の大多数は車両が欲しくてCWEに参加していると思います。

そんな感じでみんな欲しい車両なわけですが、誰でも手に入るわけではありません。
まあ獲得率8割越えるクランに入れるなら、ほぼほぼ参加さえしてれば取れると思います。
がそんなクランばかりではないので5~6割以上くらいの獲得率の大手クランに入ることを基準に考えましょう。
これくらいのクランだと引き上げがある程度ちゃんと行われます。しかし獲得率の面から見てもわかる通り全員引き上げれるわけではないので引き上げには優先順位が存在します。

で本題なのですがこれくらいのクランの場合、このうち1つを満たしてればほぼ確実に車両が獲得できる条件(引き上げの優先順位が高くなりやすい)があったりなかったりします。それが

強い
指揮官
管理部

以上、3つです。まあ上二つは引き上げとか関係無しに取れると思います。

で、一番重要なのは最後の管理部です。ここだけWoTの上手さとかは全く関係ありません、ただ時間を使えて、あとはGMをいじれる知能があればできます。最低限の引き上げされるだけの腕はいるけど

つまり、車両が欲しいなら時間作って管理をやりましょう。1ヶ月前とか2ヶ月前に上二つを満たすのは現実的ではありませんが、管理なら間に合います。
あとやりたがる人が少なく、管理という枠で考えると2~3人くらいですが、速攻で埋まることなんてないです。むしろ現状管理できる人は上二つも兼ねてることが多いのでチェンジできるならしたいくらいの人がいると思います。


・管理ってなにするの?

はい、じゃあ今回のメインである管理とはなんぞやを書いていきたいと思います。
クランによってやることは、多少差異があると思うので、私の経験を基準に書いていきます。

・日程の管理
・当日の戦闘管理

まあこの二つです。
あれ、少なくない?と思った管理未経験のあなた、この2行にやべーくらいやることがつまってるんですよ(主に当日だけど)。
あとクランによっては個人ポイントの管理もあるかも

それでは、それぞれ個別に詳しく見ていきたいと思います。

日程の管理
こちらは、そんなに忙しくはないです。
CWE各日程での時間辺りに何人でれて、何人指揮官がいるかを事前に取りまとめます。
やることは、簡単ですがこれが確実にされないと当日の戦闘予定が全く建てれない事案が発生するのでかなり重要です。

そのため、日程を申告していないものがいれば、申告させに行きます。
というか、日程の申告ぐらいできないならCWEをそもそもやるなってそれ一


当日の戦闘管理
さて、ここからが管理部の腕の見せ所もとい過労死ポイントです。

とりあえず当日の戦闘管理で必要な内容としてはざっくりあげると次のようになります。

・その日の戦闘計画作成
・確定した戦闘の戦闘予定時間の把握
・戦闘予定の通知
・ペナルティ回避の伝令
・GM操作

この中でも、特に大事なのが
戦闘時間の把握と通知、伝令です。
正直なところ、当日の全体予定なんて前日の終わった後でも建てれるし、最悪当日昼頃でも問題ありません。GM操作も管理部内で連携がとれてればさほど問題になりません。

ですが、戦闘の把握、通知、伝令は直前にわかる事案が多いので、指揮官および一般兵にダイレクトに影響します。この部分がどれだけ円滑にできるかでCWEがちゃんと終われるかが決まります。

その結果、管理部は戦闘しないけど一番PC前に張り付くことになるわけですね。
だから少ない枠でもやりたがる人はいないということになります。

・最後に

ここまでが管理部が何するかをざっくりとまとめたものですが、ここからが次回のpart2以降につながります。
なんやかんやで張り付いて作業量がかなり多い管理部ですが、特に何も考えず行けばExcel(Google スプレッドシート)で戦闘とか予定の管理表を作って運用するわけですが、普通に表を作るだけだと見やすくはなるだけで別に作業量が減るわけではありません。
むしろ大量のセルを前に入力し続け、チェックをし続けるわけですから死ねます。

ってことでそんなシートをできるだけ自動化して人的ミスや、管理の疲労度を下げようを目的に私が作ったシートの紹介をpart2、part3にわけてしようと思います。
内部のコードまで話始めると本業の人にガバガバコードが怒られそうなので細かい話は抜きで、管理を楽にするひとつのアイデアだと思ってお読みください。
あと、コード公開する気があんまりないのは他にもありますが、それは次回の前置きで書こうと思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事