コトマの心理学日記、時々趣味

生きがいと仕事について

2015/10/23 00:36 投稿

  • タグ:
  • 生きがい
  • 価値
  • 労働
  • 働く
  • 進路
  • 仕事
  • 楽しさ
  • 勤労
  • 悩み
  • 人生相談
 当ブロマガをご覧頂き、ありがとうございます。

 いきなり大層なタイトルをブチ上げてますが、全く大したことではありません。最近、大学院の友人が次々に進路を決めていき、やや遅れを取っているコトマです。

 私自身も常勤や正社員扱いの対人援助職を目指して就活をしており、近いうちに決まると思いますが(希望的観測)、ふと考えてみると、いろいろモヤモヤした考えが浮かんできます。

・仕事で大変なことがあった時、乗り切れるのか?
・中途でリタイアすることがあっても、また働けるようになるのか?
・果たしてその職は天職なのか?
・その職を一生続けていくのだろうか?
・職を変えたとしても、別の職が果たして自分にあっているのか?
・そもそも自分の仕事に意味はあるのか?
・仕事に生きがいや楽しさを求めてはいけないのか?
・結婚したり子どもが生まれたりしてライフスタイルが変わった際、それと両立していけるのか? 
・そもそも結婚とかできるの?
・老いて職を退いた後、その後どうして生きていくのか?

・・・とまあ、本当に今年で野獣と同い年になるとは思えないほど、これからの人生(主に仕事)についてナイーブであります。

 そんなことを考えてると、ますますモヤモヤした考えが浮かんできてしまい、なかなか今のことに集中できなくなります。

 院の先生方からは、意訳ですが
「変えようのない過去や、つかみどころのない未来についてクヨクヨ悩むより、今やれることに集中しなさい。今やりがいをもってやれることに打ち込むことが幸せなんじゃないの?そもそも、そういうやりがいや価値っていうのは人生の中で柔軟に変わっていくもんだよ」

「健常者であれ、障害者であれ、みんな周囲の人や物事に頼りながら生きてるんだ。君が何をしたいかは君自身で決めなきゃいけないけど、全てのことを一人で乗り切る必要はどこにもないぞ」

といった叱咤激励を頂いています。

 このブロマガを読んでくださっている方に、今の仕事に価値ややりがい、未来への展望を見出している方はいらっしゃりますでしょうか。そもそも「仕事に価値を求めること自体が間違い」なんでしょうか。

 仕事の中で生きがいや価値、楽しさを見出している方、仕事以外で生きがいや楽しさ、価値を見出している方がいらっしゃりましたら、どうかコメントを下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事