ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

阪神 甲子園のブロマガ

【まもなく試合開始!】オンラインリーチ麻雀の世界大会IORMC2018_出場国および選手データ紹介

2018/11/03 19:14 投稿

  • タグ:
  • eスポーツ
  • e-Sports
  • ゲーム
  • 麻雀
  • オンライン麻雀
  • 科学



 オンラインリーチ麻雀の世界大会「International Online Riichi Mahjong Championship 2018(IORMC2018 韓国麻雀連盟主催)」が11月3日20時(JST)に開幕します。
本記事ではIORMC2018に出場するチームおよび選手データを紹介します。

 今年のIORMCは、昨年出場の14チームに初出場国5カ国と2年ぶりに出場を果たした2カ国を加え、過去最多となる21の国と地域で世界一決める戦いが繰り広げられます。
11月3日20時(JST)からは「団体戦」が、同17日20時(JST)からは個人戦が天鳳で行われ、対局の模様は各国のIP放送や天鳳にて(要・天鳳アカウント)観戦が出来ます。

IORMC2018の概要    →天鳳公式Web
IORMC2018の組み合わせ →韓国麻雀連盟公式Web

IORMC2018の観戦は   →コチラ(要:天鳳アカウント)


■団体戦ルールと日本代表選手



 日本からは2018年9月30日に行われた日本代表決定戦を勝ち抜いた以下の4名が代表選手として決定しており、11月3日の団体戦では各選手が4試合を戦い計16戦の合計スコアで優勝国を決定します。

 SINO(日本代表決定戦1位)
 アリス・リデル(日本代表決定戦3位)
 レイジ4(日本代表決定戦4位)Twitter
 @たにもん(日本代表決定戦5位)Twitter
※選手は10/15時点のもの。当日まで控え選手との入れ替えの可能性あり。

 昨年は16カ国中4位ながらも初のアジア1位を記録した日本代表。今年は悲願の世界一の座をつかめるでしょうか。

■各国選手一覧








































※選手は10/15時点のもの。当日まで控え選手との入れ替えの可能性があります。
※レートや段位は天鳳公式ランキングで、2018年11月3日時点で確認できたものになります。
※2017WRC…第2回リーチ麻雀世界選手権。2017年10月にラスベガスで行われたリーチ麻雀の世界大会。日本人プロ雀士も80名が参加。次回(第3回リーチ麻雀世界選手権)は2020年にオーストリアのウィーンでの開催が決まっている。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事