ころねのブロマガ

あくまで、これは~の物語 感想(ネタばれあり)

2018/05/03 23:01 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • エロゲ
あくまで、これは~の物語の感想

前作のシンソウノイズが面白かったので購入。
フローチャート形式で細かく話が分かれていていろいろ分かりにくかった。
Trueルートが全てだと思うんだけど個人的には城一は、かなと結婚している設定の方が良かった。
いきなり絵実が出てきて‘‘ほんとのお母さんです‘‘はちょっとないかなー
ただ僕がかなを好きなだけだけど。
あとよくわからなかった点
まず途中のひなみ?と犯人が仲良くしているシーンがあったと思うけどどこの伏線か分からなかった。
あと城一の時代ひなみは結局誰?
飛ばし読みしたからかもしれないけど結局分からなかった。
最後に城一の親友で自殺した云々かんぬんの話は結局誰だったのか?
ノックスの十戒的に‘アイツ‘が犯人だと思ってたけど・・・

全体的な評価として
絵は80点
シナリオ70点
シナリオゲーなら、もうちょっと泣かせてくれる話が欲しかった
キャラゲーにしては話暗いしね

バタフライシーカー     80点
借りぐらし恋愛       82点
あくまで、これは~の物語  75点
3つ終わったー
あとはリドルジョーカーが残ってるのでこれも少しづつやります。
navelの新作も出るしね



コメント

ゲスト
No.1 (2019/01/05 11:31)
初めまして。コメント失礼します。たったいま自分もプレイし終わったんですが、あまりにも共感出来る部分が多かったので(笑)
城一時代のひなみ、ひなみが犯人と仲良くしていたシーン(ここが一番盛り上がりました)、自殺した親友…なんか色々と霧がかかったまま終わったのでスッキリしませんでした。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事