コトマの心理学日記、時々趣味

ブロマガ開設のあいさつ コトマ自己紹介(専門と趣味)

2015/09/09 23:26 投稿

  • タグ:
  • 心理学
  • 応用行動分析
  • MTG
  • Magic:TheGathering
  • マジックザギャザリング
  • 行動分析
  • オペラント条件付け
  • 教育・教養
  • カードゲーム
  • 趣味
当ブロマガをご覧になって頂き、ありがとうございます。

皆様はじめまして。
 某心理系の大学院の修士課程で勉強していますコトマと申します。
 今回の投稿では開設のごあいさつとして私の専門と趣味についてお話します。
<心理学の専門>
 私の専門は心理学の一領域である「応用行動分析」という領域です。恐らく、心理学に興味のある方でもなかなかピンとこない名称ではないかと思います

 恐らく、それの理論的背景である「オペラント条件付け」「レスポンデント条件付け」といった用語の方が知られていると思います。「パブロフの犬」なんかは高校の生物の授業なんかで、一度くらいはお聞きになったことはあるのでは、と思います。

 「レスポンデント条件付け」は、鐘の音が鳴るだけでヨダレをたらすようになった犬、梅干を見るだけでつばきがわく、なんて例えでよく紹介されています。

https://www.youtube.com/watch?v=hhqumfpxuzI
「パブロフの犬」の実験

 条件付けは、元々ハトやワンちゃんとかの動物実験や訓練なんかで使われていたという歴史がありましたが、ある時、「条件付けはもしかしたら人間でもできるんじゃ・・・」という流れがアメリカで生まれ、やがて人間に(オペラント)条件付けを「応用」してみようという学問が生まれました。これが、私の専門である「応用行動分析」の始まりと言われています。

 元々、臨床心理士持ちの学校教師になる気満々で大学の心理学専攻に入った私がこの考え方に出会った時、「人間とハトを一緒にするんじゃない!そもそも心の深層とかを全く考えない応用行動分析はそもそも心理学なのか?」となどと憤ってました。

 ・・・が心理学を勉強するにつれ、臨床心理士の「深い心の理解」をどうやって他者と共有すればいいのか、全てのこころの問題はカウンセリングルームで解決できるのか、という問題にぶちあたりました。

 散々悩んだ挙句「深い心の理解や解釈には際限がなく、他者との共有があまりに難しい」ということで、「条件付け」で基礎から応用まで説明でき、教室や職場、病院、その他発達障害児の療育など様々な場所で応用できる「応用行動分析」に専門を切り替えました。大学卒業後、そのまま大学院に入り現在に至るという感じです。

(応用行動分析がどんなのかというのは、また次回話します)

<私の趣味:MTG>
 私は、大学の3年生の時にMTGもといマジックザギャザリングというトレーディングカードゲームに出会いました。とりあえず、私がうだうだ説明するより、下の公式URLをご覧になって頂いた方が早いかと思います。

 簡単に言うと、世界で最も古いトレーディングカードゲームで、世界に数え切れないほどのプレイヤーがいる人気カードゲームです。ニコ動でも数多くのプレイ動画があり、アイドルや女子高生やホモなど幅広い層から愛されているゲームです。

なんでホモが湧いてるんですかね・・・(困惑)

 一つのデッキは安いもので数千円、高いものだと高級外車が買えるくらい高いらしいです。
2年おきくらいにローテーションが行なわれ、大会で使えるカードがどんどん変化していくというシステムを取っており、環境への適応とメタ読みが重要視される非常に奥深いゲームです。

 私はラヴニカへの回帰ーテーロスというブロックに参入しました。
初めて買ったテーロスのパックから、テーロスのトップレアの一つである「嵐の息吹のドラゴン」が出るという漫画みたいな展開が起きました。

 そこからマナクリーチャーを並べ、一気にマナを増幅させて、巨大なクリーチャーを召喚して殴り倒す「ミッドレンジ型」のデッキを組むことにしました。

 ここから、私のMTG歴が始まりました。
(なお灰色商人)

今後は、かつて使ったデッキや今のデッキ、構想中のデッキなんかを紹介していきたいと思います。

http://mtg-jp.com/

↑MTG、しよう!(直球)



 まだブロマガ作りが下手なので、参考になるHPやブロマガをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。アドバイスも歓迎致します。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事