ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

和祈澄佳のひとりごと

フリクリオルタナティブ感想

2018/09/08 20:04 投稿

  • タグ:
  • フリクリ
  • オルタナティブ
  • 感想
  • 旧フリクリ
  • 映画
  • アニメ


先日公開されたフリクリオルタナは
よくある青春映画です。
旧フリクリの大事な部分、個性が欠けてしまってます。
プログレで補完するのでしょうか?


ーーーーーー
ここでは私の
こうあってほしかった
がひたすら羅列されています。
そして書き足りないから後でまた書き足します。
ーーーーーー


私の思う旧フリクリの大事な部分で、
表現されてなかったのは以下です。
・ナオ太の暴力(罪悪感)
・ハル子
・カンチ
・マミミ
・バトルあとの喪失、変化
・何度も見直したくなる情報量、演出

別のキャラクターだったりが出てきて、
別エピソードで表現してほしかったのですが、
予想通り、やってくれませんでした。


◆ハル子について
ヒジリのエピソードの最後では、
ヘイトの貯まった大学生をハル子が殴りましたが、
ハル子らしくないと感じました。制裁ポジではないはず。

ハル子が別人になっている表現については、語る量もそうです。
サイコで美人なハル子が多くを語ってしまったら、
途端にただのおっさんになってしまいました。

あれはハル子の言葉ではなく、
話考えてる人の、おっさんの言葉、
それがもろに出すぎです。

そうやってハル子を殺してしまっては
やはりオルタナはフリクリではない気がします。

ラストではハル子が巻き込まれ感全開でした。
プログレに続くための演出だったのでしょうが、
それにしてもハル子らしくない、なさすぎる。
1回ぐらいあり?う~ん。。。

◆まじでまじで
絶対流行らねぇ。
そういうのいれるならもっとちゃんと狙って欲しかったです。
もしくは、時代設定が90年代なんでしょうか?
90年代設定だから、言葉の流行を表現したのでしょうか?
現代では、流行の発信源がTV一強でないため、
よほど当たらないと言葉が流行ることはありません。
正直、制作側の感覚が古くなっていると感じました。

◆男子高校生らのヒジリー信仰について
中坊でやってても許されるかどうか、怪しいです。
今の高校生でやる人いないと思います。
「ヒジリーは美人で人気がある」体で話が進みましたが、
それを表す表現が少なかったように思えます。
大学生がファッションで付き合っていたのと、
カナグループとクラスの男子ぐらいしか沸いてないように見えましたが、
それだとおそらく信仰の域に達することはないはず。
要するに還せコールはやりすぎです。

◆ロボットバトルとカンチについて少し
ロボットとたたかって爆発してるとこしかやれてない。
アクションも爆発も、いくらでも映像化された作品があり
その映像の迫力で言ったら
旧フリクリは昨今のアクション作品に及ばないものになります。

オルタナのアクションはというと、旧フリクリより劣ってます。

単純に殺陣や枚数もそうですが、
致命的に、カンチのようなヒーローが出てこないため、
爽快感がまるでなくなってます。

◆シリアスについて
青春ものかつ女子高生4人がメインの時点で、
身動き取りづらいのはわかりますが、
人間の怖いところをもっと表現してほしかったです。
(トモミのお母さん程度では弱すぎです、しかも雑)

◆モッさんの服
ハル子がモッさんの服着て歩いて
会場が盛り上がってましたあのパリコレな服。

好み云々じゃないんです。
あれは変なんです。ダサいんです。

ファッション業界であれがアリなのは
ファッション業界の暗黒面が大きく影響しています。
迷走しまくった自称芸術家どもが生活のために
駄作を芸術と騙ってそれをみんなで持ち上げた結果
ダサいのに「いいもの」になるんです。
お願いだからフィルター外して。

◆メディカルメカニカの設定ついて
作中で語らせてましたが、
正直語る必要はなかったと考えます。
旧作で語られてることを置いても、
新しく見る人にとって、「なんで?」があったままの方が
ミステリアスで楽しめると思います。

間を繋ぐために(他に何も思いつかなかったから)
語ってしまったのかと邪推してしまいます。

◆メインのカナ
カナが友情推しで行くなら、
女子高生4人がくっついている根拠が欲しかったです。
ちいさなトラブルでたまたま一緒になってそこからでもなんでも。
あの4人ではまず自然には群れません。
話考えてる人がとりあえずくっつけた感じ。違和感すごい。

また、
ただなんとなく一緒にいるだけでは友情なんて芽生えないのが現実で、
それが芽生えるだけのエピソードを作中でしっかり表現できていれば、
共感できたかもしれません。
なぜそうまで友情推しなのか、わからなかったです。
最後はただただカナが叫んでいるだけで、置いてかれてしまいました。



フリクリがなんで海外で人気だったか、研究が足りてません。
確かにナオ太の暴力もハル子のサイコもマミミも
あの時代だから斬新でした、ウケました。
今更それらを踏襲したところでよくないのはわかりますが、
超える気があったのか疑問に思います。

予算の都合上仕方がなかったと、
食ってくためだからと、
そんな環境が悪かったと、
私はそう思うようにしてます。

私には一人であのレベル作れないですし。
(作れるようになりたいけど)


◆最後に、ラストの謎演出について
オルタナでわからなかった演出があります。
私にとっては非常に難解でした。

ラストにカナがなんやかんやえぬおーなんたらまじっくきらきらぱわーで
地球から火星へ帳尻合わせ等
もろもろべらべら解決してくれたのはわかるのですが、
革靴が綺麗になってたことだけは示唆するものが見えませんでした。

心がキレイになりましたわだかまりとれましたあーすっきり的演出でしょうか?

でもカナはもともと、思ったらすぐ行動できる元気なキャラクターで
ハル子が咎めるような遠慮は全然見えませんでしたし、
とれたね!みたいな演出をここで持ってくるのはズレを感じます。
(そもそもカナは溢れるタイプ、頭から何か出すタイプに見えないんです)

私は汚い靴履いてる人の方が人生生きてるって感じで好きですので、
むしろ綺麗な靴から少し汚れるくらいがいいのではと思いましたが、
革靴キレイにしちゃってこれ何を意図した表現なのか教えてわかるひとー!
(それっぽい思い付き・考察でも可)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事