にわかがお伝えします。

日本のお弁当や給食はこだわりすぎてるのか?

2019/02/11 22:18 投稿

コメント:14

  • タグ:
  • 日記
  • 弁当
幼稚園の時に給食のようなもので出てくる牛乳が体に合わなくて
飲むと吐いてしまい「ゲロ」というあだ名を付けられていましたがわたしは元気です。
家での牛乳は平気だし小学生になってからの給食の牛乳も平気だったから
幼稚園の牛乳がなんかダメだったんだよなぁ。







日本のお弁当事情
小学校になると給食として色々なおかずとご飯かパンなどが普通に出てくるのが
おとなになってからすごい事だよなーと気付かされる。

日本のお弁当は食べてお腹が膨れるだけではなく味や彩り、栄養だけではなく
見た目までこだわって作ってしまうのが当たり前になっている。
自分はそこまで見た目に拘る必要は無いと思っていたので茶色くても構わないが
女子のお弁当とかになると、かなり見た目にはこだわっているものになっていた。

世界のお弁当
日本のお弁当を知っていると、世界のお弁当はシンプルで栄養とかも関係ないように思える。
というか弁当というシステムがない国が多いそうです。
サンドウィッチだけやパスタを茹でただけのもの、スナック菓子や野菜やフルーツのみ
だったりとシンプルな感じになっているようです。
また、食堂だったり売店だったりがあるので、そこで購入するというほうが多く
自宅で手作りをするというのは珍しいかもしれない。

冷凍食品のクオリティが高い
朝の忙しい時間でクオリティの高いお弁当をつくるために欠かせないのが冷凍食品だ。
冷凍食品は年々進化しており、バリエーションが増えているので驚く。
参入している企業も多く、ニッスイとか味の素、ニチレイなど昔からある企業だけ
ではなくあまり聞かない企業なども参入している。

また冷凍としての質もあがっている。
特にフライ系の冷凍食品の場合、レンジで一度温めるという工程を行わなければ
ならないという冷凍食品の基本を覆し、そのまま弁当にいれるだけで
自然解凍するというものが増えている。
ほかにも野菜系の惣菜などもこのタイプが増えてきている。


手作りのお弁当をしばらく食べてないと、冷凍食品の唐揚げや焼き肉とかの
味が懐かしくなってしまい、たまに弁当には入れずにそのままおかずとして食べてしまう。
個人的に好きなのが味の素さんから発売されている「レモンとバジルのチキン香り揚げ」
「エビ寄せフライ」が好きでよくたべています。
日本の弁当のこだわりは作ってくれてる人と冷凍食品を作ってる企業に支えられている!


【ママスタ】
https://select.mamastar.jp/270746

コメント

eg
No.12 (2019/02/13 23:11)
テーブルマークってまだマイナー企業?
もちやま
No.13 (2019/02/13 23:12)
栄養士も凄いよ 毎日栄養計算しながら予算内で違う献立作って朝から給食室で何百人の美味い食事作るんだから
それでいてそんなに稼げる仕事じゃないし 今更ながら感謝だわ
なぎ
No.14 (2019/02/13 23:31)
昔の給食、とりあえずカルシウムは牛乳で補えるから後は…って脳死でした
もう少し前になると脱脂粉乳で更に難易度高かったらしい
今もあるのかな?脱脂粉乳
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事