ネオのまったりルーム

歌ってみたにお勧めするコンデンサーマイク

2016/11/05 14:43 投稿

  • タグ:
  • ネオ
  • 高音歌い手
  • コンデンサーマイク
  • 歌ってみた
  • おすすめ機材
いやぁ~最近寒くなってきましたね!!
こんな時には暖房の前であったまったり、あったかいお風呂に入りたいものです!!

個人的にはお風呂につかるのがあまり好きではないのですが・・・

寒い時期には「お風呂最高!!!!!イェア!!!!!」

という感じでハイテンションになります。

早速本題に入りますが、今回私がやりたいのは


「自称なんでもする人」が教える
歌ってみたにお勧めするコンデンサーマイク!!

これです・・・



これで録ってくれればいい音で録れてMIXしやすいっていうマイクを皆さんに教えたいと思います!!

というわけで早速行ってみよう!!!

その前に・・・

基本的にマイクには2種類のマイクがあります。
ダイナミックマイクコンデンサーマイクです。(今回は後者のほうの紹介です)

ダイナミックマイクとはよくカラオケとかライブとかで使うやつですね!
そしてコンデンサーマイクというのはよくプロが録音するときに使用するマイクです。
僕も生放送なんかで使ってます!
どんな違いがあるかざっと説明すると・・・

ダイナミックマイクの特徴
:近くの音を拾う、振動や湿気に強い(簡単に言うとある程度雑に扱っても壊れない)、音が籠るetc...
コンデンサーマイクの特徴:広い範囲の音を拾う、湿気や振動に弱い、高音の抜けがいい、繊細な音が取れるetc...
という風な感じです。
完全に似て非なるものですね!!!

その中でもMIXするときに「これで録ってくれるとありがたい・・・」というのをおすすめどが高い順番で言っていきます!!


AT2050(AudioTechnica製) <おすすめ度:★★★★★> 価格:約21000円
やはりこれでしょうね!やすくてかなり万能に使えるマイクです!(僕も持ってます)
このマイクは音程がフラットに取れるので人によっては物足りないかもしれませんが・・・
個人的にはMIXはかなりしやすいマイクです!
このマイクの上位機種でAT4040やAT4050などがありますが、約1万円以上高いしそんなに劇的に音質も変わらないので宅録程度ならこれでも十分すぎる戦闘力を持っています!!

AT2035 or AT2020(〃) <おすすめ度:★★★★★> 価格:約10000~16000円
AT2050の下位モデルですね!音質や音感などはAT2050とほぼ一緒です。違うと言ったら作りとスイッチですね。(詳しく知りたい方はここにあります:http://xn--8mro61ayx1a.com/archives/3891.html)

TM-80(TASCAM製) <おすすめ度:★★★★☆> 価格:約8000円
なんたる価格破壊!!!!!
これはかなりコスパが高い商品になっています!!
最初の一本にはかなりおすすめです!!!このマイクでコンデンサーの世界を徐々に知っていくのがいいと思います!!あとなぜ-1にしたかというとやはり8000円なので20000円台のマイクたちにはどうしても勝てない部分が出てくるのでこうしました。

U-87 Ai(NEUMANN製) <おすすめ度:★★★★☆> 価格:約400000円
0の数は間違っていません
もう一度言います

0の数は間違っていません

「おいおいおい・・・急に値上がりしすぎだろ・・・」って思った方もいると思います。でも胸を張っておすすめできる訳があります!!
なぜなら・・・

このマイクはプロの中で最もポピュラーなマイクなのです
もうほとんどの録音スタジオなんかがこのマイク持ってます。それぐらいポピュラーです。
私もお金があれば一本欲しいものです・・・

C214(AKG製) <おすすめ度:★★★☆☆> 価格:約32000円
知る人ぞ知るAKGです!このマイクはAT系とは違い少し高音が強く録れます。かといってNT1-Aのような刺さる感じではなく心地の良い感じです。AT系の音じゃなんかしっくりこなかったときに試してみるといいと思います!!




いかがでしたでしょうか?
歌ってみたを始める方やこれから宅録をしようと思っている方に少しでも参考になると幸いです。
ちなみに私が使ってる機材は

マイク:放送用(B-2 pro)録音用(AT2050)
オーディオインタフェース:UR44
DAW:cubase5

をつかっています今のところ不満はありませんので僕の機材を皆さんの参考程度に・・・
それでは。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事