こわさんのブロマガ

言葉にできない

2016/07/26 09:38 投稿

  • タグ:
  • 相模原
  • 津久井
  • やまゆり
  • 障害者
  • 施設
  • 事件
今朝起きてとんでもないニュースが入ってきた。

相模原市の津久井やまゆり園で30人近くが元職員の男に襲われ、午前9時現在で19人が亡くなってしまう事件が起きた。

私がお祭り配信の際通過した警察署にはたくさんのマスコミがいて、お祭りとは正反対な殺伐とした雰囲気になってしまっている。

やまゆり園は知的障害者の方が生活する施設で、古くからあり160人が入居できる。
周囲は静かで、生活しやすい場所にある。
そこでこんな凄惨な事件が起きた。

犯人は解雇された恨みの犯行といわれているが、真相はわからない。

しかし施設の手薄な時間帯に犯行が行われているところをみると、それなりに知識はあったのだと推察できる。

施設や病院は夜間は人員は必然的に少なくなる、やまゆり園も20人に対し1人が介護をする当直する体制だったようだ。
昼間は入浴介助があったりするので、職員の数は多い。しかし夜間に同じくらいの人数を配置したら、施設の人件費が高くなり経営が成り立たなくなる。それに当直は拘束時間も長いため、できない職員もいる。

容疑者はその盲点を狙って犯行を行っていて、計画性をうかがわせる。
考えただけで寒気がする。
いくら施設に解雇された恨みがあったにしても、これほどの事件を起こそうという気には普通はならない。もし私なら恨む暇があれば次の仕事を探すと思う。

障害者という弱者を狙った事件というと、小学校を狙った池田小学校の事件に近いものがある。
弱き人間がさらに弱き人間を狙うなどあってはならない。

この裁判が横浜地裁相模原支部で行われたときは、機会があれば1度傍聴して容疑者が何を思い何を考えて行動したか、容疑者の口から聞いてみたいと思う。
もし傍聴できたら、「小童談義」とこの場でお話しする。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事