ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

Fhnニュース

キャプテン翼Ⅱ スーパーストライカー プレイ前準備【サンパウロ編】

2013/06/05 21:00 投稿

  • タグ:
  • キャプテン翼
  • ゲーム
大空翼が所属しているサンパウロFCでのプレイ前準備

【チームメンバー】
11 プラトン:ドリブルが若干高い、何気にスルーも
10:升
9 ジウ:シュートが若干高い・ダイレクトシュートは高低問わず 決定力は高くない
8 バビントンドリブルとパスに優れ、シュートも及第点だが過信は禁物
7 タハマタ:バチスタと混同しやすいがこちらはドリブルが若干高い
6 バチスタ:タハマタと(ry 特徴がない
5 ドトール:頼れるDFその1 タックルが優秀 低い浮き球が得意
4 アマラウ:頼れるDFその2 タックルが優秀、何気にパスカットも 高い浮き球が得意
3 マリーニ:数合わせDFその1 何気に競り合いがリマより高い
2 リマ:数合わせDFその2 石崎族である以外に特徴が無い
1 レナート:サンパウロ版森崎 パンチとキャッチ同じ値だがキャッチを使うと痛い目に合う

※後のキャプテン翼Ⅲでは更に能力に個性が出ます

【ディフェンスタイプ】
プレス
:とにかくボールに突っ込む・対ドリブル用 ただし相手もプレスだとカオスに
カウンター:ペナルティーエリア付近で守る・積極的に相手に向かわない・対パス
必殺技が多いキャプテン翼ではあまり意味が無い・・・(対雑魚チーム向け)
ノーマル:DFはペナルティーエリア付近で守り、他は状況に応じた行動をとる
よくわからなければこれが無難

【フォーメーション】
4-3-3(タハマタとプラトン・バチスタとバビントンの配置は臨機応変に)

7と11がサイドをドリブルしてセンタリングを9にするのが基本
サンパウロの場合はタハマタとプラトンを配置すると良い
カウンターも4・5が対処するので問題無いが中盤で6のバチスタが穴になるのが欠点
ポジションは相手チームを見てバビントンと変更しよう
6と8はサポート、10は指揮 臨機応変に行動しよう
自他ディフェンスタイプはどれでも問題無し

4-4-2 (全日本専用か?)

カウンター(逆襲速攻)の際にFW2人が活躍するフォーメーション
またセンタリング後、スルーからのシュートに得点チャンス大
中央にMFが2人下がり気味なことにより相手の攻撃に備えられるのも良い
攻撃時は6・7がウイングとなりサイドからの攻撃の起点になるが
中央に2人MFが居るのがデメリット過ぎる(ただし翼と岬のような連続ワン・ツーが使えるなら便利)
使用するとすればスルーの出来るプラトンを活用すべきか?
対ディフェンスタイプはプレスに弱い
自ディフェンスタイプは比較的カウンターの相性が良い


あえてLV上げ(リオカップ後半)のためにFWをドトールとアマラウにするのも手
その際5はかならずマリーニにすること、後はお好みで


3-5-2(中盤が安定しやすい)

カウンターとセンタリング後、スルーからのシュートは4-4-2と変わらず
中盤が厚いので対パスに有効、またボランチの5・8が攻守にかなり役立つ
ただしDFが3人しか居ないためカウンター含む速攻に弱い(速攻はポジションチェンジで初期対応可能)
なので攻撃時コーナーキックの際は横着をしないでポジションの確認をしよう
対デフェンスタイプではノーマルと相性が良い
自ディフェンスタイプの影響を最も受けやすいフォーメーションでもある
プレスにすると致命的にパスに弱くなる、カウンターはDF3人なので期待しにくい


5・8のボランチもじっくり攻めるとペナルティーエリア内に来てくれるため
無理しないでアマラウとドトールのLV上げをするなら3-5-2がお勧め
カウンターされた時の難易度は上がるが速攻されそうな時は便利(雑魚からボールを奪い返せる)


ブラジルタイプ(変形4-3-3・サンパウロと最も相性が良い)

FWの11をMFのポジションに移動
10を上がり気味にすることにより右サイドからのスルーを含めた厚い攻撃を常に行える
中盤からの攻撃の起点が6・10どちらにも出来るのも良い
また左サイドが空くため2・11のドリブルや飛び出しに期待出来る
翼を10で使うとキーパーとの1対1でヒールリフトを使っての得点がしやすい
守備面ではゾーンディフェンスのためドリブルには強い
※オフサイドが無いためパスに弱い
ディフェンスタイプで対プレスの相性が良いが自プレスとの相性も悪い・・・







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事